本とサブカルを中心にたわいない日常をブンセキ

アナブレ

リゼロ

リゼロ21巻 レムが表紙に!第六章プレアデス監視塔編スタート!

リゼロ20巻 ネタバレ感想

リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)21巻が発売されました。

水門都市プリステラを舞台にした四章が閉幕し、今回から新章となる六章がはじまります。今回の舞台はアウグリア砂丘にあるプレアデス監視塔!

アナさん
ここでレムは目覚めるのかッ!

一番気になるとろこはここです!

21巻の表紙からして期待せずにはいられない。なんたって、レムの姿が描かれている!スバルにとっては茨の道だけども、新章でもがんばってほしい。

すべてはレムのために!

リゼロ21巻あらすじ・ストーリー

六章はまだまだはじまったばかり。今巻で扱うストーリーのポイントは誰がどうゆう経路でなにを目的にいくのかというところ。

アナさん
一つずつみていきましょう!

プレアデス監視塔参加メンバー

賢者フリューゲルに会うためにプレアデス監獄塔を目指していくというのが六章、とりわけ21巻の内容。ただ、今回参加するメンツが気になります。

スバル、ベア子、エミリア、そしてアナスタシア、ユリウスの5人編成で行くことが前回明らかになったけど、さらに追加メンバーが参加。

アナさん
ちなみにオットーとガーフィールは療養中&大罪司教の再襲来対策に備えて水門都市プリステラにしばらく滞在中。スバルとは別行動

メィリィ登場

メィリィといえば、レム暗殺のためにロズワール邸を襲撃した魔獣使いの幼女でした。過去(二章)には、アーラム村の村人になりすまし、魔獣襲撃の首謀者でもあった。

アーラム村では取り逃がしてしまったんですが、四章にて再襲撃をしてきた際に捕らえられ、今はロズワール邸の座敷牢に閉じ込められていたみたい。

アナさん
どうしてメィリィを閉じ込めていたの?

襲撃失敗で「ママ」と呼ばれるメィリィのボスから命を狙われることになり、スバルの発案で幽閉という名の保護をしていた。

とはいえ、二度までも命を狙われた相手、見た目は幼女ではあるが、その中身は平気で人を殺す暗殺者、それでもスバルは助けることを選んだようだ。

アナさん
幼女に優しすぎるスバルwww

そんなメィリィを連れていくことにしたのは、彼女の加護「魔操の加護」が関係する。魔獣を操ることが出来る加護で、アウグリア砂丘の魔獣払い役に抜擢された!

レムも同行する?

冒頭でもふれたけど、車椅子に乗るラムをレムが押す場面が表紙を飾っています。つまり、レム・ラムの参加は表紙からして確定。

スバルはもしレムが今回の旅で目を覚ますことができたなら、一番最初に見てほしいのが自分だからという理由で連れていくことに。

そんな大胆告白をエミリア、そしてベア子の前でしたもんだから、二人の反応が気になったんですが、思いのほか理解があった。

アナさん
レムの記憶はなくても、スバルがどれほどレムを大切に思っているかは今までの行動をみれば分かるもの

だからこそ、エミリアもベア子も激オコにならなかった。そんなわけで、今回の旅ではレム、ラムも同行することに!

プレアデス監視塔への経路

スバルたちが辿るプレアデス監視塔への道のりとしては、まずはメィリイ、レムラムを同行させるために一時ロズワール邸へと行きます。

そこで準備を整えてから、プレアデス監視塔があるアウグリア砂丘へと出発、問題はアウグリア砂丘からどうやって監視塔へと辿りつくかです。

アナさん
ラインハルトもプレアデス監視塔探索に断念したことから、かなりの茨の道であることは確か!

アウグリア砂丘は世界で一番瘴気(しょうき)が濃い場所で、瘴気の毒気にやられて長くは滞在できない場所。おまけに凶暴な魔獣もわんさか。

アナスタシアがカギを握る?

