七つの大罪考察 エスカノールの正体を暴く!

七つの大罪の中でも圧倒的な闘級で十戒を倒していったエスカノール。ほかのキャラが苦戦している中、序盤からチート級の力によってボコボコにしていった。

やっぱエスカノールって強いよね!

と単純に思うんですが、考えてみると他のキャラ同様、彼にも疑問や謎が多い。

闘級ってどのくらい?マーリンを好きになったキッカケってなんだっけ?などなど知られざる彼のエピソードをまとめていきます!

vs十戒

エスカノールの力は七つの大罪の中でもかな~り特殊な存在。登場回が一番遅かったのも、他キャラと比べて闘級が桁違いだからってのもあったのでしょう。

七つの大罪 エスカノール
出典:七つの大罪19 鈴木央

初登場シーンでのガランの一刀両断は凄かった!!このときの闘級は5万を軽く超えており、しかもまだ全力ではなかった!

そしてグロキシニアやドロール戦では神斧解放を発動。

神斧(しんぶ)リッタ

この武器はエスカノールから発する莫大な熱量を「補填(チャージ)&放射(ファイア)」することができる。溜めこんだ熱量を敵に向けて放つ一撃必殺技。

圧倒的破壊力によって致命傷を与えるほどの威力を見せつけた。ホントこいつ人間?と思うほどの闘級だけど事実なんだから仕方ないw

そして極めつけは、光と闇の真逆の対決でみせたエスタロッサ戦での圧倒的パワー。

エスカノールの太陽が闇に包まれると思いきや「無慈悲な太陽」によってエスタロッサをはるか彼方へと飛ばしてしまう。

ただ、このときエスタロッサが死んだのかは描かれていない。つまりまだ仕留めきれていないのである!

太陽(サンシャイン)

エスカノールの圧倒的な闘級の源(みなもと)となっているのが

太陽(サンシャイン)
 
である。

七つの大罪 エスカノール
出典:七つの大罪19 鈴木央

昼になるほど力がモリモリまして正午に闘級がピークに達する。しかし夜になると力は発揮できず、体格も性格も真逆になる。下手をすれば一般人よりも弱いw

ちなみにエスカノールの年齢は40、おっさんである。

この特異な体質から分かるように、エスカノールは太陽の動きと同調するように闘級が変化していくのだ。

また疑似的な太陽を作ることで100%とはいかないまでも数秒の間だけ力を発揮することもできるようだ。

七つの大罪 エスカノール
出典:七つの大罪19 鈴木央

背中に刻まれているライオンも特徴的。力を発揮する昼間、誰よりもオレ様になるエスカノール。自分を呼ぶ時も「僕」→「私」→「我」と主語が変わっているのもポイントw

ライオンは百獣の王として野生ナンバーワンの生物、エスタノールも自分が最強であると保持するため背中に刻んだのだろうか、傲慢の罪らしいタトゥーだ。

闘級はどのくらい?

エスカノールの実力は十分に分かった、なら彼の闘級はどのくらいなのか?

メリオダス曰く「あいつはオレよりも強い」と言っていたが、十戒との戦いからしてウソではないようだ。

詳しい数値は分からないがエスタロッサ戦に勝利しているところから考えると闘級は軽く6万は超えていると言えそうだ。

というのも、七つの大罪公式ファンブック「罪約聖書」でエスタロッサの闘級が6万とされている。そのためエルかノールはそれ以上の闘級があったはず。

さらに驚異的なのがエスカノールの実力は100%ではなかったこと。

七つの大罪 エスカノール
出典:七つの大罪23 鈴木央

半刻とは1時間のこと、つまりエスカノールの闘級が最大になる正午まで、まだ1時間残っており闘級は上がり続けていたのである!

エスタロッサが驚きを見せていたのも当然である。6万以上は軽くこえ、7万、9万、いや10万越えもあるかもしれない!!

出生の秘密と愛しの魔術師

エスカノールの幼少期も掘り下げていこう。

幼少時代は決して楽しいもではなかったようだ。太陽の魔力を持っていたことで、カステリオ王国の王子として生まれながらも「怪物」扱いされ自国から逃亡することになる。

味方するものは一人もなく、両親さえも「あの子は呪われている」として殺害命令を下していた。そんな彼に唯一味方し逃亡に協力したのがローザという女性。

七つの大罪 エスカノール
出典:七つの大罪23 鈴木央

エスカノールとローザの関係は不明だが、深い謎が隠されているのだろう。もしや本当の母親だったりしてね。

エスカノールがマーリンを初めて会ったとき、ローザとあまりにも似ていたことがきかっけで一目ぼれする。それからずーっとマーリンを追いかけているw

ちなみにエスカノールの夢はマーリンと2人でお店を開くこと。

七つの大罪 エスカノール
出典:七つの大罪19 鈴木央

彼が開いていた居酒屋の店名は「My sweet Gluttony」となっていた。「Gluttony」とは英語で「暴食」の意味になり、「愛しの暴食=愛しのマーリン」と店名にマーリンの名前を付けていたのである!

エスカノールの一途な愛が分かる一コマwww

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です