ドコモ 新サービスdocomo withでスマホ代月々1000円になる!?

ドコモ割引

新割引サービスdocomo withでスマホ代月額1000円も夢じゃない!?

今日ポストに投函されていたドコモのDM。なんでも今年から新プランが登場し月額のスマホ代が今よりも安くできる可能性があるんだとか。

ドコモというかスマホの割引といったら今やU25とか学生割引とか大人には厳しいサービスが目につきますが、今回の新プランはどうやら年齢制限に関係なく利用できるみたいです。

というわけでスマホ代の見直しのために調べて見ることにしました。

docomo withとは

2017年6月からスタートしたdocomo with(ドコモウィズ、以下with)ドコモと一緒みたない意味なんでしょか?

この割引サービスは対象スマホに契約しただけで1500円の割引が適用されるというもの。ただしこのサービスが利用できる対象端末というのが二種類のみで、いずれもandoroid端末

arrows Be

ドコモ割引

Galaxy Feel

ドコモ割引

つまりiphoneは対象外なのでこのサービスは利用できません。ですが端末のブランドにとくにこだわりがない方にとっては利用しなきゃもったいない!

ただし、適用条件をよくよく調べていくと契約しているサービスによっては適用外になることもあるので、次はそのへんを見ていきます。

スマホの料金体系はややっこしいので面倒とは思いますが、月額1500円、年間2万円近くの節約になりますのこのまま読み進めてくださいっ!

対象プラン

毎月のスマホ代のうち固定で発生するのは次の3つになります。これに通話料だとかオプション料金なんかが上乗せされていきます。

料金プラン+データープラン+SPモード代

SPモードは別にして、withの割引を勝ち取るためには料金プランとデータプランの二つにも条件が設けられているので、そこの確認も必要になります。

ただし、利用条件は全く厳しくないのでご安心ください。おそらくほとんどの方が対象になるはずです!

【docoomo with対象料金プラン】

カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
シンプルプラン(スマホ)

の3つ。現在契約しているプランが上の3つのいずれかなら対象スマホ端末に変えれば割引が適応されます。

お次はデータプラン!

【docoomo with対象データプラン】

データパック(S/M/L)
ウルトラデータパック(L/LL)
シェアパック(5/10/15/20/30)
ウルトラシェアパック(30/50/100)
ビジネスシェアパック(5~3000)
ウルトラビジネスシェアパック(30/50/100)

一般的にデータパックのSやMあたりを契約している方が多いと思いますので、対象の料金プランを含めてそれほど厳しい条件ではないですよね。

機種変だけで割引適応!

このように実際には機種変更するだけで1500円の割引が受けられるというわけです。iphoneしか使いたくないというユーザーもいますので、機種変が一番のネックかもしれません。

もちろん機種変更でなくても新規契約でもMNPで他社からの乗り換えでも割引は適用されます。

二台持ちの方やサブとして使ってるスマホをこの機会に変えることで、今後機種変や料金プランの変更をしなければずーっと割引が適用されるので検討してみる価値はあると思いますよ。

docomo with適用条件(おさらい)

【対象端末】

arrows BeとGalaxy Feel(二機種のみ)
※いずれもandroid端末

【docoomo with対象料金プラン】

カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
シンプルプラン(スマホ)

【docoomo with対象データプラン】

データパック(S/M/L)
ウルトラデータパック(L/LL)
シェアパック(5/10/15/20/30)
ウルトラシェアパック(30/50/100)
ビジネスシェアパック(5~3000)
ウルトラビジネスシェアパック(30/50/100)

これらの条件を満たしていれば月々1500円の割引が適用される

月々1000円の秘密

ドコモ割引

DMの宣伝文句にあったスマホが月々1000円で使える!のカラクリはwithの1500円割引、さらに家族間で利用できるサービス・シェアパックを利用することで月々1000円にすることも可能みたいです。

シェアパックは家族間で分け合えるデータプランの一つ。たとえばお父さんがシェアパック5(5GB)を契約すると、家族間で5GBのデータをシェア(分ける)ことができます。

お父さんは2GB、お母さんは1GB、子どもが2GBにすることで母親と子どものデータプランを個別に契約する必要がなくなるので、スマホ代がお得になるというわけです。

ドコモ割引

この場合、親回線は父親なので父親がシェアパックに申込んで子回線の家族にデータ量を分けることになります。子回線にデータを分けるには1回線ごとに500円が発生するので毎月のデータ量は500円だけで済むというわけです。

ちなみにずっとドコモ割ですが、たしか数年前にサービスが変更されドコモ回線の継続利用年数が4年以上から適用されるようになったはずです。

この例では最長の15年以上というモデルで料金を算出してるんですが、4年でもシェアパック5なら100円の割引が適用されます。

上のモデルようにwithはシェアパックにも割引対象になるので、子どもにスマホを持たせている親御さんとってはかなりお得だと思います。ただ女の子の場合、もしかしたらiphoneじゃなきゃヤダ!ってなるかもしれませんがwww

そのときはお父さん・お母さんだけでも検討してみてください。

▼今回参考にしたドコモページ

https://www.nttdocomo.co.jp/charge/new_plan/bill_plan/docomo_with/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です