ただ、前回アナスタシア、というか襟ドナさんの「プレアデス監視塔の道知ってます」発言により、アナスタシア先導の元、進むことになった。

襟(エリ)ドナ

アナスタシアの襟巻に擬態している白狐。その正体は人工精霊。プリステラ攻防戦時、一時的にアナスタシアの体を借りるも元に戻れなくなる、なお原因は不明
アナさん
ただ、襟ドナの正体はなんら明らかになっていない!

分かっている点といえば、何者かに造られた人工精霊であること、記憶喪失状態であること、アナスタシアに肉体を返す手がかりを得るため協力すること、そんくらい。

襟ドナの正体おさらい

  • 人工精霊(創造主不明)
  • 記憶喪失
  • 肉体を戻すべくスバルに協力
  • エキドナとの関係性

一応、強欲の魔女エキドナとの関係性についてもスバルは突っついてたけど、実際にところは不明。関係があるのかないのか、今後の展開しだい。

それぞれの目的

ここまで旅メンバーと監視塔への行き方について見てきたけど、目的です。まずはアナスタシアの目的は、先にふれたとおり、襟ドナから肉体を取り戻すヒントをもらうのが狙い。

そしてユリウス、彼の場合はプリステラ攻防戦にて暴食の大罪司教により記憶を奪われたことで、彼に関する記憶はスバル以外忘れてしまった。

アナさん
悲しいかな(涙

これは、レムを目覚めさせようとしてりるエミリア陣営も同じ。暴食の大罪司教の権能により目覚めなくなったレムを助けるべく監視塔へと目指します!

これらがメインの目的、ただ、プレアデス監視塔にいる賢者はなんでも知ってる御仁のようなので、スバルの右足や大罪司教、権能などについても明らかになる可能性は高い。

リゼロ21巻あらすじまとめ

ひとまず21巻のあらすじをまとめてみます。現状を打破するために、スバルたちがプレアデス監視塔を目指す!というのがざっくりあらすじです。

アナさん
逆に言えば、まだまだ序盤!謎が明らかになるのはまだまだこれからといった感じです
21巻ザックリまとめ
  • 目的地はプレアデス監視塔、賢者フリューゲルに会いに
  • メンバーはスバル、ベア子、エミリア、襟ドナ、ユリウス、メィリィ、レム、ラム
  • 案内役はアナスタシアが担当、魔獣払い役にメィリィが同行
  • 襟ドナは肉体を戻すヒントを得るため、ユリウス、スバルは権能解除のヒントを得るため

リゼロ21巻の謎と伏線【ネタバレ】

ここからは21巻で気になった部分を話していきます。六章もまだまだはじまったばかり、そのため、今後回収されるであろう伏線も含めて整理していきます!

アナさん
今まではネタバレ薄めのあらすじ説明だったけど、ここからはガッツリとネタバレを含むのでご注意ください!

ロズワールの行動と意味深なセリフ

久々に登場したロズワール、ロズワールといえば四章にてスバルに協力することを約束した御仁だが、それでも一癖も二癖もあるのは以前のまま。

ロズワール

400年間子々孫々と魂と記憶を転写し続けてき変態。その目的は強欲の魔女エキドナに再び会うため!現在はスバルと手を組んでいるが信用ならぬ相手

というのも、ロズワールのセリフがこれまた意味深で謎めいているため、今後の伏線としてチェックしないわけにはいかないッ!

