【約束のネバーランド】 ミネルヴァさんの秘密が明らかに!

 約束のネバーランド9 ネタバレ考察

エマたちがGF(グレイス・フィールド)農園から脱出する手助けを(ヒントを残して)してくれたミネルヴァさん、さらにはシェルターやGP(ゴールディポンド)の用意もしてました。

彼がいなかったら農園脱走に成功してたとしても、居場所がなかった。エマたちもミネルヴァさんとの再会を願っていたんだけど、単行本9巻でまさかの展開に!

というわけで、今回は9巻で明かされたミネルヴァさん情報についてまとめていきます。

ミネルヴァは偽名!?

人間世界と鬼世界の棲み分けをしたのは今から約1000年ほど前のこと。人間と鬼との殺し合いを見かねた人間側からの提案でした。

約束のネバーランド ミネルヴァ 正体
出典:約束のネバーランド6 出水ぽすか 集英社
お互いの世界を棲み分けよう

この1000年前の「約束」において人間側の代表的な立場だったのが、肩にフクロウを乗せているこの人、性別は不明ですが、ミネルヴァさんと関係のある人物ってことは推測できした。

ミネルヴァさんのトレードマークとも言うべきフクロウが描かれているわけですからね。そして、この人物との関係が9巻にて判明したわけです。

72話「CALL(コール)」で明らかになったのはミネルヴァさんの本名。実はミネルヴァは仮名で、本名は別にあったんです!

彼の本名とは

ジェイムズ・ラートリー

1000年前に鬼との間で「約束」を結んだ一族の35代当主だったんです。

GFハウスにあったメッセージやシェルターは罪滅ぼしのためにおこなっていた行動で、鬼の目を盗んでまであんな危険なことをしていたのは、そのためだったんですね~。

スポンサーリンク

裏切り者

約束のネバーランド ミネルヴァ 正体
出典:約束のネバーランド9 出水ぽすか 集英社
ミネルヴァの後を継いだ現当主ピーター

とはいえGPの今の状態を見れば明らかに何かおかしい。子どもたちのためにミネルヴァさんが用意した隠れ家のはずが、鬼たちの秘密の狩猟場(かりにわ)と化している。

これについては、ミネルヴァさんの弟の裏切りが関係しているようです。ピーター=ラートリー、それが弟の名前にして、第36代当主。つまり、現在のラートリー家の当主。

ピーターによって、一族から追われるハメになってしまったミネルヴァさん。エマに残していたメッセージには命の危険性もあると話していけど、その後の消息は今のところ不明

「ただでは死なない」っという意味深なメッセージ、そして死体も見つかっていないようなので、どこかで身を潜めている(生きてる)可能性もあるのかも??

GPの真実

GPの本来の役割は農園から脱走してきた子どもたちが安心して暮らしていけるための隠れ家。エマたちが最初に辿り着いたシェルターと同じく地下に作られていたのも、そのためだった。

ところが、ミネルヴァさんの弟ピーターの裏切りによってどうやら狩猟場となってしまったらしい。73話「決起」にてピーターがバイヨン卿になにやら話を持ちかけていましたからね。

これについてはコチラの記事をどうぞ。

GPの正体を探る!

そんなわけで現在のGPではルーカスを筆頭に子どもたちが狩猟場から脱出すべき鬼たちと戦ってる状況にあった。そして、ミネルヴァさんは裏切り者ではなかったのである!

新たなヒント

さて、GPにある風車小屋の隠し扉からミネルヴァさんが残したメッセージを受け取ったルーカスとエマ。人間の世界にいくための情報をすべて得ることに成功したようです。

あとは、エマがこの情報をどう利用するかですよね。ミネルヴァさんはエマに今後進むべき道を3つ提示していました。

エマの進む道

  1. 秘密裏に人間の世界に渡る
  2. 鬼との全面戦争
  3. 七つの壁を探す

このうち①と②は難色を示していたように見えたから、③番目の7つの壁を探していく展開になるのかなぁ~と思ったりする。

これについては、また別の記事で詳しく紹介していきたい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です