黙示録の四騎士

黙示録の四騎士1話 七つの大罪続編連載!主人公の名はパーシバル!

黙示録の四騎士1話ネタバレ感想

七つの大罪連載終了からおよそ11ヶ月、いよいよ正当続編となる「黙示録の四騎士」の連載が少年マガジンからはりまります!

中の人
ワクワクすっゾ!

七つの大罪を読んだことがない勢でも楽しめるストーリーになっているとのこと。ただ、このブログでは七つの大罪についてもガッツリ触れますw

中の人
まずは黙示録の四騎士1話を振り返ります!

主人公はパーシバル?

七つの大罪の舞台でもあったブリタニア、その辺境の地に位置する「神の指」と呼ばれる場所に住んでいる緑髪の少年パーシバル。

パーシバルは祖父バルギスとの二人暮らし、ほかに住んでいる人間もなく、祖父と二人自給自足の平穏な日々を送っていた。

身長は低い(なんだかメリオダスを思わせるw)ものの、バルギスとの日々の稽古により、腕っぷしは相当なものになっていた。

スポンサーリンク

16歳の誕生日

そんなパーシバルも今年で16歳。この世界では16歳は立派な大人、世界の見聞を広めるため冒険の旅に出るよう進めるバルギス。

  • 魔術士の住むねじれた塔
  • 地獄へ通ずる大洞穴
  • 魔の湖の姫
  • 錯綜する森

この世界にはワクワクな場所がたくさんあることを熱く語るバルギスだが、そんな言葉に一ミリに反応しないバーシバル。

辺境での暮らしなんぞ寂しいだろというバルギスの言葉に、「じいじが一緒だから楽しい」と、優しさをみせるパーシバルであった(ホッコリ

謎の聖騎士と運命のはじまり

そんなある日、バーシバルが暮らす神の指に、聖騎士を名乗る一人の男が訪ねてきたことで、運命は一変する。

「探したよバルギス殿」

16年前、主君を裏切り逃亡したとバルギスの過去を話しだす聖騎士、バルギスの過去に一体なにがあったのか、、、。

バルギスと面識があるような聖騎士のセリフ。しかし、真実が明かされる前に、聖騎士の刃に倒れてしまうパーシバル。

真実を求めて旅立つパーシバル!

さらには、バルギスを助けるために駆けつけたパーシバルまでもが、聖騎士の容赦のない攻撃によって倒れてしまう...なぜこんな無慈悲なことを。

聖騎士曰く、数日前に主君アーサー王を破滅へと導く「黙示録の四騎士」の出現が預言をもとに、怪しい人物を殺しているという。

幸運にも命を取りとめたパーシバルは、瀕死のバルギスから、聖騎士の名がイロンシッドであり、お前の父親であると告げられ動揺する。

死んだと思っていた父親の生存。祖父の遺言の真実を確かめるべく、父親を探し出す旅に出発するパーシバルであった。

つづく

黙示録の四騎士1話の深堀り考察

ここからは、黙示録の四騎士1話で気になったコマを掘り下げていきます。

舞台はブリタニア

七つの大罪の続編となる「黙示録の四騎士」の舞台はブリタニア、第一話の今回では「アーサー王」という懐かしき名前も。

そして、黙示録の四騎士と呼ばれる人物が、アーサー王を破滅へと導く存在として、出現しているようです。

預言というと、アーサーの側近であるマーリン(暴食の罪)が関係しているのでしょうか、ここらへんも気になるところ。

アーサー王の新たなる国

前作「七つの大罪」において、アーサーが統治していたキャメロンは十戒や魔神王との戦いで消滅しています。

ただ、キャメロンに住んでいた住人は避難し無事な状況、ブリタニアに平和が戻ると、マーリンと共に新たな王国を築こうとしていました。

バルギスやイロンシッドの話からすると、アーサーは新たなる王国を建国したようだけど、なんだか国内の雲行きが怪しいんですよね。

大儀のために身内を殺した?

聖騎士イロンシッドのセリフ
出典:黙示録の四騎士1話 鈴木央 講談社

イロンシッドが身内を手掛けた理由は「大義」のため、つまり、彼が忠誠を誓う君主アーサー王のためということになります。

中の人
ここで問題

今回のイロンシッドの殺害は誰の指示なのか。大義のためとなるとアーサーの指示にも思えますが、それ以外にも候補はありそうです。

  • アーサーの指示
  • マーリンの指示
  • 聖騎士の独自判断

また、アーサー王を脅かす「可能性」という理由だけで殺すのは、七つの大罪の序盤で描かれた横暴な聖騎士の姿と重なります。

中の人
アーサーが統治する国内が荒れている可能性はありそうだな

アーサー王が建国した新しい王国で一体なにが起きているのか、前作において消化不良で終わった「混沌(こんとん)」とも関係しているのだろうか。

主人公はまたまた低身長?

主人公パーシバル
出典:黙示録の四騎士1話 鈴木央 講談社

パーシバルが今作の主人公の一人な感じですが、今回とくに気になったのが身長です(笑、メリオダスと同じく150センチ台。

新旧主人公の身長比較
パーシバル150センチ
メリオダス152センチ

メリオダスよりパーシバルの方が身長低いのか。そして、パーシバルの出生に秘密があるのは確かですが、その伏線は第1話にすでにありました。

聖騎士イロンシッドの攻撃を受けても死なない肉体は、バン(強欲の罪)がかつて持っていた不死身の肉体を彷彿とさせますが...

黙示録の四騎士1話みんなの感想・考察

SNSから1話に関する考察紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

中の人
続編ではアーサーが敵になるのかな?

中の人
秘密沢山ありそうだね

中の人
アーサーが建国した国の内情がきになるね

黙示録の四騎士1話まとめ&2話展開予想

黙示録の四騎士1話まとめ

  • 祖父想いの優しい青年パーシバル
  • 聖騎士に祖父殺される
  • 聖騎士の正体はパーシバルの実父?
  • アーサー王脅かす黙示録の四騎士?
  • 父親を探し真実を知る旅に出る!

七つの大罪最終巻での続編予告や、番外編「はじまりを誘う雨の森」においても、パーシバルは登場してなかったですよね。

メイン主人公がパーシバルになるのかはまだ分からないけど、トリスタンやランスロットとの合流も期待したい。

中の人
七つの大罪みたく冒険の中で出会っていくストーリーになる?

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
28話29話30話
31話 32話 
黙示録の四騎士3巻(予定)
19話20話21話
22話 23話 24話
25話26話 27話
単行本最新話
黙示録の四騎士2巻
10話11話12話
13話14話15話
16話17話18話
スポンサーリンク