本とサブカルを中心にたわいない日常をブンセキ

アナブレ

美容・健康

すべての肌質におすすめ!30代からのミネラルファンデーション人気ランキング

ミネラルファンデーション 30代

化粧品選びでポイントになってくるのが「肌の乾燥」です。乾燥は年齢と共に減少していくため、年代によって肌と化粧品の相性は違ってきます。

今まで問題なく使えていた化粧品が、「最近なんだか肌に合わなくなってきた」と感じるのもそのためです。肌質は日々変化しているのです。

皮脂と水分量の肌変化

この違和感は、皮脂量が30代をピークに減少していくことからも納得です。そのため、ファンデーション選びで大切になるのが、肌を乾燥させない商品選び。

そこで、おすすめなのがミネラルファンデーションです。肌質を気にせず、肌への負担も少ないことから、幅広い年代に支持されている化粧品なんです。

クレンジングの役割

ミネラルファンデーションが肌にやさしいと言われる理由の一つに、「油分」が配合されていないことがあります。

普段使っている化粧品にはかならず「油分」が含まれています。

アナさん
W洗顔をしなければならないのもこのため

化粧品の主成分は油ですから、水ですすいだだけでは落ちにくいんです。水と油は反発しあう性質がありますから、メイクを落とすことができません。

そこで、クレンジングに配合されている油で、まずはメイクを肌から浮かせて洗いやすくします。その後、界面活性剤でメイクを水で洗い流しています。

界面活性剤には油と水をなじませる(乳化させる)効果がありますから、メイクをスルっと落とすことができるわけです。

クレンジングのしくみ

クレンジングの主な成分は界面活性剤。油でメイクを浮かせて、界面活性剤によって水となじみやすくさせることで、メイクを簡単に落とすことができます

30代から肌質が変わる理由

一見すると、クレンジングはメイク落としが簡単に落とせる便利なアイテムと思いがちですが、私たちの気づかないところで肌がダメージを受けていることは知っていますか?

クレンジングは肌によくないと言われますが、その理由はなんなのか。W洗顔による洗いすぎもありますが、界面活性剤による肌の乾燥が怖いんです。

界面活性剤は水と油をなじませることができますが、「皮脂」という肌にとって非常に大切なも一緒に洗い流してしまいます。

皮脂と水分量の肌変化

上の図は年齢ごとの肌の水分量と皮脂量をグラフ化したものですが、年齢と共に水分量も減少し、さらに30代から皮脂量も急激に減少していくのが分かります。

肌質が年齢によって変化していくのに、化粧品は昔のままであればどうでしょうか。合わなくなるのも当然の話なのです。

また、皮脂は肌にとって潤いを保つための大切な成分です。よくニキビの原因として悪者になりがちですが、それは皮脂がストレスなどによって過剰に増えてしまったことが原因。

アナさん
正常な分泌量であれば肌に悪さをすることはなく、むしろ美白になるためには皮脂はとっても必要なんです!

界面活性剤の功罪

ならクレンジングの場合はどうでしょうか。界面活性剤は、メイクと一緒に皮脂も取り除いてしまうため、肌は皮脂が常に足りない状態になります。

すると、肌は皮脂が不足してるじゃない!と誤認してしまい過剰に分泌してしまう・・・。クレンジングをしている限りこの悪循環は続きます。

クレンジングによる肌トラブル

  • 万年乾燥肌
  • テカテカオイリー肌
  • ボツボツ毛穴
  • ニキビ・吹き出物

顔がテカテカになるオイリー肌や、ニキビや吹き出物ができやすいトラブル肌も、実は、クレンジングによる皮脂の取り過ぎが原因であることが多いんです。

あらゆる肌トラブルの原因、いわば悪の親玉は肌の乾燥です。肌の乾燥をいかに防ぐか、年齢が上がるほど、乾燥ケアを意識したスキンケアが必須になってきます。

ミネラルファンデーションをつよく推すのも、メイクは女性にとって必須なものですが、それと同時に肌への負担も大きいことを自覚しないといけません。

少しでも肌に優しいもの、そしてクレンジングがなくてもきれいに落せる化粧品という条件で探していくと、やはりミネラルファンデーションが一番おすすめできる化粧品なんです。

ミネラルファンデーションが肌にやさしいワケ

オイルクレンジング

ミネラルファンデーションは鉱物(ミネラル)が主成分、油分は一切入っていません。そのため、防腐剤などの添加物も必要ありませんし、化学物質も配合されていません。

水を配合していないことで、シンプルな成分でも品質の安定性が高いため、安心して肌にのせることができます。

油分が入っていないことで、クレンジングがなくてもメイクをスッキリ落とせ、肌の乾燥も防げる。石鹸のみでメイクを落とせるのも、油分が配合されてないからです。

化粧崩れしやすいのは「乾燥」が原因

ミネラルファンデーションは多くの化粧品メーカーから出ていますが、どんなポイントで選んでいけばいいのでしょうか。

ここだけは外せない

  • カバー力が高い商品!
  • UV効果もほしい!
  • 保湿成分もほしい!

