【約束のネバーランド】エマはオジサンの存在を知っていた!?

約束のネバーランド

前回、レウウィス戦での感電作戦について考察してきました。エマのあのとき判断は、さすが!GFハウス出身といったところでした。

今回は、レウウィスを感電させた後の描写について見ていこうと思います。つまり、エマはオジサンやレイの存在を知っていた可能です!

感電作戦は成功したものも、レウウィスの予想以上のタフさに、あわやエマが倒される!?なんて展開でしたが、オジサンの射撃によって仮面を割ったわけですよね。

このとき、エマはオジサンたちの存在を、あらかじめ知っていたのではないだろうか?そこらへんを探っていきます!

感電作戦を振り返る

エマの作戦で感電作戦を実行したけど、気になるのは最後の場面。感電してもなお動けるレウウィスに、子どもたちは思いっきりビビってた。

それもそのはず、感電して動きを完全止めたと思ったから、家に隠れて絶好のタイミングを待っていたナイジェルは、貴重な特殊弾を撃ったわけだからさ。

約ネバ エマ考察
出典:約束のネバーランド10 出水ぽすかほか 集英社

予備の弾もない状態での一発がレウウィスによってまさか防がれてしまうとは。ピカチュウばりの電撃を喰らっても、銃弾を防げるってどんだけ化物なんだよ!と思ってしまうが、エマたちの不利はレウウィスにとっては有利。

感電をもろともせず、エマに襲いかかろうとしたわけだけど、ナイスなタイミングでオジサンの特殊弾がレウウィスの仮面をブチ割ることに成功し、エマは助かることになる。

スポンサーリンク

エマの表情

オジサンたちが登場したときのエマの表情が気になった。驚いている様子というよりも、オジサンがGPに潜入していること、村に駆けつけにくることを知っている様子の表情。

漫画はセリフだけでなくコマにも根拠があるもの。作画担当のぽすかさんも、エマのこの表情に何の意図もなく描くなんてあるわけがない!つまりは、そこには意図があるのだ!

約ネバ エマ考察
出典:約束のネバーランド10 出水ぽすかほか 集英社
エマのこの表情である!

とはいえ、あくまで個人的な妄想感は否めない。そこで、エマ今までの行動をおさらいし、オジサンたちがGP内に潜入したことを知る機会があったのかを探っていくゾ!

ヴァイオレットの存在

オジサンたちがGP内の子どもたちと初接触したのが、ノウス・ノウマと戦っていたヴァイオレットでしたよね。

問題はヴァイオレットのその後の動き。

ノウマにヘッドショットが決まると、オジサンたちとは別行動をしていたヴァイオレットは、子どもたちが隠れている地下壕へと向った。

約ネバ エマ考察
出典:約束のネバーランド10 出水ぽすかほか 集英社
ルーカスに伝えたことは!!?

地下豪に辿りついたヴァイオレットの行動に注目すると、ルーカスに「何か」を伝えているのである。恐らく、このときルーカスに話したのはオジサンの存在ではないかと予想。

そして、ヴァイオレットが地下壕にやってきたとき、ペペもザックを担い戻っていた。その後、ペペはエマを援護するために村へと走っていっく。

ヴァイオレットとペペが地下豪で会話していたコマもあったわけだから、オジサンの情報をペペにも伝えいても不思議ではないよね。

ペペとエマ

ぺぺが村へ到着したときエマと合流し作戦(電撃作戦のこと)を練ることになる。もしヴァイオレットがペペにオジサンたちの存在を伝えていたとすれば、

ヴァイオレット→ぺぺ→エマ

という流れで情報が伝達できるルートは確保できてる。少なくとも、エマがオジサン情報を知る辻褄は合うんだけど、確実な根拠があるかといえば、、、正直ないwww

とはいえ、オジサンたちを見たときのエマの表情を読み取る限り、援護にくることは予測してたんじゃかったのかなと思ったゾ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です