灰と幻想のグリムガルlevel.9巻感想 さよならランタ、また逢う日まで

毎回登場してくる強者パーティーと比較しながらハルヒロたちを読んでいくと、作者のストーリー構成が理解できたりします。いち登場人物としてだけで読むのはもったいないってこと。

こうした読み方をするとグリムガルの今後のストーリーもなんとなく分かってくるので(正しいとはいってない)、また違った味わいで堪能できるかと。

今回はロックスとの比較からハルヒロパーティ個々の在り方、そして実力不足をイヤというほど実感する回でしょうか。

スポンサーリンク

ストーリー・あらすじ

フォルガンに寝返ったランタ、バラバラになってしまったハルヒロパーティ。メリイは未だフォルガンの手の中にいた。

フォルガンとの交戦の中でハルヒロがメリイがシホルがユメがクザクが、そしてランタでさえ、それぞれがそれぞれの大切さ、そして自分の未熟さを痛いほど思い知ることになる。

強くなりたいっ!

一方、ついにwハルヒロとメリイとの恋に急展開が訪れようとしていた!果たして2人は結ばれることができるのか。

ちょっぴりお色気シーンもあるのでご期待あれ、そして裏切りランタは最後とんでもない決断をする・・・彼の向かう先は!?

死の瀬戸際

今回はハルヒロ視点ではなくメンバーそれぞれに焦点を当てながらストーリーは進んでいきます。各エピソードの中で気になったのが「元の世界」にも触れていたキャラがいたこと。

メイクザク

の2人です。

メイは元の世界では不思議ちゃん扱いで、いじられキャラとして描かれていました。ただグリムガルでの人懐っこさを考えても友達は多かったように思います。

一方クザクは母親を癌で亡くし、姉が母親代わりとなっていたようです。父親には愛人がいて家庭は複雑みたい。高身長を活かしバスケ部に入っていました。

なぜ2人だけが元の世界を思い出せたのか。これはハルヒロと同じく死をリアルに意識すると忘れていた元の世界の記憶を思い出すのではないか。

シホルの場合はロックスの誰かが助けにてくれるという望みを持って逃げていたので、元の世界の記憶を思い出さなかったと考えれば一応説明はつく。

ならなぜ死をリアルに意識すれば元の世界を思い出しやすくなるのだろうか。グリムガルでは死はゾンビ化を意味します。つまり不死王の呪いです。不死王とも関係があるのでしょうか。

文章までウザかったランタ

衝撃のラストにして、思わず爆笑してしまった壮絶なるランタのボケ。すんません、ネタバレありありですが、どうしてもここには触れておきたかったものでw

すまねえ。
言い訳はしない。
オレは旅に出ることにした。
捜さないでください。平にお願いします。

愛をこめて かしこ ランタ様より
出典:灰と幻想のグリムガルlevel.9 十文字青 白井鋭利

ランタのさよなら文章はもうツッコミどころが満載なので、絶対流し読みは禁物!二度、いや三度読み返して味わなければならない手紙なのであるw

まず「平に」とか「かしこ」とかヤケにおっさんくさい言葉を並べるランタ。ランタは空気が読めないウザイ奴、そして力の強い者にはスライディング土下座もいとわないプライドの低さ。

そんなランタの性格がこの文章には溢れまくっています、ただ「かしこ」なんて表現よく知ってたなと、案外知識は人並みにあるのかなとも思うが、最後に「ランタ様」と俺様根性をさらけ出して全てを台無しにしてしまうwww

今までの腰の低さはどこへいったのか、セリフだけでなく文章もウザくて空気の読めないランタ、さすがっす!

それにしてもランタ、今後どうなるんだろうか、ハルヒロたちの元へ戻るのか、ただ、フォルガンへ加入して気付いたハルヒロたちと居ることの違和感。

ゾディアックんを召喚しなかったのも自分の無意識の気持ちを見透かされるようで怖かったという理由でしたから、戻るとしても今までのランタでは戻れないよな。

それはつまり

ミルモンに続きセトラがハルヒロを好きになる。メリイの恋のライバルなのだが、肝心のメリイは自分の気持ちに嘘をつく。

ハルヒロの姿を見て「かっこいい」と見惚れてしまうも、仲間なのだからと恋愛感情を自制させる。

わたしはあなたの隣じゃなくていい、後ろでいいから、そこに居場所が欲しい。生きているかぎり、わたしはわたしの仕事をするから。わたしの役目を果たすから。
出典:灰と幻想のグリムガルlevel.9 十文字青 白井鋭利

これは義勇兵としてのメリイの感情であって、義勇兵や仲間、パーティではなく一人の女の子としてハルヒロのことをどう思ってるのかって話が大切なわけよ。

メリイの本音のようで実は違う、さすがに読者も気づきますよね。メリイはハルヒとのことが好きなんだとw

ハルヒロもメリイも自分よりもパーティのことを優先させちゃうもんだから、いつになっても平行線。そういえば前回のレビューでも書いたけどもういい加減2人の関係を進展させろよ!作者。

もはやモヤモヤしかないwww

つづく

灰と幻想のグリムガル level.9 十文字青 白井鋭利
出版社: オーバーラップ
言語: 日本語
ISBN-10: 4865541497
発売日: 2016/8/24

Amazon 楽天市場
KaoruAnatu
毎夜カタカタ投稿している中の人。本とサブカルを中心に執筆中。独自視点でレビューが書けたらと思っている今日この頃