少年ジャンプ黄金期を築いたマンガ① 1978年以降

77年の年末最終号でついに発行部数200万部に届いた少年ジャンプ!ここからジャンプ黄金期がはじまっていきます。

キャッツアイ、キン肉マン、リンかけ、コブラ、ストップ!ひばりくんなどなど、時代はたしかに感じますが今読んでも「面白い!」と思える作品がズラリ、さらには今でもシリーズが続いている作品もあります。

気になった作品はガンガン読んでみてください。電子書籍として復刻している作品もあるので、お手頃価格で読めるのもちょっとお得感があってうれしい。

スポンサーリンク

1978~1980年

リングにかけろ

リングにかけろ 車田正美
世界チャンピオンも夢ではないと言われた偉大なボクサーを父に持つ高嶺竜児と姉の菊は、暴力を振るう再婚相手から母を救うため、おもしろくない日々を変えるため、実家を飛び出し東京へ向かう!ボクシングに導かれた二人を東京で待ち受ける運命とは
Amazon 楽天市場

車田先生のジャンプデビュー作『スケ番あらし』(75年)が撃沈したあとに連載されたのがこの作品。ストーリーに『アストロ球団』を意識していたことから、次第になんでもあり状態な様子を呈していく。

が、この作品が大ヒットとなり、それまで人気ランキング一位だった『サーキットの狼』を抜く。

見開き一枚絵を多用していたのも特徴(意図的に描いていたようです)。それにしても、ジャンプ読者はこういう路線が大好きなんだと分かる作品。

ホールインワン

ホールインワン 金井たつお 鏡丈二
天性のゴルフセンスを持つ少年・戸橋矢一(とばし・やいち)が、スポーツの名門校・明華学園に入学して様々なゴルフ勝負に挑んでいく熱血スポーツドラマ
Amazon 楽天市場

少年誌では初めてのゴルフ正統マンガ。ゴルフマンガの草分けと言えば『プロゴルファー猿』ですが、この作品まかり間違っても正統派ではなかったw

本宮ひろ志先生のアシスタントを経ての連載がこの作品。女の子を描くのがうまく妙に色っぽい、もちろんこれは本宮先生からではなく奥さんのもりたじゅん先生から教わったもの(金井先生自ら証言してます)w

この後に連載する『いずみちゃんグラフィティー』で、少年誌ではじめてパンツのシワを描いたマンガ家としても有名。

すすめ!!パイレーツ

すすめ!!パイレーツ 江口寿史
千葉県をホームにした野球チームを常勝チームにするべく熱血少年・富士一平が入団し、個性豊かなチームメイトとギャグシーンを繰り広げなら展開してく
Amazon 楽天市場

とにかくこの先生は絵がうまい。さすがにギャグクオリティが今では風化していますが、『ストップ!!ひばりくん!』に描かれている女の子は今読んでも魅力的なキャラばかり。

ただ、連載を落とすことでも有名で、『ストップ!!ひばりくん!』では最終回を迎える前に終了。なまじ人気があるだけに切るにきれなかったようですが・・・結局、連載を持たせれば「間に合わない」といって担当編集者に逆ギレして連載を落としたそうな。

COBRA

COBRA 寺沢武一
ジョンソンは口の悪いアンドロイドと暮らす、平凡なサラリーマンだった。ふとしたことをきっかけに、彼は自分が過去の記憶を暗示によって隠し、整形によって顔を変えた海賊コブラであることを思い出す。そしてアーマロイド・レディとともに再び旅立った
Amazon 楽天市場

カラー絵での新連載はかなりインパクトがあった。ただ、絵は少年誌向けではなかったため、実は人気ランキングはそれほど高くなかった。その後スーパージャンプに移ってから人気になっていった作品。

とにかく精密に絵を描くため毎週の連載は厳しく、寺沢先生だけ特例で十回分ほど原稿がたまったら連載を再開するような形にしていたんだとか。

Drスランプ

Dr.スランプ 鳥山明
天才科学者(?)の則巻千兵衛が作った人間型ロボット・アラレちゃんが暴れまくるパワフルGAGワールド! ペンギン村を舞台に、個性あふれるキャラクター達が続々登場!
Amazon 楽天市場

言わずもがなジャンプ黄金時代の立役者、鳥山明先生の少年ジャンプ初連載となる作品。はじめはタイトル通りDrスランプが主人公だったが、編集部のアドバイスでアラレちゃんが主人公になっていった。

キン肉マン

キン肉マン ゆでたまご
怪獣に負けてばかりのドジなヒーロー・キン肉マン。しかし、その正体は宇宙一のヒーロー一族・キン肉星の王子だった! 故郷の危機を救うため、星に舞い戻ったキン肉マンを待ち受けていた強敵は
Amazon 楽天市場

チビッ子に絶大な人気があった作品。当時低学年に人気の作品といえば『サーキットの狼』たっだんですが、その人気も下火になりほかの作品も読者層が高かったときに連載されたのがキン肉マン。

読者層の年齢を上げるよりも下げるほうが難しく、キン肉マンの子ども受けするギャグやマネしやすいキャラで人気を博した。ちなみに、「ゆでたま」までが原作者で「」がマンガ家なんだそうです(赤塚賞入賞授与式より)

