約束のネバーランド ノーマンは生きてる!衝撃すぎる伏線判明!

約束のネバーランドの中でも人気キャラの一人ノーマン。ですが4巻にてまさかの出荷、主人公なのに早くも死亡!!?

かなり衝撃的な展開でしたが、その後に意味深なコマがあったり、気になる伏線が存在したこともあり、ノーマンの死亡を断定することはできませんでした。

当ブログでは「ノーマン生存派」として考察してきましたが、単行本9巻にてノーマンについて触れている回が登場します!ノーマンは生きていたのかネタバレ含め紹介していきます!

ノーマンの人物像おさらい

まずはノーマンの人物像について。約束のネバーランドの主人公の一人で管理番号は22194。施設内で毎日行われるテストでは常に300点の満点を叩きだす。

頭がずば抜けて切れるため冷静で正確な判断が下せる、つまりは天才キャラ。

エマ、レイと三人の中では参謀的な立ち位置。脱獄計画を練ったのもノーマンでした。出荷前日に自分の体に火をつけて、そのスキにエマたち逃がすというレイの考えも見抜いていた。

約束のネバーランド ノーマン生存
出典:約束のネバーランド4 出水ぽすかほか 集英社

ノーマンはすべてを予測していた!

レイとノーマンのどちらが頭がいいか議論をたびたび見かけますが、明らかにノーマンが上でしょう。レイはどちらかといえば博識タイプ。施設の図書館を読破したなんてエピはその典型。

ノーマン生存説の真相

ノーマンの生死が判明したのが単行本9巻でのこと。この巻ではゴールディポンド編が描かれていますが、この中でノーマンが生存していることが判明します!

ノーマンは出荷をまぬがれて、別の農園に移されていたのです。その農園の名前は「ラムダ農園」、西の果てにある農園です。

ただ、ラムダ農園はほかの農園とは違い食用児を育てるための施設とは必ずしも言えません。つまり、かなり特殊な場所。

ラムダ農園に送られたノーマン

ラムダ農園については分かっていないことが多いです。最新話ではラムダ農園出身のアダムというキャラが登場していますが、彼は子どもながら筋肉隆々な体を持っています。

【約束のネバーランド】アダムの正体!ノーマンとの関係とは?

2018.11.14

当ブログではラムダ農園は食用児の人体実験施設と考察しています。ノーマンがGF農園から移された理由も、毎回テストのスコアが満点という秀でた頭脳の持ち主だからだと思っています。

約束のネバーランド ノーマン生存
出典:約束のネバーランド9 出水ぽすかほか 集英社
脳の動きを検査している!?

レイでさえ満点というスコアは毎回は出せていなかったことを考えると、いかにノーマンが頭脳明晰か、そしてすべての食用児の中でも特別なのかが分かります。

GFハウスのママをしていたイザベラのように、特別な才能を持つ食用児は生かされるという農園のルールがあります。

そのため、ノーマンの頭脳明晰さゆえに出荷をのがれたと見るべきです。とはいえ、命は鬼の手にあるのが今のノーマンの状態。腕には発信機を付けられ脱獄も不可能な状況です。

ノーマンが生きている伏線が凄かった!

ノーマンは生きていた!この情報だけも朗報ですが、ノーマン生存説は作中で伏線がいくつか登場していたので、予想していた読者は多くいたはずです。

そこで、ここではノーマンが生きている伏線を振り返ります。約束のネバーランドのストーリーの奥深さ、そして、伏線の貼り方の凄さが分かります!

「え」の真相

ノーマンの出荷当日、イザベラと一緒に門までやってきます。

出荷用のトラックも止まっておりいよいよというとき、イザベラが近くの扉を開けノーマンに中に入るように言いますが、この次のノーマンのリアクションに違和感がありました。

約束のネバーランド ノーマン生存
出典:約束のネバーランド4 出水ぽすかほか 集英社

これから出荷されようとする人間のリアクションとしては違和感があります。ノーマンを殺そうと鬼がスタンばってたのなら、あんな間の抜けたリアクションはしないはず。

このときのノーマンの「え」の真相についても明らかになっています。

実はこのときノーマンの目の前にいたのは、鬼ではなくミネルヴァの実弟にして、ラムダ農園の責任者であるピーター・ラートリーでした。

だからこその、あのリアクションだったというわけです。これもノーマン生存説の伏線の一つとして根拠となっていました。

【約束のネバーランド】ノーマン生存!ラムダ7214農園の正体

2018.07.16

ノーマン出荷時回の扉絵タイトル

約束のネバーランド ノーマン

約束のネバーランドのタイトルといえば、「バ」から延びる三本線が特徴的です。この三本線は何を意味しているのかご存知でしょうか。

実はこれ、エマ、レイ、ノーマンの主人公三人を表しているんです。その証拠に、ノーマンが出荷された回のタイトルを確認すると、通常三本線のはずが二本線になっているのが分かります。

約束のネバーランド ノーマン
出典:約束のネバーランド31話 出水ぽすかほか 集英社

二本線になっているのが分かる!