ロズワールのセリフ①

大罪司教を一人倒した。スバルくんの中に、これで二つ目が入ったはずだ

出典:Re:ゼロから始める異世界生活21 長月達平

第一章「君を連れ出す理由」より

ロズワールのこのセリフはと、スバルが大罪司教を倒したときに継承してきた魔女因子のことを指しています。

インビジブル・プロヴィデンス(見えざる手)が使えるようになったのも、ペテルギウスの魔女因子を継承したためでした。

となると、魔女因子を取り込んだことによってロズワールはなにを考えて、そして企んでいるのか、気になるところです。

ロズワールのセリフ②

ロズワールの話だと、エルザたちへの窓口となった人間と連絡がつかなくなったらしく、結果、メィリィの母親の正体は不明のまま、今に至る

出典:Re:ゼロから始める異世界生活21 長月達平

第一章「君を連れ出す理由」より

メィリィたちのボス、ママと呼ばれる人物の正体は未だ不明のまま。ただ、メィリィはアーラム村に潜んでいたこともあり、本当にロズワールは何も知らないのか疑問。

アナさん
推測の域は出ないものの、個人的に気になったセリフだった
ロズワール関連の伏線

  • スバル魔女因子取り込みで何を企む
  • ロズワールとママの関係

スバルの能力と権能

ロズワールの意味深なセリフに関連して、今回技を使ったスバルに数多くの異変が起こっていたのも気になるところです。

権能

大罪司教が持つ能力を権能と呼ぶ。ペテルギウス曰く、魔女の寵愛によって与えられた能力らしい。これまで倒した大罪司教の権能はスバルに継承された?

スバルの気になる描写①

初めて「聖域」でガーフィールを撃破したとき、スバルは「見えざる手」の使用に半身を奪われるような錯覚を味わった。それが、今は呼吸を乱す程度だ

出典:Re:ゼロから始める異世界生活21 長月達平

第三章「監視塔の洗礼」より

スバルが見えざる手こと、インビジブル・プロヴィデンスを発動したときのスバルの感覚。使用後の反動が軽くなっているものの、安堵よりも不安がまさっていた。

さらに、ケンタウロス戦では見えざる手の連続発動により、これまでにない激痛を味わっていた。このまま能力を使い続けることでスバルはどうなってしまうのか?

アナさん
スバルが能力を使わないという選択はないわけで・・・

スバルの気になる描写②

第六章において、スバルは薄れゆく意識の中でペテルギウスとレグスルの声を聞いています。「怠惰なのデスか」の語尾、オレ様自己中心的な発言は、まさしくあの二人。

権能がスバルの取り込まれたことで、彼らの記憶(意識?)のようなものも、スバルの中に取り込まれてしまったのだろうか。

そして、次第に鮮明になっていく嫉妬の魔女サテラさん。いつもながらのストーカーっぷりを発揮し、スバルにこれでもかと粘着していました。

スバル関連の伏線

  • 能力発動時のスバルの変調
  • スバルの中に怠惰と強欲が!?
  • サテラさんの存在感増す

プレアデス監視塔

プレアデス監視塔はまだまだ登場したばかりなので、分からないことだらけなのは当たり前。ただ、その中でも気になったところはあった。

プレアデス監視塔

かつて三英傑と呼ばれた伝説の賢者フリューゲルが住まうとされる塔。だが塔に辿りつくのは至難の業。剣聖ラインハルトでさえ断念したほど

陰魔法による防御システム

今回気になったのが、プレアデス監視塔の防御システムのすべてが「陰魔法」に関係していたこと。空間に捻じれがプレアデス監視塔に辿りつけないカラクリでした。

べアトリスちゃんは陰魔法の専門家なんやって?陰魔法って言うたら、空間の捻じれとかが専売特許

出典:Re:ゼロから始める異世界生活21 長月達平

第三章「監視塔の洗礼」より

スバルは空間の捻じれから生じた亀裂に吸い込まれ、瞬間移動のように別の場所へと一気に移動した。思ったのはこれを応用すれば異世界から現実世界へ戻るヒントがありそうってこと。