1981~1984年

キャプテン翼

キャプテン翼 高橋陽一
サッカーボールを友達に育った少年、大空翼は小学6年生。南葛小に転校してきた翼は、修哲小の天才GK・若林源三と出会う。翼は若林に勝負を挑むが、決着は両校の対抗戦でつける事に
Amazon 楽天市場

サッカーブームを巻き起こした超大ヒット作。80年に月刊ジャンプフレッシュ賞を受賞後、翌年に『キャプテン翼』の連載がスタート。男の子はもちろん、女の子にも人気があり同人誌ブームが巻き起こりましたw

独特なやさしい線を描き、劇画調でもなく当時の少年マンガ調でもない。翼と翼の父親がほぼ同じ顔という有名なネタがあった。

キャッツ・アイ

キャッツ・アイ 北条司
世間を騒がす謎の怪盗キャッツ・アイ。その正体は来生泪・瞳・愛の美女3姉妹。次女瞳の恋人内海俊夫はキャッツ・アイを追う刑事。何も知らない犬鳴署の面々は喫茶店「CAT‘EYE」で捜査会議をし、何も知らずに情報提供しているのであった
Amazon 楽天市場

少年ジャンプデビュー作。九州産業大学のデザイン科を卒業していることもあり、絵のクオリティはデビュー当時から高い評価を受けていた。お色気要素が多いため読者層は高め。

『シティーハンター』を含め北条作品のアニメ化には杏里、TMネットワークといった人気歌手が起用されていました。

ウイングマン

ウイングマン 桂正和
正義の味方に憧れる広野健太は、異次元“ポドリムス”から来たアオイと出会う。そしてアオイの持っていた“ドリムノート”に自ら考えたヒーロー“ウイングマン”を描いた時健太の体に異変が
Amazon 楽天市場

とにかく女の子が魅力的なSF作品。細部にまでこだわりをみせ、パンツのしわまで描いていた。その後『電影少女』などの作品でさらにセクシー路線を極めていく。

少年誌ではじめてパンツのシワを描いたマンガは金井たつおの『ホールインワン』と言われているが、桂作品はその非ではないほど魅力的に描く。

北斗の拳

北斗の拳 武論尊 原哲夫
最終戦争により、荒廃し弱肉強食の世界になった世紀末を舞台に、一子相伝の暗殺拳“北斗神拳”の伝承者・ケンシロウが、愛と哀しみを背負い救世主として成長していく姿を描き出す
Amazon 楽天市場

「おまえはすでに死んでいる」「あべし」「ひでぶ」など数々の名言を残し、社会現象にまでなった作品。そのグロい描写は海外でもファンが多い。1995年にアメリカでも映画化されました。あれは酷かったw

原哲夫・武論尊コンビは北斗の拳の後も『チェイス』(読み切り)や『蒼天の拳』といった作品を生み出しています。

きまぐれオレンジ★ロード

きまぐれオレンジ★ロード まつもと泉
超能力一家の長男・恭介は引越し初日に美少女・鮎川まどかと出会う。転校先の中学で再会した2人だが、まどかはみんなから恐れられる不良少女だった! まどかに惹かれる恭介だが、一方で後輩のひかるが猛アタックしてきて
Amazon 楽天市場

当時ジャンプの中では異色のラブコメ作品だったが、これが大ヒット。ただ、連載途中から体調不良を理由に休載が入るようになっていく。絵も荒れるようになり編集部の判断で半年ほど休ませたこともあった。

2000年ごろになり脳脊髄液減少症を発症、しばらくマンガが描けない状態になるも、現在は復帰しています。

DRAGON BALL

DRAGON BALL 鳥山明
山奥に住む怪力で、メチャクチャ元気な孫悟空。ある日悟空は、七つ揃うとどんな願いも叶うという、ドラゴンボールを探すブルマに出会う。彼女とともに、悟空もハラハラドキドキの旅へ出発する!
Amazon 楽天市場

少年誌、いや漫画界における世界的超大ヒットマンガ。手塚治虫先生が「僕の後継者はこの人で、その代表作は「ドラゴンボール」だ」と言わしめたほど。

単行本の発行部数が他のマンガに比べて桁違いで、累計ではなく1つの巻で100万部を軽く突破し200万部を突破した巻もあった。超人気作だったためなかなか終わらせてもらえなかったというエピソードは有名。

その後、ドラゴンクエストやクロノトリガーといったゲームデザインで活躍するようになったのもドラゴンボール連載の影響があったと言われている。

あとがき

1980年になり発行部数が300万部を突破し、84年になると400万部の大台へ。マンガ家のメディア露出が増えていきますが、これは少年ジャンプ編集部の戦略の一つだったようです。

また、スポーツマンガといえば『アストロ球団』をはじめとする野球マンガが王道でしたが、この頃から野球マンガは少年ジャンプでは見かけなくなり、『キャプテン翼』をはじめとするサッカーものが登場していきました。

つづく

▼少年ジャンプ黄金期パート2はコチラ

少年ジャンプ黄金期を築いたマンガ② 1985年-90年中期

少年ジャンプ創成期編はコチラ▼

少年ジャンプ創成期を築いたマンガ① 1960年代

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です