肌に優しいミネラルファンデーションですが弱点もあります。それは、水分を吸収する性質があるため、肌が乾燥しやすくなることです。

ミネラルファンデーションは肌にカバー力がない、メイクくずれしやすいといったイメージがあるのは、そのためです。

そのため、保湿成分が配合されたファンデーションを選ぶことがポイントになってきます。保湿成分で肌の乾燥を防ぎ、メイクのりをよくすることができるからです。

そこで、ここまで紹介してきたポイントを考えながら、おすすめのミネラルファンデーションを次から紹介していこうと思います。

30代からのおすすめミネラルファンデーション

RACHEL WINE(レイチェルワイン)

おすすめ度:★★★★★

レイチェルワイン

カバー力が優れている上に、肌のつけ心地も悪くありません。カラーも豊富に取り揃えているので、好みのカラーを選びやすいです。

レイチェルワイン

レイチェルワインのトライアルセットは、12色の中からお好きな2色を選ぶことができます。ネットだけの特別価格で、送料も無料です。

UVケアは、SPF27を実現、日常生活であれば十分ガードしてくれる数値です。日焼け止めを付けなくていいのはかなり楽です。

成分一覧
カラー 12種類
UV効果 SPF20 PA+++
全成分 マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Al

気になる成分

ラウロイルリシン:滑剤・粉末基剤として使用されています。植物由来成分を原料とし、レイチェルワインでは保湿剤として肌の乾燥を防いでくれます

\まずはトライアルセットから/

【30日間の返金保証アリ】

ETVOS(エトヴォス)

おすすめ度:★★★★★

エトヴォス

肌の乾燥が気になる方におすすめです。オリーブ油を基材にした保湿成分が配合、肌の乾燥を防ぎます。SPF30は日常使いなら十分です。

エトヴォス

配合成分を保湿コーティングしているので、直接肌にパウダーがつかないようになっていまるのがエトヴォスの特徴です。

これによって、肌が乾燥しにくくなっています。また、酸化チタンもコーティングされていますので、UVケアとしても優秀。

アナさん
肌により優しいのがエトヴォスの特徴!
成分一覧
カラー 4種類
UV効果 SPF30 PA++
全成分 マイカ、酸化亜鉛、シリカ、ラウロイルリシン、(+/-)  酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、プセウドジマツクバエンシス/(オリーブ油/グリセリン/ダイズタンパク)発酵物

気になる成分

プセウドジマツクバエンシス/(オリーブ油/グリセリン/ダイズタンパク)発酵物:オリーブ油やグリセリンを元に作られる酵母の一種。肌の乾燥を防ぐために配合されています

\2週間のトライアルセット/

VINTORTE(ヴァントルテ)

おすすめ度:★★★★

ヴァントルテ

カバー力が高く、カラーバリエーションも5色から選べることができます。成分がシンプルなので肌質に関係なくおすすめです。UVケアはあまり期待できません。

ヴァントルテ

ヴァントルテに配合されているシルク成分により肌をワントーン明るくしてくれます。肌のくすみが気になっている方には試してみてほしいファンデです。

成分一覧
カラー 5種類
UV効果 SPF20 PA++
全成分 マイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、シリカ、水酸化Al、シルク、酸化鉄

気になる成分

シルク:高い保湿効果が期待でき、UV効果もあります。今までパウダーファンデーションをつけると、なんとなく暗く感じていた人に特におすすめです

\2週間のトライアルセット/

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)

おすすめ度:★★★

オンリーミネラル

微粒子パウダーにより肌のつけ心地もよく、カバー力のあるファンデーション。UVケアの高さから美白ケアもしたいという方にとくにおすすめです。

保湿成分にホホバオイルが配合。しっかり日焼け止め効果が期待できますが、肌が白くならないのはうれしい。

成分一覧
カラー 2種類
UV効果 SPF50+ PA+++
全成分 リン酸L-アスコルビルマグネシウム、酸化亜鉛、マイカ、窒化ホウ素、 酸化チタン、黄酸化鉄、ベンガラ、黒酸化鉄、無水ケイ酸、トリ (カプリル・カプリン酸) グリセリル、水素添加ホホバ油

\2週間の美白トライアルセット/

参考:金属アレルギーについて

ミネラルファンデーションを紹介するにあたり、金属アレルギーについても調べてみることにしました。

すでに使用したことがある方は問題ないと思いますが、はじめて使用してみようと思っている方は参考にしてみてください。

今回はエトヴォスさんにメールで金属アレルギーについて伺ってみました。以下回答メール抜粋になります。

金属アレルギーとは、金属イオンが溶け出して、体内のたんぱく質と結合することによって抗原(アレルゲン物質)となります。その抗原に対してからだの免疫が過剰に反応しアレルギーをおこします。

チタン、亜鉛、鉄は金属ですが、アレルギーは起こりにくく、これらの金属でアレルギーを起こすことはごく稀です。

更に、酸化チタンや酸化鉄など、酸化されたものは、金属単体のイオンが溶け出すことが少なくなるので、アレルギーを起こしにくくはなりますが、確実に起こらないというわけではありません。

出典:エトヴォス抜粋

アレルギーが起きにくいとはいえ「絶対」とは言い切ませんので、まずはパッチテストで試してみることをおすすめします。

使用感や色合いなど実際に使ってみないと分からない部分もありますので、当サイトではお試し商品やトライアル商品から使用していくことをおすすめします。

Copyright© アナブレ , 2019 All Rights Reserved.