このすば 1巻ネタバレ感想 めぐみん・ダクネス初登場回

この素晴らしい世界に祝福を!、略して「このすば!」。

元はなろう系の作品で、そこから単行本化やら漫画化やらアニメ化されるにつれ人気が増し、今やラノベだけの累計で400万部を超えたというモンスター級な作品。

作者は暁なつめさん。

残念ながらウェブ作品はすでに削除されており閲覧することができないため、新作は単行本を購入しないと読めない状況、にしてもこの人気は凄いなと純粋に感動するレベル。

でだ、

これほど人気になった1つのキッカケはやはりアニメ。アニメ観たけどラノベまだという人は多い。しか~し、アニメは原作のつまみ食いにすぎない!

このすばを味わいつくすにはやはり原作読んでナンボ、そこで今さらながら1巻からこのすばを紹介していきたいっ!

スポンサーリンク

異世界物語

物語は主人公・佐藤和真(カズマ)が16歳という若で死んでまうところからはじまる。彼が目覚めた時、目の前にいたのは、まだ本性をかろうじて隠していた美少女天使アクア。

女神
佐藤和馬さん、ようこそ死後の世界へ。私は若くして死んだ人間を導く女神よ

引きこもりでニートのヒキニートカズマは動揺しつつも、アクアの説明で自分が死んだことを受け止める。しかし、そんなカズマにアクアは

女神
生き返らしてあげる、ただし!魔王が棲む異世界だけどね!

異世界!?

現世ではヒキニートだったカズマ、ゲーム三昧な自堕落な生活を送っていた彼にとって、ファンタジーな異世界での魔王を倒す勇者として生き返れる!

アクア曰く、異世界に行ける特典としてチート武器をもれなくくれるという。そこでカズマが選んだのが

佐藤和真
じゃぁ、、、あんた(女神)

嫌がるアクアをよそに願いは実行され、こうしてカズマはアクアと共に異世界で魔王軍と闘うことになるのであった。

カズマの実力

異世界へやって来たカズマとアクア、魔王軍から人々を救うなんてドラ○エ的なストーリーと思いきや、異世界を舞台にしたへっぽこパーティによるギャグエロストーリーであったとは。

どあたまから主人公のカズマからして勇者の才能がないことが判明するw

異世界にやって来た主人公、凄まじい潜在能力が明らかになり村人たちが騒ぎ出す異世界あるあるを期待していたカズマ、しかし逆の意味でざわついてしまう。

職業を選ぶべくギルドがある酒場へとやって来た二人、そこで受付のお姉さんが説明する。

佐藤和真さん、ですね。ええと・・・・、普通ですね。幸運だけは高いので冒険者稼業はやめて商売人をおすすめしますが・・・

しょっぱなから散々な言われようである。それを横で聞いていたアクアは

アクア
プークスクスwww

どこかに埋めようと心に誓うカズマであった。

アクアの実力

カズマの平凡能力に笑っていたアクアだが、女神の実力はじっさいどうなのか。

カズマに無理やり連れてこられて異世界にくるやいなや、ダダをこねて泣きまくるダメガミの部分しか出していない彼女の実力、

はっ!? はああああ!?
何です、この数値、ステータスが大幅に平均以上に越えてますよ!?特に魔力が尋常(じんじょう)じゃないんですが、あなた何者なんですかっ!!?

さすがアクア様、だてに女神を名乗ってはいない、しかし、受付のお姉さんはこうも説明していた。

知力が平均より引くのと、幸運が最低レベルですが・・・

偉大な女神さまであるが、同時に残念な子でもあることが数値からも明らかとなってしまう。ともあれアクアはアークプリーストを選択し、魔王討伐へと向かう・・・のかは分からないw

ロリっ子めぐみん登場

職業につき、とりあえず勇者としのスタートラインはなんとか辿りつけた。だが、平凡な才能のジャージ姿の冒険者とイタいアークプリーストではザコモンスターにも歯が立つわけもなく、カズマは仲間を募集することになる。

そこに現れたのはアークウィザードのめぐみん!

我が名はめぐみん!アークウィザードを生業とし、最強の攻撃魔法、爆裂魔法を操る者!!

