本とサブカルを中心にたわいない日常をブンセキ

アナブレ

リゼロ

リゼロ考察 4章でヴィルヘルムが語った未だ見ぬ敵の存在

リゼロ 長月達平

4章へ突入して魔女教からの新たなる敵!クルシュ、そしてレムの記憶を奪った魔女大罪司教の魔の手が早くもスバルたちを襲うことに!

ラノベ9巻現在で敵の正体が判明しているのは2名。

魔女教大罪司教『強欲』担当のレグルス・コルニアスと同じく大罪司教『暴食』担当のライ・バテンカイトス

Re:ゼロから始める異世界生活9
出典:Re:ゼロから始める異世界生活9 長月達平

ならペテルギウスの次の相手はコイツらだけなのか?

否!

4章で登場してくる敵はこれだけではないのではというのがぼくの予想。なら、その未知なる敵とは一体だれなのか、そこらへんを今回は予想していきます!

ヴァン・ヴィルヘルムの意味深なセリフ

ヒントになったのは、白鯨戦で最愛の妻テレシアの仇をみごと果たしたヴィルヘルムとスバルの会話。

「じゃあ、ヴィルヘルムさんに昔、その傷を付けられた相手が近くに・・・」
「私のこの左肩の傷を与えたのは、先代『剣聖』」
その言葉に、スバルは息を詰めてヴィルヘルムを見た。彼はスバルを見る瞳に、静かに燃え上がる炎を宿しながら、言った。
「テレシア・ヴァン・アストレア。我が妻の剣傷が開いた。私はそれを確かめるために、魔女教を追い続けなければならないのです」
出典:Re:ゼロから始める異世界生活9 長月達平

ここでヴィルヘルムの妻のテレシアについて説明しておくと、テレシアはかつて剣聖として亜人戦争を終決に導いた立役者。剣聖の加護のほかに生まれもっての加護「死神の加護」も宿していた剣術の天才。

死神の加護とは、彼女(テレシア)に負わされた傷は決して癒えることのない絶殺の力、しかも傷を受けた者はテレシアが近くにいるほど加護の力が増すというエゲツナイ能力。

ヴィルヘルムがかつて受けたテレシアからの刀傷が悪化したことから、テレシアが近くにいるのではないかと疑っていたのが9巻までのストーリーでした。

しかし、テレシアはすでにこの世にはいないはずですよね。普通に考えればありえないことなんですが、実はそうとも言い切れない。

というのも、リゼロExで登場していた「不死王の秘蹟(ひせき)」という秘術の可能性が考えられるからなんです。

不死王の秘蹟

リゼロExは本編のアナザーストーリーを描いている作品、今のところクルシュの過去を描いたリゼロEx1とヴィルヘルムの過去を描いたリゼロEx2の2冊が出版されています。

そして、このどちらのストーリーにも不死王の秘蹟という秘術が登場してきていて、この秘術が今後のストーリーに影響してくるのではないかと思うんですよね。

『不死王の秘蹟』と呼ばれる秘法がある。かつて世界を震撼させた『魔女』が生み出し、遺失したとされる超魔法の一つだ。その効果は端的に、『屍を意のままに操る』というものである。使用者が魔女本人であれば、それこそ屍は生前の姿そのままに蘇ったとされるが、それも伝承の域を出ない。
出典:Re:ゼロから始める異世界生活Ex1 獅子王の見た夢 長月達平

この不死王の秘蹟を使うことができれば、テレシアを蘇らせることも可能になるはずです。これなら、ヴィルヘルムの傷口が開いた理由も納得がいきます。

亜人戦争の生き残り

ヴィルヘルムの過去エピソードを描いたリゼロEx2では、さらに不死王の秘蹟について意味深なストーリーが描かれているんです。

それは、亜人戦争で生き残った亜人族側に味方していた魔女スピンクスの存在。彼女もまた不死王の秘蹟を操ることができた1人。

スピンクスは最終的に人間族によって倒させたと思いきや、かろうじて生き残ってしまうんです。ほかにもルグニカ王国の騎士でありながら王国に恨みを持つライプ・バーリエルなんてキャラもいて、伏線がモリモリとあるんです。

バーリエルといえば王選候補者の1人プリシア・バーニエルを思い出しますが、ライプはプリシアの夫(ラノベ4巻でライプは亡くなったとされている)と、いろいろ複雑に絡み合っているわけです。

まぁ、ここで登場キャラを出したところでピンとこないかもしれませんが、4章では魔女教だけでなく、亜人戦争で生き残った奴らがスバルたちの敵として登場してくるのでは!?とも考えられるんですよね。

つまり、まだまだまだ敵が登場してくる!!!!

わけですw

絶望しかないスバルの今後、どう打開していくのか非常に楽しみ!さらにストーリーが加速していきますな。

エミリアと魔女との大胆予想

リゼロEx2で描かれた不死王の秘蹟の存在を知ったことで、魔女教がエミリアになにをしようと企んでいるのか、その魂胆も分かってきます。

ポイントはリゼロEx2でのスピンクスのセリフ。

「所詮、骨片1つでは『不死王の秘蹟』を以てしても屍兵として再現として再現することは叶いません。ですが、そこに血肉の馴染む子孫と、莫大生なを供給できれば話は別です」
出典:Re:ゼロから始める異世界生活Ex2 剣鬼恋歌 長月達平

血肉の馴染む子孫をもってすれば不死王の秘蹟の再現は可能になる。封印されている魔女を復活するための依り代としてエミリアが狙われていたわけですが、ならどうやって魂を肉体に定着されるのか?となると、不死王の秘蹟がカギになるのかなと思ったりします。

銀髪のハーフエルフのエミリアは魔女と瓜二つだと言います。そこにはなんらかの血縁関係がある可能性だって決して否定することはできないはず。

魔女とエミリアとの関係がどこかキナ臭い。

リゼロ 長月達平
リゼロ考察 リューズとスピンクス、エキドナそしてメイザース家の関係

今回のネタは少しマニアックになりますが気になる人はいるはず。それは単行本12巻のこと。 あれ!?リューズってリゼロEx2に登場していた ...

おわりに

リゼロのアナザーストーリー描くリゼロExシリーズは本編としっかりつながっている上に、今後の展開の伏線になっているような箇所もあって、本編を読んできた人なら読んでみる価値は十分にあり。



 

リゼロシリーズ
第六章「プレアデス監視塔編】
大罪司教の被害を救うべくスバルたちはプレアデス監視塔に住む賢者フリューゲルに会いに旅立つ
リゼロ20巻 ネタバレ感想
リゼロ21巻
第五章「水門都市プリステラ編」
水門都市プリステラを訪れたスバルたちに大罪司教の面々が襲う!
リゼロ17巻 ネタバレ感想 リゼロ18巻 ネタバレ感想
リゼロ16巻 リゼロ17巻 リゼロ18巻
リゼロ19巻 ネタバレ感想 リゼロ20巻 ネタバレ感想
リゼロ19巻 リゼロ20巻
第四章「エキドナ・聖域編」
アーラム村の村人・ロズワールら安否のため聖域を目指すスバルたち。そこで出会ったのは魔女エキドナだった
リゼロ10巻 ネタバレ感想 リゼロ 長月達平 リゼロ 長月達平
リゼロ10巻 リゼロ11巻 リゼロ12巻
リゼロ 長月達平 リゼロ14巻 ネタバレ感想 リゼロ15巻 ネタバレ感想
リゼロ13巻 リゼロ14巻 リゼロ15巻
リゼロ最新刊 リゼロ最新22巻発売情報
発売日未定

Copyright© アナブレ , 2019 All Rights Reserved.