古本・買取

アマゾンやブックオフオンラインで古本を買ってはいけない理由

ブックオフ ネット通販

アマゾンで新書を買うならともかく、古本は注意が必要です。古本はマーケットプレイスでの購入になり、気になるのはその送料

1円で出品している古本でも、実際には送料分(300円程度)が上乗せされるため、お得とは必ずしも言えません。

古本を購入する場合はアマゾン以外で購入したほうが、お得なことが多いんですよね。

アナツ
アナツ
紙の中古漫画を購入する人はアマゾン一択はダメ

アマゾンマーケットプレイスでの購入が割高になる理由

当ブログは、本や漫画の感想ブログなので、古本は月に20~30冊の頻度で購入してますが、アマゾンでの購入頻度は低めです。

というのも、アマゾンで古本を購入した場合、送料が一冊につき250~350円前後発生(出品店による)します。

アナツ
アナツ
ここで厄介なのが一冊につきというところ

同じ出品元の商品であっても、一冊ごとに送料が発生してしまうので、他中古通販サイトと比べて割高になってしまうんです。

アマゾンの古本購入時の送料

Amazonマーケットプレイスの出品者が販売する商品を購入する場合、商品1点ごとに配送料がかかります。複数の商品を購入する場合は、商品それぞれに配送料がかかります

出典:発送料金|Amazon.co.jp

そのため、アマゾンマーケットプレイスでの古本買いは、ほかのネット通販を探しても在庫がない場合のみ利用するのが賢い利用法です。

スポンサーリンク

ブックオフオンラインで中古コミックを買わない理由

古本といえばブックオフが有名ですが、こと、ネット通販で購入する場合(とくに漫画)は、やや高めな印象があります。

アナツ
アナツ
コミックの完結セットはとくに差が出ますね

しかも、ブックオフでは旧作コミックの最低価格は100(税抜き)だけど、80円や90円で購入できる通販サイトもありますからね。

おすすめ中古本通販サイト

駿河屋

駿河屋 おすすめ

ぼくが一番使うサイトが駿河屋。とくに、コミック完結セットはネット通販のなかでも最安値なところが多く、セット購入なら駿河屋一択です!

さらに、1200円以上で送料が無料になるようになったので、ますます使いやすくなっているのが駿河屋なんです。

公式サイト駿河屋

NET OFF(ネットオフ)

ネットオフ おすすめ

もう一つはネットオフです。3冊、6冊、9冊の購入で送料無料(合計金額1000円以上)になるサービスが利用できるんです。

単巻のマンガや新書、文庫本、ラノベ、ゲームやDVDも対象。数冊購入したいけど送料が有料になるから、、、そんなことってあると思うんです。

ネットオフ送料キャンペーン

商品合計送料
1,000円以上0円
500円~999円100円
~499円150円

対象商品は決まっているものの、新刊はもちろん旧作コミックでも、ほぼサービスの対象になっているので使い勝手はすごくいいです。

ネットオフ おすすめ

ちなみに、旧作コミックが100円以下で購入できることもあるから、さらにほしいタイトルが安く購入することができます。

公式サイトネットオフ

具体的な商品で値段比較

通販サイトによって、値段がどのくらい違ってくるのかを実際に見ていこうと思います。

男性コミック
ホーリーランドデスノート東京闇虫
駿河屋2400円1180円1100円
ネットオフ2798円1198円998円
ブックオフ3600円3112円1300円

※2021年7月時点

女性コミック
甘々と稲妻のだめカンタービレアオハライド
駿河屋1200円1680円770円
ネットオフ2198円2398円1298円
ブックオフ1970円2750円1750円

※2021年7月時点

けっこう価格差ありますよね。商品状態などによって価格は左右されますが、駿河屋だったりネットオフの方が安いことが多いです。

アナツ
アナツ
いつしか購入前に価格比較するクセがついちゃいましたw

上手な古本通販サイトの利用法

ここでは、駿河屋とネットオフの2つを紹介しましたが、パスワード管理やらセキュリティやらで、複数のサイトに登録するのは正直メンドくさい。

なので、古本購入なら駿河屋とネットオフだけで十分です。あとは、アマゾンなりブックオフなりを上手に利用すれば完璧!

アナツ
アナツ
ちなみにサイトごとに得意・不得意があったりします

たとえば、旧作マンガの完結セットは駿河屋が大得意。一方で、技術書や資格系参考書などの専門書はブックオフが得意な気がします。

アナツ
アナツ
専門書の在庫もブックオフが充実してる気がしますね!

あと、楽天市場で運営してる企業(ブックオフオンライン楽天市場など)もあるけど、仲介料を払って出店しているので、手数料が割高です。

ぼくは、楽天ポイントが貯まったら本を購入するくらいで、積極的には利用していません。公式通販サイトより割高だからです。

そんなわけで、ブックオフだけでなく、漫画が格安で購入できる駿河屋、送料が安いネットオフは覚えておいて損はないですよ!

おすすめ通販サイト駿河屋
スポンサーリンク

© 2021 アナブレ