呪術廻戦

呪術廻戦 両面宿儺(すくな)の正体!呪いの王、その強さを探る

呪術廻戦 両面宿儺

呪いの王の異名を持つ宿儺こと、両面宿儺(りょうめんすくな)。その呪いは、特級呪霊の中でも別格中の別格。

漏瑚(じょうご)ですら手も足もでなかった。虎杖により抑え込まれているものの、宿儺の指が集まることで呪いは日に日に強まっていく。

そこで、宿儺はこれからどうなっていくのか。元人間だったという過去含め、その強さなどをまとめてみました。

宿儺の正体

宿儺の正体は千年以上前に実在した人間、とはいえ術師が総力を上げても勝てなかったという、つまりは普通の人間ではなかったみたい。

呪術廻戦116話考察
出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社

いわく、その容姿は顔が二つあ、腕が四本あったとされ「仮想の鬼神」たバケモン、そして、その脅威は死後、さらには現在まで続いてる。

死後、死体の一部は死蝋(しろう:腐敗を免れた死体)となり、特級呪物として死してもなお影響を与える、まさに呪いの王様。

日本書紀における宿儺

日本書紀

調べてみると、宿儺は日本書紀の中でその名前が登場します。615年に飛騨国にいた人間で、その容姿は二つの顔に腕が四つあったといいます。

六十五年 飛騨國有一人 曰宿儺 其為人

出典:日本書紀

人々を殺し、財産を略奪し、傍若無人の限りをつくしていた異形のバケモノ。本作に登場する宿儺はこれがモデルの可能性が高い。

スポンサーリンク

特級呪物:宿儺の指

千年以上腐らずに、現世に遺り続けた宿儺の死体、厳密には宿儺の指二十本。しかも、凶悪すぎる呪いは破壊さえできず、封印が精いっぱい。

宿儺は腕が四本あるので、四本ある腕×指の数五本=二十本が現世に存在し続けている

現代術師最強の男・五条悟をもってしても破壊できないほどの呪いが宿る呪物!しかも、厄介なことに封印は日に日に弱くなっている。

封印が弱くなってること、さらには虎杖が受肉したことで全国で、宿儺の指に関わる事件が起きはじめている。まさに呪いの厄災。

特級呪物の特徴と例外すぎる宿儺の指

宿儺の指は「特級呪物」扱いなのだが、そもそも特級呪物とは、生命を止め他社に害を与えない縛りの対価として壊されない存在している。

呪術廻戦 特級呪物
出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社

そのため、特級呪物を所有しているだけなら基本的に害はないのである。しかし宿儺の指は別、所有だけでも厄災が起きる。

宿儺の指の影響
  • 呪いが日に日に強くなる
  • 封印が弱まりつつある
  • 呪霊が取り込むと力を増す
  • 指同士が共振し呪力が解放される

宿儺の指は他の特級呪物とは異なり「縛り」は存在しない。ならどうして破壊できないかといえば、単純に呪いが強大すぎて祓えないから。

宿儺の指は生命を止めていないため、特級呪物でありながらも現代においてもなお、計り知れない呪いを与えるのである。

宿儺の指と虎杖の肉体

今のところ、虎杖が取り込んでいる宿儺の指は全部で15本。そして、取り込むたびに呪いの力は増していってます。

集めた宿儺の指の本数
宿儺の指 入手元
1本目 校内百葉箱(1話)
2本目 五条(2話)
3本目 少年院(8話)
4本目 八十八橋(63話)
5本目 ナナミミ(111話)
6~15本目 漏瑚(111話)

いくら宿儺の呪いに耐性がある虎杖でも、取り込む数が多くなることで、どんな危険性があるのかは分からない。

しかも宿儺は虎杖と「縛り」を結びなにかを企んでる(後述)

