ブロガー必見!ワードプレスの有料テーマはこれで決まり!

ここ数年ネット界隈では「モバイルフレンドリー」なるものが聞こえてくるようになり、今ではPCよりもスマホ(あるいはタブレット)主体のデザインが一般化してきています。

グーグルさまも

カミ
モバイルを意識したサイト作りを心がけろよ!

なんて言ってます。

引用文も載せておきます。

最近では、Google 検索を使用しているほとんどのユーザーは、モバイル端末から検索を行うようになりました
出典:ウェブマスター向け公式ブログ

そのため去年からモバイルを意識したブログ運営が当たり前のようになってきたわけですが、当ブログにおいては今までずーっとなんの対策もしないまま放置しておりました。

なぜかといえば、アクセスが順調に伸びていたからです。記事をかけばアクセスが上がることを当たり前のように感じて、記事を書く以外の対策は何一つしてきませんでした。

馴れって怖いね、ホント。

スポンサーリンク

個人ブログが企業サイトにボロ負けする時代

ところが、2017年に入ってからグーグルの検索順位が個人ブログに厳しくなったと強く感じるようになりました。きっかけは17年の2月ごろに適用された日本のみのアップデート。

今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります
出典:ウェブマスター向け公式ブログ

まとめサイトの順位を下げる意図があるみたいですが、これって個人ブログも下がる可能性を孕んでいると思うわけです。

そこで注目したのは「信頼できる情報」という文言、信頼できる情報ってなにそれと曖昧な説明に腹を立てつつも、検索順位の結果を見ると、つまりは企業サイトが上位に上がりやすくなったという意味に受け取りました。

実際このアップデート以降、使えない企業サイトが上位を占めるようになりました。さらに最近はまとめサイトの息を吹き返してきたようで検索上位に見かけることが多くなりました。

個人ブログの上位表示が以前より難しくなった気がします。少なくとも適当な記事書けば上位表示できるほどラクではなくなった。そんなわけで、少しでも上位表示させるようにいろいろ施策を考えるようになったわけです。

そこでまず取り組んだのがテーマの変更。

アナリティクスをみて客観的にチェック!

グーグル曰く、モバイルを意識したサイト作りをするように指導しているので、ここから手を入れることにしました。ですが、ただやみくもにテーマを変えても意味がない。

重要なのは「自分のブログに来てくれるユーザーがどんな端末を使っているのか」を知ること。たとえばスマホよりもパソコンで見に来てくれる率が高ければ、スマホを意識しつつもパソコンのデザインもおろそかにしちゃいけないわけです。

そこでアナリティクスで詳しく調べていくわけです。

ログイン→ユーザー→モバイル→概要

で表示された結果を円表示にしてみますと、次のような割合になっていたんです。

アナリティクス

青がモバイル、オレンジがタブレット、そして緑がパソコンになります。

なるほど、グーグルが言っていた通りモバイルでの検索が今や主流なのだと改めて実感した次第。自分のブログがどんな端末で観られているのか把握していない方はチェックしておくことをおすすめします。

当ブログはパソコンから見ている方は2割程度。ちなみにIPアドレスから自分の流入はカントされないように設定しています。

おそらく多くのブログでも同じような現象になっているはずです。そのため、新しいテーマを探す上で「モバイル」を意識しているものを選ぶことがとっても大切になってきます。

すでに主流はパソコンではなくスマホです、これは間違いない!

しかも10代や20代のスマホ率が多いかと思いきや、当ブログの訪問ユーザー(あくまで推定ですが)10代から60代と幅広い層の方が読みに来てくださいますので、特定の世代における特徴ではないと思ってます。

レスポンシブデザインでOK

グーグルの「ウェブマスター向け公式ブログ」を読むと、モバイルフレンド―対策としてレスポンシブデザインを推奨しています。

理由は移行が「簡単」だから。

レスポンシブデザインは画面に合わせてデザインが自動で変更するのでどの機器で閲覧してもデザインが崩れにくいのが特徴で、さらに導入方法も今使ているテーマをレスポンシブデザイン対応テーマに変えるだけという手軽さ。

ただ、レスポンシブデザインでもパソコンを意識したデザインか、それともモバイルを意識したデザインか違ってきます。そこで大切になってくるのはモバイル重視のテーマ(モバイルファーストを意識しているテーマ)を選ぶこと。

そこで見つけたのがOPENCAGEさんのブロガー専用テーマ。

各テーマの違い

OPENCAGEから発売されているテーマは全部で三つ。

アルバトロス、ハミングバード、ストーク

になります。

最初に発売されたのがアルバトロス、その上位版(機能面)としてハミングバード、そしてストークが発売されました。そのため購入する場合、ハミングバードとストークの二つで悩む方が多いと思います。

アルバトロスはほかのテーマと比べてフェイスブックのフォローボタン機能が実装されてないなど、機能面でやや見劣りするので個人的には選択肢からは対象外に。

ハミングバードとストークの違いは公式サイトに比較表が掲載していますが、機能としてはほとんど同じです。

違いと言えば、ストークにはスマートフォンメニューの表示アリハミングバードは表示ナシ)、レイアウトデザインが4種類(ハミングバードは3種類)、パンくず表示非表示選択可の三つ。

ハミングバードとストークの価格差は3000円ほどあり、ストークのほうが高く設定されています。そのため位置づけとしては

ストーク>ハミングバード

ストークが上位テーマになりますが、テーマ全体のデザインやレイアウトの違いはそれほどないと感じました。そのためハミングバードで十分と思い今回はこちらのテーマを購入。

また、CSSの知識があれば自分仕様にカスタマイズができますから、最終的には自分の好みで選べばいいと思います。

ハミングバード

ハミングバード

ハミングバードは「誰が使っても簡単に美しいブログサイトを!」をコンセプトとして開発されたWordPress用テーマです。シンプルなデザインながら、アニメーション効果でさり気なくパワフルにコンテンツを目立たせます。もちろんモバイルファーストで設計されているのでスマホでの見た目が抜群です

ストーク

ストーク

これまでのテーマ開発の経験とブログマーケティングのノウハウの融合によってうまれた、ブログマーケティングのためのWordPressテーマです。スマートフォンでの使用感にとことんこだわり、見た目のインパクトよりも「使いやすさ」「読みやすさ」にこだわりました。見た目は当然のこと、機能的にも徹底的にモバイルファーストにこだわりました

オープンケージの戦略

ハミングバード、そしてストークの説明をみても分かるように「モバイルファースト」を強く推しているところ、この戦略が今のブロガーには魅力的に感じ採用している方が多いんだと思います。だって、ほかのテーマの紹介分をみると、強く推しているのが「SEO」ですからね。

SEOに強いテーマってなにそれ、おいしいの(鼻ホジホジ。

そんなもんより、モバイルのデザインを追及したテーマが欲しい。個人ブロガーはとくにここを意識したほうがいいし、グーグルが公式発表しているように「確実」なSEO効果も期待できる。

あとはコンテンツをいかに強化して自分だけのオリジナル記事を書けるかの勝負になってくると思うから、ハミングバードやストークは個人ブロガーにはもってこい。

有料テーマデビューの方、新しいテーマに変えようと思って探している方、自分好みで選ぶのもいいですが、最も意識したいのは「訪問してくれるユーザー」です。デザイン性とスマホでの見やすさ・操作性の高さを両立させたオープンケージのテーマ、いいですよ!

追記
ハミングバードにしてから直帰率があり得ないくらい下がった
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です