二人目のイタい子登場。

見た目は12~13歳くらいにしか見えない細身の少女、片目を眼球で隠している。実は彼女は紅魔族(こうまぞく)、生まれつき高い知力と強い魔力を持ち合わせた魔法使いのエキスパート一族。

めぐみんもまたそのエリートの血を受け継ぎ魔法使いとなり、幼くして爆裂魔法を覚えた、、、まではよかったのだが、爆裂魔法のみを愛するがゆえにほかの魔法が一切使えない。

紅魔族と言えどもまだまだ幼いめぐみん、爆発魔法は膨大な魔力を必要とするため一日一回が限度、威力絶大だが使用場面は限られ、ダンジョンなどの狭い場所では使えない、つまりめぐみんは残念な最上級魔法使いなのであった。

ちなみに眼帯は膨大な魔法を蓄積してわけでもなんだもなく、ただの飾りである・・・

カズマ
ロリっ子
めぐみん
ち、ちがわい!
スポンサーリンク

ドM剣士ダクネス

パーティーに魔法使い1人加わっても、ザコモンスターとの戦闘は一向にラクにならない。なぜってメンバーがへっぽこぽこだからである。

だが、ついにまともと思えるメンバーが仲間に入れてほしいとやってくる。彼女の名はダクネス。

魔王を倒すためならどんなエロい目に遭わされてもしかたのないこと、女騎士にとって避けられない仕事と相場は決まっているからな!

前言撤回…

金髪の髪にスタイル抜群なクルセイダーのダクネス。自ら前衛に出て、敵の攻撃を一手に感じ、いや、引き受ける鉄壁の盾。

物理耐性と魔法耐性、さらには各種状態異常耐性を習得し肉壁としてスキル習得していったダクネス。さらには囮(おとり)になる「デコイ」というスキルも習得済み。

耐久性は申し分ないのだが、いかんせん攻撃が全く当たらないというクルセイダーとして致命的な欠陥があった。もしや、こいつも痛い子、いや、中身まで痛い子であった。

カズマ
タダのドMだろ、お前!
ダクネス
な、な、何を言うカズマ!?はうっ!!!

魔王幹部デュラハンとの死闘www

とまぁ、こんな感じでパーティーが揃ったわけだが、周りからみれば上級騎士に上級魔法使い、上級僧侶ではあるが、ロリとドMとアホと凡人が集まったポンコツパーティー。

これで本当に魔王を倒すことができるのだろうか心配極まりないが、1巻にして魔王幹部を名乗るデュラハンと相まみえることになるのである。

そのきっかけがショーもない理由なのだが、、、いずれにせよデュラハンと闘うハメに。

稲光とともに殺到と現れたデュラハン!しかし彼の様子が少し変です。

まままま、毎日毎日毎日毎日っっ!!、おお、俺の城に、毎日欠かさず爆裂魔法撃ちこんでく頭のおかしい大馬鹿は、誰だあああああー!!

めぐみんですっ!

冒険の街アクセルから少し離れたところにひっそりとたたずむ朽ちた古城。

めぐみんはこの古城目がけて毎日毎日、雨の日も、風の日も、ポカポカ陽気の日も一日も休まず爆裂魔法を撃ち続けていたそうな。

次第に威力も上がり魔法使いとしての力も上がっていったのだが、まさか、あんなボロボロの城に魔王幹部のデュラハンが棲みついていたとは。

異世界に来たばかりのスバルにとってあまりにも無謀な戦い、しかし!デュラハンはアンデット、つまりアークプリーストであるアクアとの相性は抜群!デュラハンはあえなく成仏して天へと浄化されたとな。

めでたしめでたし!

、、、とはいかずデュラハン戦で冒険の街アクセルに甚大な被害が発生、その弁償を請求されてしまう。デュラハン討伐の報奨金でも足りず、異世界にきて早々に借金生活へと突入していくことにw

このすば1巻感想

異世界ギャグラノベとして絶大な人気を誇る「このすば!」ですが、テンポがよくてサクサク読めるのもよかった。

この人気ですから、おそらく(というか切に希望!)アニメ3期も放送されると思うけど、ラノベでも面白さは健在でした!

というわけで2巻あらずじ感想へと

つづく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です