実際、渋谷事変編では漏瑚(じょうご)に10本の宿儺の指を一度に飲み込まされたことで、肉体の支配権が宿儺に変わる場面もあった。

このときは、時間の経過とともに元に戻ることができたが、宿儺が肉体を支配していたことで、渋谷駅周辺では、災害級の甚大な被害が出た。

虎杖との約束

思い出すのは宿儺によって虎杖の心臓をもぎ取られたときです。このとき、宿儺は瀕死状態となり生死をさまよいました。

このとき、宿儺は虎杖に生き返らせる条件(縛り)として次の三つの条件を提示しており、虎杖はこれを承諾し生き返った。

  1. 「契闊」と唱えたら肉体入れ替わる
  2. この条件の記憶を忘れる
  3. この条件下では人は殺さない

※契闊:けいかつ

なぜ、宿儺は虎杖とこんな縛りを交わしたのか。その可能性の一つとして、宿儺の指がすべて集まった後に関係しているかもしれない。

宿儺の技・領域展開

宿儺がこれまで披露した技は斬撃。敵をサイコロステーキのようにコマ切れにする、あるいわ輪切りにする技が描写されています。

このほか「領域展開」も明らかになっている

領域展開「伏魔御廚子(ふくまみづし)」

領域の名前からすると台所が関係している説が今のところ有力。伏魔御廚子の御廚子(みずし)とは台所という意味がある。

伏魔の御廚子、伏魔は悪魔・魔物といった意味があるけど、ここでは呪いと考えると、呪いの台所、つまり宿儺の台所といった意味合いになる。

呪術廻戦118話考察
出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社

実際、宿儺は領域内で技を繰りだしたとき「3枚におろした」と料理に関するセリフをしていたのも気になるところ。

宿儺の強さ!最強五条よりも格上?

ここで気になるのは、最強の術師・五条悟とどちらが強いのか問題。まず、五条であっても宿儺の指を祓うことはできない。

であるなら、五条をもってしても宿儺は倒せないのか?ただ、宿儺の実力について五条が言及しているコマがあります。

呪術廻戦 五条のセリフ
出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社

それによれば、力を完全に取り戻した宿儺との勝負は難しいと言ってます。「倒せる」と即断してないことから、苦戦するのは必須とみていい。

指20本すべて揃ってしまったら五条でも勝てない可能性は十分ありそう

宿儺は虎杖の体を取り戻したとき、最初に殺す相手として五条を指名してます。となると、二人の戦いは避けられない?

宿儺の最後はどうなるのか

宿儺の指二十本すべて集まったら、それは虎杖が処刑を意味します。五条の説得によって上層部と交渉して勝ち取った、最大限の譲歩。

虎杖を処刑するのは、宿儺の受肉である虎杖が死ねば、体内に宿っている宿儺もまた死亡することを意味しているからです。

そして、宿儺がなんらかの方法で復活することを企んでいるのもまた事実。その根拠となるのが、これまで描かれた気になる伏線たち。

宿儺と伏黒恵

宿儺はどうも伏黒恵を特別視しているのは明らかです。それがよく分かるのが、呼び方。あの宿儺が人間の名前を覚え、そして読んでいた。

呪術廻戦 宿儺と伏黒
出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社

最強術師の五条でさえ、宿儺からは人間、貴様としか言われていなかったが、伏黒だけは名前で呼んでおり、相当なお気に入りの様子。

宿儺にとって恵は特別な存在、なら、なぜ恵を気にかけるのか、その理由として考えられるのが宿儺の復活です。

つまり、虎杖の死刑が実行される前に、体を入れ替えなにかをする。その何かには伏黒が関係しているのではないか。

ただ、宿儺はなにを企んでいるのか、そこまでは現時点では明らかになていませんが、恵が関係しているのは確実かな。

つながる虎杖との「縛り」

すべての指が揃っても宿儺が虎杖の肉体を取り戻せるかは不明。ただ、15本の指を飲み込んでも一時的しか肉体を取り戻せなかった。

となると、すべての指を取り込んでも肉体を自由にできない可能性が高い。そこで思い出すのが虎杖との縛り。

宿儺と虎杖で交わした縛り
  1. 「契闊」と唱えたら肉体入れ替わる
  2. この条件の記憶を忘れる
  3. この条件下では人は殺さない

宿儺が「契闊」と唱えたら1分間肉体を自由にできる。この伏線によって宿儺を虎杖の肉体を支配し復活のために何かをする。

伏黒の術式
出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社

伏黒の術式に何かを感じた宿儺?

そのキーパーソンになるのが伏黒なのか。ただ、条件の中に「人は殺さない」とあり、伏黒というよりも彼の術式が関係していそうではある。

連載最新話
呪術廻戦
内通者判明!夏油組の暗躍!
渋谷事変㉞ 渋谷事変㉟ 渋谷事変㊱
116話 117話 118話
渋谷事変㊲
 渋谷事変㊳  渋谷事変㊴
119話  120話 121話 
渋谷事変㊵    
122話    
呪術廻戦13巻収録(予定) 
115話 114話 113話
112話 111話 110話
109 108話 107話
単行本情報
呪術廻戦12巻収録
106話 105話 104話
103話 102話 101話
100話 99話 98話
各キャラ考察
呪術廻戦 虎杖悠仁キャラ分析 呪術廻戦 伏黒恵キャラ分析
虎杖悠仁キャラ分析 伏黒恵のキャラ分析
呪術廻戦 両面宿儺 呪術廻戦0巻紹介
両面宿儺のキャラ分析 呪術廻戦0巻と乙骨



-呪術廻戦

© 2020 アナブレ