本とサブカルを中心にたわいない日常をブンセキ

アナブレ

約ネバ

【約ネバ】ソンジュとムジカの謎?彼女たちの正体徹底考察!

約束のネバーランドの中でも謎が多いキャラとしてムジカソンジュがいます。エマとの最初の出会いはGFハウスから脱走したときのこと。

鬼に追われる中で、エマたちを助けたのがムジカとソンジュでした。ですが、ムジカの容姿はどうみても鬼です!

食用児を飼育している鬼たちと同じ種族!

なのに人間であるエマたちを助けていた。ストーリーが進むにつれて、ようやくムジカたちの存在が明らかになってきたので、ここで過去エピを振り返りながらまとめます!

ムジカ・ソンジュとの出会い

約束のネバーランド ソンジュとムジカ
出典:約束のネバーランド6 出水ぽすかほか 集英社

GFハウスから脱獄したエマたちを待ち受けていたのは、鬼による執拗な追手でした。エマたちを逃がすために一人囮(おとり)になったレイ。

危うく鬼に捕まるところを救ったのがソンジュと名乗る鬼でした。そして彼らのアジトである地下道にエマたちをかくまうことになる。

人間を食べないのは宗教上の理由

ムジカたちが人間を食べな買った理由は、宗教上の問題だと説明。信仰のために人間は食べないとソンジュは話していた。

ただ、今まで人間を食べていたかどうかは別の話。

ムジカは人間口にしたことはないと話していましたが、ソンジュは人間を食べたことがある。そして、人間をもう一度食べたいとも考えているようです。

鬼の中でも異端者

ソンジュのセリフから分かるのは、ソンジュもムジカも鬼の中では異端者であること。そして、恐らくその数も少数派と言ってもいいように思います。

エマを助けたソンジュとムジカですが、彼らの仲間といいますか、同じ信条のもと生きている鬼はどのくらい存在するのかも気になるところです。

農園の鬼からレイを助けたソンジュですが、とはいえ、ムジカとソンジュのセリフから農園を管理する鬼と、必ずしも敵対関係にあるとは言えない。

たとえばこのコマ。

約束のネバーランド ソンジュとムジカ
出典:約束のネバーランド6 出水ぽすかほか 集英社

脱走者を突き出せば半年は楽に暮らせると、農園からの通達を知っている様子。こうしたセリフは彼女らが市民に紛れて暮らしているようにも考察できます。

しかしソンジュはエマを分かれたあと追手を「邪魔者」として殺しています。つまるところ、敵対はしていないが仲間意識もない。

彼女たちの判断で味方にも敵にもなる。そして、今回エマを逃がしたことで、今後敵対する可能性はないのかなと当ブログでは考察。

なぜエマを助けようと思ったのか

そもそもの話、なぜムジカとソンジュはエマを助けたのか。ソンジュ曰く「興味を湧いたから」助けたと言っています。ようは興味本位です。

ですが、ムジカはペンダントを渡した上に「七つの壁」というヒントまで与えています。ソンジュもソンジュで追手を倒しています。

6日間を共に行動したことで情が芽生えたとも言えますが、エマたちが約束を壊してくれる人間だと期待したからでした。

約束のネバーランド ソンジュとムジカ
出典:約束のネバーランド6 出水ぽすかほか 集英社

約束を壊した後の世界についてはムジカとソンジュで意見が違っていたものの、エマにこの鬼の世界を壊してくれる人間だと思わせたのは明らかでした。

ムジカとレウウィスの関係性

ムジカについてはさらに謎が浮上しています。それは第93話「決着」(単行本11巻)の中で登場します。レウウィス戦でのこと。

約ネバ レウウィス考察
出典:約束のネバーランド11 出水ぽすかほか 集英社

レウウィスが倒れる直前、彼の記憶の中に突如としてムジカが登場します。レウウィスとムジカとはどこかで接点があるのでしょうか。

七つの壁のことを知っていたり、目の形をしたペンダントを持っていたりと、明らかにただの鬼ではないはずなのは確かといえそうです。

つづく

約ネバ・キャラ考察
エマ考察 ノーマン考察 レイ考察
エマ ノーマン レイ
フィル考察 イザベラ考察 フローネ考察
フィル イザベラ クローネ

Copyright© アナブレ , 2019 All Rights Reserved.