心霊研究家 池田武央はほんもの?にせもの?検証

TBSの『世界の怖い夜』で毎回心霊ロケの除霊・指南役としてもお馴染みの池田武央氏。白のシャツにジャケットを羽織り、ノーネクタイというお決まりのスタイルが特徴的だ。

テレビだけでなく心霊DVDなども出版し、その特異な体質からスピリチュアルカウンセラーという一面もあるが経歴を知っている人は実際少ないように思う。

どのような経緯で霊が視えるようになり現在の仕事をするようになったのか、ここではソース元が不明なネットからではなく以前に出版した著書から彼の生い立ちと経歴を検証していく。

※ちなみにもともと池田辰雄として活動していたが、2007年に池田武央に名前を変更している。

心霊研究家になった経緯

池田氏の経歴を調べていくと、どうも元々心霊関係の仕事を生業に活動していたわけではないらしい。

以前に出版した著者『スピリチュアル・トレーニング』を読むと、30代まで普通にサラリーマン生活を送っていたことが判明。

子どもの頃から何度か臨死体験を経験していた池田氏ですが、はっきりと幽体を感じたのが37歳になってからの出来事だったという。

37歳のとき、私は初めてはっきりと幽体と接しました。そのころ私が働いていた会社の営業所で、夜11時ごろになると2階の女子トイレでコツコツとヒールの音がする、ドアが「ギー、バタン」と開いたり閉じたりする音が聞こえる、そうした現象が頻繁に起こるようになったのです。
出典:スピリテュアル・トレーニング 池田辰雄+小林信也

池田氏はこの怪奇現象を調査すべく深夜の事務所に張りこむことになるのだが、この事件がきっかけで霊感が高まり心霊研究家への道へと進むことになっていく。つまり30代後半以降に脱サラして現在の肩書きを名乗ることになったのだ。

ただそうなると1つ気になる箇所がある。

私は近くの神社に行き、神主に供養の仕方を教えてもらい、会社の四隅に塩を盛り、御神酒(おみき)を捧げました。それ以来、その不可思議な現象を聞く人はいなくなりました。
出典:スピリテュアル・トレーニング 池田辰雄+小林信也

ここから分かるように、このとき池田氏は除霊方法に関してまったく知識がないことになる。

テレビで見るような除霊能力をどのような経緯で身に付けたのか、またそんな簡単に習得できるものなのか、37歳まで普通のサラリーマン生活をしていたことを考えると非常に気になる。

3度の臨死体験

池田氏は元々霊感が強い体質だったようである。とくに祖父の霊に護られ計3回ほど死の瀬戸際から助けられたことを明らかにしている。

はじめての心霊体験は1歳5ヶ月のとき。

あやまって井戸に落ち瀕死の状態になったとき、祖父と思わしき人物に「お前はまだこっちには来てはいけないよ」と言われ一命を取りとめる。

その後も、川で溺れたとき、そして19歳のときに起こしたバイク事故のときにいずれもどこからともなく祖父と思しき声に誘われて助かっている。

池田氏にとってあの世や霊とのコンタクトには祖父の影響が強いことが分かる。

また、こんなエピソードも明かしている。

21歳で金縛りにあったとき、その祖父が黄泉の世界に連れていってくれました。そして、死後の世界はこうなっている、天界と現世のあいだにはこんな世界がある、そのあいだに地獄が3つあるといった「あの世の区分け」を教えてくれました。
出典:スピリテュアル・トレーニング 池田辰雄+小林信也

まるでダンテの「新曲」ではないか!

それにしても祖父の霊の知識はハンパない。体験したのか、それとも菩薩か神様か霊友達にでも聞いたのか、いずれにせよ霊になったからといって現世とあの世の成り立ちをいち霊が知れるものなのだろうか。

生きている私たちでさえ世の中のしくみをほどん知らずに死んでいくんだから。池田氏の祖父はあの世ではどんな存在なのでしょうか。

報告結果

スピリチュアルは神秘的だからこそ人を魅了する。なにが正解でなにが不正解かの境界線なんてだれにも引くこと(証明すること)は難しい。

きな臭いところも正直ありますし、スピリチュアルカウンセリングなるものもしていますが、池田氏に視てもらいたい!というならその方の自由。

ただ、37歳で霊的体験に目覚め、それから脱サラして(おそらく独学で)心霊研究家を名乗っているところを見ると、テレビに出演しているから実力もあるとは言い難いくホンモノとも断定できない。

素人感覚ではあるが、霊感が強いからといってすぐに除霊ができるようになるのだろうか。つまり「自称」の域を感じざるおえない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です