【検証】松原タニシ「怖い間取り」に登場した滋賀県の某ホテル

恐い間取り 調査

松原タニシの「怖い間取り」に登場する滋賀県にある某ホテル、地元では有名な心霊ホテルらしく、本の中では「泊まってはいけないホテル」として紹介されている。

そもそもタニシさん(以下敬称省略)がこのホテルへ行くことになったのは、北野誠がパーソナリティを務めるラジオで、視聴者から投稿されたタレコミからだったと言う。

この情報の信憑性を確かめるべく、

タニシ、お前行ってこい

と北野誠のの鶴の一声で検証をすることになったそうな。

本の中では、滋賀県にあるホテルの名前は伏せているのだが、一体どこのホテルなのだろうか。気になったのでアナブレ調査団の調査開始です!

経路

問題の某ホテル、仮にTホテルとでもしましょうか。まずは、どうやって目的の場所に向かっていったのか、その「経路」を探っていくことにする。

読んでいくと、具体的な道順はないものの、キーワードとなる場所がいくつか登場する。

大阪から車を走らせて約一時間半、琵琶湖大橋を渡る。
出典:恐い間取り 松原タニシ

大阪琵琶湖大橋、この二つのキーワードから、大阪方面から琵琶湖大橋を渡ったことが分かる。つまりは、Tホテルは大津市方面ではなく、守山市方面にあると判明できる。これだけでもかなり絞り込むことができる。

恐い間取り 調査
出典:グーグルマップ

さらにもう一つヒントになるワードが書かれていた。それは、心霊情報のタレコミをした投稿者のメール冒頭部分である。

先日出張で滋賀県のあるホテルに予約したのですが(以下省略)、
出典:恐い間取り 松原タニシ

投稿者は出張のためにホテルを予約したという、つまり、このホテルはビジネスホテルであることが分かるのだ。

温泉宿のような中心街から車で何時間も離れた場所に人里離れた場所ではなく、国道やJRなどの主要道路や駅から徒歩数分の距離にあるホテルの可能性が高い。

滋賀県にあるTホテル

守山市にあるビジネスホテル、本の中ではエレベーターの老朽化が酷くものすごい音がしたとあることから、数年単位ではなく何十年と運営している老舗のホテルと言えそうた。

こうした条件から絞り込んでいくと、それらしきホテルが一件該当する。

しかし、このホテルは現在も運営していることから当サイトでは名前は自粛。ただ、ネットで調べると掲示板や心霊サイトにて名前が掲載されており、有名な場所であるのは確からしい。

このTホテルの歴史を知れべてみると、全国100店舗以上を展開している企業が運営しているホテルの一つで、1970年代後半に完成しており築40年ほどに及ぶ。設備のいたるところにガタがきているのもうなずける。

スポンサーリンク

心霊現象

Tホテルで起こる心霊現象を調べていくと、「夜中、部屋の中で足音が聞こえる」「女性の霊を見た」といった心霊現象に遭遇するという。

実際タニシもこのホテルに泊まったとき、奇妙な経験をしている。

恐る恐る目を開ける。誰もいない。誰もいないが、ミシミシという音は続いている。そして音は次第に小さくなり、消えていった。
出典:恐い間取り 松原タニシ

部屋の中で「ミシミシ」という足音らしき音は聞いたものの、何かを見たというわけではなかったというタニシ。だが、そこには確かに「なにかがいた」というのである。

そもそも、タニシが止まった部屋は10階。

フロントから鍵を渡され、部屋に入ったとき奇妙なことに気が付く。部屋にはベランダがあるのだが、そこに防鳥ネットが張り巡らされていたというのだ。

さらに不思議なことに、防鳥ネットは他の部屋には見当たらなく、なぜかタニシが泊まった部屋にだけ取りつけられていたという。

不思議に思ったタニシは、事故物件情報サイト「大島てる」で検索してみたという。「大島てる」とは、過去に事件・事故が発生した物件をまとめている投稿サイトである。

すると、Tホテルで過去に飛び降り自殺が起こっていたことが明らかになる。この情報を元に、今回特定したTホテルを検索してみると、

恐い間取り 調査
出典:大島てる

と確かに以前にこの場所で飛び降り自殺が起こっていたのである。やはりタニシが泊まったホテルというのは、このTホテルで間違いない。

となると、タニシが今回体験したというミシミシという「なにものか」の足音は、この不幸な事故と関係があるとでもいうのだろうか。

水場

ただ、Tホテルでの心霊現象の理由はこれだけではないのではと思いはじめる。というのもTホテルの周辺をさらに調べていくと、気になる情報に目が留まる。それが

琵琶湖大橋

の存在である。

琵琶湖大橋は滋賀県でも有名な飛びおり自殺の名所、入水自殺者が後をたたないという。実際調べていくと恐ろしいことが判明する。

記憶に新しいのは全国ニュースにもなった、今年の2月に琵琶湖大橋から飛び降り自殺と思われる女性の遺体が発見されたニュースである。調べればすぐに出てくるはずだ。

さらにSNSにまで手を広げていくと、5月にも飛び降り自殺があったようだが、近くにいた釣り人が助けたことで未遂に終わっていことが分かった。

恐いくらい自殺に関する情報が出てくるのである。事件・事故にならないケースまで含めると琵琶湖大橋がどんな場所であるのかが分かる。

ホテル内で起こった不幸な事故といい、近くには自殺の名所として有名な琵琶湖大橋、、、心霊現象が起こっても不思議ではない場所だなと納得する自分がいた。

確信

今回、タニシが泊まったというホテルの外観の写真も載せている。その写真というのは、本の中にも登場していたベランダに張り巡らされていた防鳥ネットだ。

一夜明けてチェックアウトしたタニシは、ベランダにあった防鳥ネットが妙に気になったことからホテルの外観を撮影しているのだ。そこで見たのは、ベランダにあったのは防鳥ネットではなく鉄格子だったというのだ。

恐い間取り 調査
出典:恐い間取り 松原タニシ

実を言うと、グーグルマップから、このTホテルの外観を拡大していくと、タニシが目的した鉄格子をはっきりと確認できるのである。

恐い間取り 調査
出典:グーグルマップ

少なくとも2018年8月現在、グーグルマップで調べてみると、確かに一室のベランダだけに鉄格子があるのが確認できた。

詳しい事情は不明であるが、タニシが泊まった部屋こそが例の飛び降り自殺した部屋ではなかったのかと推測していた。鉄格子はその名残ではないかというのだ。

報告

いかがでしたでしょうか、松原タニシの新刊「恐い間取り」で紹介されていた某ホテルを検証してきましたが、調べれば調べるほど恐ろしくなります。

そして名前は伏せてますが、さすがに外観を掲載しているので分かる人には分かってしまう場所。著者も出版社もかなりギリギリを攻めてます。

【恐い部屋検証記事第一弾】

【調査】松原タニシ「恐い間取り」で登場した部屋を検証

2018.08.24
恐い間取り 松原タニシ
単行本: 256ページ
発売: 2018/6/26
言語: 日本語
ISBN-10: 4576180975

Amazon 楽天市場
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です