ただ、この二本線はノーマンがGFハウスからいなくなった回のみの表示で、次の回からは三本線に戻っていました。

つまり、ノーマンはGF農園からはいなくなったけど、死亡していない可能性がありました。ちなみに、二本線は週刊誌のみの表示で単行本にはありません。

ノーマンの出荷と糸電話

約束のネバーランド ノーマン生存
出典:約束のネバーランド4 出水ぽすかほか 集英社

ノーマン出荷当日、トランクの中に入れていたのが糸電話でした。農園が食用児を育てるための施設であることを知っていたノーマンは、なぜ糸電話を入れていたのでしょうか。

これは、単行本2巻の番外編「ひとりじゃない」に答えがあります。昔、ノーマンが風邪を引いたとき、風邪がうつらないようママは部屋に入ることを禁止します。

このとこエマは部屋の外からでも会話ができるように糸電話を使って、寝ているノーマンと話をしたエピソードがあるんです。ノーマンが出荷当時に持っていたのが、この糸電話。

エマとの思い出の糸電話として、今まで大切に持っていたようです。そして、遠くにいてもエマと繋がっている=ノーマンは生きているという伏線にも読み取れます。

スポンサーリンク

小説「ノーマンからの手紙」とエマへの想い

トランクスにエマとの思い出の糸電話を入れていたように、ノーマンはエマに対して家族以上の想いがありました。

原作では、レイに「エマのことが好き」と告白している場面がありますが、エマに直接自分の想いを伝えることはありませんでした。

エマへの想いを描いているのが小説「ノーマンからの手紙」。番外編という位置づけですが、ノーマンが出荷される前日にGFハウスでの思い出を回想するといったストーリーになっています。

この作品の中で、ノーマンはエマに対して自分の想いが語られています。ノーマンは出荷前日にエマに脱獄計画を記した手紙を渡していましたが、タイトルにある「ノーマンからの手紙」とはこのことを指しています。

約束のネバーランド ノーマンからの手紙
出典:約束のネバーランド4 出水ぽすかほか 集英社

原作では「ノーマンの計画」としか説明されていませんが、実際には計画以外のことも書かれていたようです。気になるのが、この手紙で自分の気持ちをエマに伝えたかどうか。

残念ながら伝えることはしていません。そこは番外編、本編に影響するようなストーリーは描けなかったのでしょうか。個人的には残念ではありました。

ノーマンの名前の由来

ここまでノーマンについていろいろと話してきましたが、意外に知られていないのがノーマンの名前の由来。作中では明かされていませんが、実はノーマンの名前の元ネタは存在するんです。

これは、「約束のネバーランドIQテスト」に回答した特典として付いてくる特別マンガにて判明します。

この特別マンガによれば、ノーマンは画家のノーマン・ロックウェル、レイは歌手のレイ=チャールズ、通称レイちゃん、そして、エマですが、エマはとくに元ネタはないんだとかw

名前の由来ノーマン⇒ノーマン・ロックウェル
レイ⇒レイ・チャールズ
エマ⇒モデルいない

ちなみに、名前だけ参考にしただけでキャラ設定において参考にしたとかではないそうです。ならなぜ、この二人から名前を付けたのかと言えば、作者の趣味のようです。

今後のノーマンの動き!

ラムダ農園で生存していることが判明したノーマン、気になるのは今後の動きですよね。考えられるのは脱獄の可能性です。

最新話では、ミネルヴァを名乗る人物が鬼の世界に戦いを挑みます。ミネルヴァの仲間を名乗る新キャラ、ジンとハヤトはラムダ農園から救われた食用児の可能性が浮上してます。

約束のネバーランド ノーマン 今後
出典:週刊少年ジャンプ2019年2号 約束のネバーランド 集英社

ハヤトの胸にある紋様はノーマンと同じラムダ農園の紋様に酷似しています。紋様の位置も同じです。となると、ラムダ農園はミネルヴァによって解放されている可能性が出てきました。

つまり!ノーマンがすでに脱獄した可能性が高いんです!

そしてもう一つ、エマに対する想いです。果たして二人が再開し、食用児たちが安心して暮らせる世界になったとき、二人の関係はどうなるんでしょうか。

約ネバに恋愛要素は少し似合わない感じもしますが、気になります!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です