さらに言えば、監視塔にる賢者フリューゲルもスバルと同様現実世界からやってきた人間と思ったり思わなかったり。

アナさん
少なくとも賢者フリューゲルは陰魔法の使い手だな

監視塔を守るシャウラとお師様

なんとか監視塔に辿りついたスバルたちだけど、そこにいたのは賢者フリューゲルではなく、弟子と名乗るシャウラという女の子だった。

「お師様」
「・・・は?」
「お師様ぁ!もうもうもう!」

出典:Re:ゼロから始める異世界生活21 長月達平

第五章「監視塔の番人」より

スバルのことを「お師様」と読んだり、ほかにも「三つ」「祠(ほこら)」といったワードも呟いていました。三つの意味は不明。

アナさん
さらに監視塔のことを「祠」とも言っており気になります

賢者フリューゲルの弟子を名乗るシャウラ、彼女は一体どこまでの知識を持ち合わせているのか、今回の登場からしてなんか心配w

プレアデス監視塔関連の伏線

  • 賢者フリューゲルの正体
  • 弟子を名乗るシャウラ
  • スバルをお師様と呼ぶ
  • 監視塔の本当の姿
  • レムは目覚めるのか!!!

その他の気になった伏線

最後に細かいけど第六章の今後のストーリーにおいて回収されるかもしれない気になったところを紹介していきます。

メィリィの裏切りの可能性

スバルの死に戻りのときメィリィが密に砂蚯蚓(すなみみず)を連れていたことが判明したけど、メィリィの本心はまだ不明。裏切りの可能性も含めて気になるところ。

エミリアの体調

もう一つはエミリアの体調です。アウグリア砂丘は世界で一番瘴気(しょうき)が濃い場所ですが、エミリアだけなぜか体調がすこぶるよかった。

それに、なんだか砂丘に入ってからすごーく体の調子が良くて、何でもできそうなの!

出典:Re:ゼロから始める異世界生活21 長月達平

第二章「砂時間を超えろ!」より

エミリアをパックと契約を結んだ妖精使い、妖精使いはスバルやユリウスも同じ、にも関わらずエミリアだけがなぜか体調がいいという。

これは何を意味しているんだろうか、瘴気といえば魔女の瘴気を連想してしまったけど、エミリアの正体もホント未だ謎が多い。

プレアデス監視塔関連の伏線

  • メィリィの裏切りの可能性
  • エミリアの体調の疑問

リゼロ21巻まとめ感想

そんなわけでリゼロ21巻まとめ感想です。今回は序盤ですが序盤だからこそ、伏線と思しき気になる部分はしっかりチェックしておきたいところです。

アナさん
最大の目標はレムを目覚めさせること!

これはスバルだけじゃなく読者みんなが願っていることです。ただ、監視塔にいたのは賢者フリューゲルではなくその弟子、なんだか雲行きが怪しくなってきように思わなくもない。

これからどう展開していくのか、気になる伏線がどう明らかになっていくのか、次の巻も楽しみに待ち望みたい!!

つづく



 

リゼロシリーズ
第六章「プレアデス監視塔編】
大罪司教の被害を救うべくスバルたちはプレアデス監視塔に住む賢者フリューゲルに会いに旅立つ
リゼロ20巻 ネタバレ感想
リゼロ21巻
第五章「水門都市プリステラ編」
水門都市プリステラを訪れたスバルたちに大罪司教の面々が襲う!
リゼロ17巻 ネタバレ感想 リゼロ18巻 ネタバレ感想
リゼロ16巻 リゼロ17巻 リゼロ18巻
リゼロ19巻 ネタバレ感想 リゼロ20巻 ネタバレ感想
リゼロ19巻 リゼロ20巻
第四章「エキドナ・聖域編」
アーラム村の村人・ロズワールら安否のため聖域を目指すスバルたち。そこで出会ったのは魔女エキドナだった
リゼロ10巻 ネタバレ感想 リゼロ 長月達平 リゼロ 長月達平
リゼロ10巻 リゼロ11巻 リゼロ12巻
リゼロ 長月達平 リゼロ14巻 ネタバレ感想 リゼロ15巻 ネタバレ感想
リゼロ13巻 リゼロ14巻 リゼロ15巻
リゼロ最新刊 リゼロ最新22巻発売情報
発売日未定

Copyright© アナブレ , 2019 All Rights Reserved.