約ネバ

読んで損なし!約束のネバーランドが面白い5つの理由を紹介

約束のネバーランドオススメ理由

週刊少年ジャンプで連載していた「約束のネバーランド」、約ネバとかネバランとも呼ばれてます。アニメ化でさらに盛り上がりを見せる作品。

ただ、連載当初は「ジャンプらしからぬ作品」なんて評価も。そもそも主人公が女の子からして、珍しいですからね。

中の人
ところが今や発行部数は900万部を超える人気タイトルへ

そんな約ネバの魅力について、約ネバが面白い理由と称して5つに分けて紹介します。ちなみにダメなところも書いてますw

先の読めない展開

約ネバはストーリーの構成に定評がありますが、その理由の一つに、原作と作画が分かれていることにあります。

原作と作画の分担作業だから、それぞれの作業に集中することができる。時間の制約が厳しい連載において、このメリットは単純にデカい。

中の人
白井カイウ先生と出水ぽすか先生は、ポピィの願いでもタッグを組んでいて相性は抜群!

原作を担当している白井先生のストーリーでは、作品を面白くしている一つに、先の読めない展開があります。

約束のネバーランド コニーの死
出典:約束のネバーランド1 出水ぽすかほか 集英社

たとえば、冒頭でコニーが殺される衝撃シーンが登場しますが、これによって、登場人物は容赦なく死ぬという設定を読者に与えています。

少年漫画ではキャラクターの死は描かない作者も多くいます、バトル漫画では死なない、あるいは、再登場することがしばしばあります。

ところが、約ネバでは、キャラが死ぬという設定が一つ乗っかかることで、その後のストーリーに緊張感をより与え読者を引き付けます。

スポンサーリンク

散りばめられた伏線

約ネバの面白さの一つに、いくつもの伏線があります。約ネバは伏線の回収がはやいって感想があるけど、これは間違い。

たしかに、次の回で伏線があっさり回収されることはあります。ただ、それとは別に、何巻にもわたって張られている伏線もあります。

約束のネバーランド ミネルヴァ 正体
出典:約束のネバーランド 出水ぽすかほか 集英社

序盤で言えばミネルヴァの正体。この世界の真実をエマたちに伝えるヒントを与えた人物ながらも、その正体は不明な存在。

鬼の仲間なのか、エマたちを陥れる罠なのか、エマはGF農園の脱出を果たしたものの、ミネルヴァが敵か味方かこの時点でも分からなかった。

約ネバでは、このほか様々な伏線が存在します。約ネバが面白くないって人は、1巻だけ読んで見限ったか、伏線に気づいていないことが多い。

頭脳戦がスゴい漫画

約ネバでは、銃を使用したバトルもあるけど、それ以上に頭脳戦が面白い!とくにGFハウスでのママとエマたちの戦いは見もの!

ママに脱獄計画がバレてはいけない。だけど、脱獄に向けての準備も必要。しかも、エマは全員での脱獄を考えている。

中の人
普通に無謀です!

約束のネバーランド
出典:約束のネバーランド1 出水ぽすかほか 集英社

気づかれた・・・!?

この状況でどうやってママを欺くのか。頭脳戦は日常生活からはじまっていて、何気ない行動に、実は意味があったなんて驚きもあります。

魅力的なキャラクターたち

約ネバでは、登場キャラが多いことからキャラの魅力が出ていないなんて意見もあるけど、いやいや、魅力的なキャラはたくたんいます!

シスター・クローネ

約ネバ シスター・クローネ
出典:約束のネバーランド2 出水ぽすかほか 集英社

たとえばシスタークローネ。序盤において一番インパクトのあったキャラ。監視要員として増員されたクローネの顔芸は秀逸w

イザベラ

イザベラ
出典:約束のネバーランド 出水ぽすかほか 集英社

GFハウスのママとして、エマたちを監視していたイザベラの活躍も見ものの一つ。

エマたちの脱獄を阻止するために動く、いわば鬼側の人間だけど、彼女に中では複雑な思いが蠢いている複雑なキャラ。

エマたちがGFハウスから脱獄した責任を取り、鬼により処分されてしまうのか、イザベラの生死も気になるところです。

ピーター・ラートリー

ピーター
出典:約束のネバーランド 出水ぽすかほか 集英社

エマたちがいる世界のカギを握る人物として登場するピーター。彼は鬼側に属する人間としてエマたちと敵対します。

GF農園を脱出したエマたちの、新しい敵ともいうべき存在で、農園から逃げたエマを探し出し殺そうとする人間なんですよね。

GFハウスでは、人間の敵=鬼がいましたが、ストーリーが進んでいくと、人間すらも敵となり、エマたちにさらなる悲劇が待ち受けています。

少年漫画を超えるダークファンタジー

エマたちの最終的な目的は、鬼の世界からの脱出です。つまり、人間の世界へと行く方法を探す旅を描くのが約ネバのメインストーリー。

そこで待っているのは鬼との全面戦争、なのでグロさはあります。死体シーンだったり、暴力シーンだったり、修正なしにモロに描かれてます。

約ネバグロシーン
出典:約束のネバーランド 出水ぽすかほか 集英社

グロ・・・い

死と隣り合わせの緊張感がある一方で、怖くて読めないという人も一定数いるのも確か。とくに、食用児施設の描写は個人的にグロすぎでした。

ただ、ダークファンタジー、少年ジャンプで言えば呪術廻戦、HH、デスノートあたりが好きなら、おすすめしたい作品ですね。

グロいけど鬱展開では終わらない!

約ネバの魅力はたくさんありますが、ここでは5つのポイントで紹介してみました。死と隣り合わせの主人公たちの、生き残りをかけた戦い!

ストーリーは緊張の連続ですが、完結した今、最終回まで読むと、悲しい結末にはならないので、そこはご安心を。

グロさは確かにあるものの、そこが約ネバの魅力の一つでもあるから、たとえばアニメ全話を観れた人なら、漫画もおすすめです!

アマゾンプライム約束のネバーランド
スポンサーリンク

約ネバ・キャラ考察
エマ考察ノーマン考察レイ考察
エマノーマンレイ
フィル考察イザベラ考察約ネバ ムジカ
フィルイザベラムジカ
スポンサーリンク