【約束のネバーランド】ルーカスの計画とはなんだったのかw

GP内の鬼たちも、残すところレウウィスだけとなった!前回、レウウィスの強さの秘密を考察してみたけど、今回は子どもたちの作戦の中心となる「ルーカスの計画」を取り上げたい!

【約束のネバーランド】レウウィスの強さの秘密とは?

2018.09.10

正直に言うと、ルーカスの計画はかなり破綻していたw

そもそもの話、レウウィスやバイヨンは最初から、作戦には気づいていた様子。レウウィスに至っては、ルーカスの存在にも気づいていた様子だった。

となると、ルーカスの計画とやらは、機能していなかったのではとさえ思えてくる。そこで、この計画について検証していきたい!

最悪!しょっぱなでバレる

まず、冒頭の爆音と煙玉攻撃。作戦の意図としては、鬼たちの攪乱、配置につくまでの一時的な足止めなどが考えられるが、この攻撃によって「何か」に気付いてた鬼がいた。

バイヨンレウウィス

の2人でした。

レウウィスは、13年前の子どもたちの反逆と手口が似ていることに気づき、ルーカスの生存の可能性を意識したわけだ。

バイヨンもバイヨンで、子どもたちの後ろに「首謀者」がいるはずだと確信して、ザックとの戦いもほどほどに、ルーチェと合流というイレギュラーな行動に出ていた。

【約束のネバーランド】バイヨン戦を振り返る!

2018.08.13

つまり、最初の爆音+煙玉作戦は、かなりの悪手だったと言わざる負えない。エマという特上が罠にかかったことで、鬼たちの狩りの間隔が狭まるという予想外から戦いははじまった。

だが、それでも爆音+煙玉攻撃ができたってことは、ガッツリと準備していたことになり、ルーカスの作戦の一つだったことが分かる。

正直、鬼たちに首謀者の存在を察知されたことを考えると、この作戦いらなくネ!?と思ってしまったwww

スポンサーリンク

ルーカスの作戦とは

そんなわけで、ルーカスの作戦は最初からほぼ破綻していた。しかもだよ、レウウィスにいたっては「13年前の作戦と同じ」と指摘されており、これが図星だったわけだ。

ルーカスの作戦とは、鬼たちを分断させて、一匹ずつ倒してき、最後にレウウィスを子どもたち全員で総攻撃していくというもの。

    ルーカスの作戦概要

  • 鬼を分断し一匹ずつ倒す
  • レウウィスは全員で総攻撃

村で戦うだとか、家に誘き寄せて動きを制限するだとか、細かい作戦はあるけど、おおまかに一言で、ルーカスの作戦とは何か?と言えば、

総攻撃です

というすごくシンプルな回答になる。

ところがだよ、鬼との戦いで予想外(なのか?)の事態が発生してしまう。子どもたちが次々に負傷し戦線離脱してしまうのである。

その結果

約束のネバーランド ルーカスの計画
出典:約束のネバーランド10 出水ぽすかほか 集英社

いやいや、鬼たちに勝てないケースもしっかりと対策しておけよ!13年間おま、何やってたんだよ!と思わずツッコミが入る場面であった。

結局は、ルーカスの作戦では、レウウィス戦にいたるまで、子どもたちが一人も倒されないことを前提にした作戦だったとも指摘できます。

そりゃ~いくらなんでも無理筋ってもんでしょ!ルーチェはともかくとしても、バイヨン戦に挑んでるのってザックとペペの2人でしょ、最悪のシナリオは考えておかないと。

13年間何をしていたのか?

とはいえ、ルーカスもだてに13年間という長い月日を無駄に過ごしていたわけではない。今回の作戦の一番の功労は鬼の仮面を割ることができう銃の製造でしょう!

専用銃に特殊弾

約束のネバーランド ルーカスの計画
出典:約束のネバーランド10 出水ぽすかほか 集英社

あとは、レウウィス戦の作戦もなかなかよかった。ただ、オリバーがエマに話していた作戦は、11人全員でレウウィスと戦っていく作戦だったのは予測が甘かった。

実際、負傷者がたくさん出てしまった今回、オリバーが話していた作戦が、そのまま使えななかったわけだからね。エマがいたから勝てたといって間違いないよね。

【約束のネバーランド】レウウィスの強さの秘密とは?

2018.09.10

あれ、ってことは、エマがいなかったら完全に終わってたような??

エマいなかったら全滅してた説

今回の戦いを見ていくと、残念ながらルーカスたちではGP内の鬼たちは倒せなかったと思う。エマ、だけじゃなく、レイやおじさんもいなかったら完全に詰んでた。

ルーカスたちが敗れてたら、猟場(かりにわ)も未だ密かに鬼たちの遊び場になっていた可能性も無きにしも非ず。とはいえ、10巻の時点ではまだレウウィス戦の真っ最中なんだけどね。

そんなわけで、ルーカスの計画について、ざっと見てきたわけだけど、やはりGF農園出身の子どもはスゲーことが、改めて分かった(なんだこの終わり方)。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です