進撃の巨人

進撃の巨人135話 最終決戦!立ちはだかる始祖ユミルと九つの巨人

進撃の巨人135話ネタバレ考察

人類最後の砦となるスラトア要塞に迫るエレン率いる地鳴らしの前に、ようやく追いつくことができたアルミンたち!

中の人
前回のお話です

135話では、いよいよエレンとの直接対決!アルミンが考える作戦とは、武力行使なのか、対話なのか、それとも・・・

中の人
まずは135話のストーリーを振り返ります

獣の巨人の正体とジークらの居場所

骨だらけの進撃の巨人の上で戦うアルミンたち、彼らの前に出現したのは獣の巨人、だが、攻撃しても手応えが全くない。

獣の巨人の姿をした巨人、、、ジークは戦鎚の巨人継承者のように、結晶化して別のどこかに隠れているとアルミンは考えた。

ジークの居場所は不明、エレンも姿を見せない、さらに時間の猶予もない中で、アルミンはエレンと戦うことを決断する!

スポンサーリンク

アルミンの決断!

エレンらの居場所を見つけ出すために、アルミンは爆弾を使い、骨だらけの進撃の巨人を吹き飛ばす決断をする。

そんなアルミンの決断に、ミカサは戸惑い顔を歪めるものの、迷っている猶予は一刻たりともは残されていない。

何かを変えるには、何かを捨てなきゃいけない。かつてのエルヴィンから、上に立つ者は人間性をも捨て決断するときがくると悟っていたアルミン。

今がまさのそのとき!そして決断する。世界を救うため、この状況を変えるために。だが、そんなアルミンの前に始祖ユミルが現れる。

始祖ユミルとの戦い!?

敵はエレンだけではなかった。始祖ユミルはアルミンを拘束し、さらに複数体の巨人を出現させミカサたちを殺しにかかる!

しかもである、向ってくるのは歴代の九つの巨人たち。彼らに意志があるのかは不明、だが始祖ユミルの力ならそれも可能だ。

ここにきて絶望すぎる状況、ミカサたちは劣勢へと追い込まれていく、、、拘束されたアルミンを救う手立てもない。

絶望と希望

巨人化したピーク、そしてライナーによる善戦も虚しく、増えていく複数体の巨人の前に次々に倒れていく。

さらには、リヴァイ、ジャン、コニーと負傷していき、ミカサのみが戦えている状況に、勝機はもはやついえたと思ったそのとき、、、

飛行能力を獲得した顎の巨人(ファルコ)が援護に駆け付ける!巨人の背中にはアニの姿も、態勢を立て直し再戦へと挑む!戦いはまだ終わらない。

つづく

進撃の巨人135話深掘り考察

ここからは進撃の巨人135話の考察です。今回もいくつか気になるポイントがあったので整理していきます。

涙するベルトルトの意味

まずはベルトルトの描写です。始祖ユミルにより出現した超大型巨人。出現する前に、アルミンはベルトルトが涙する姿を脳裏に見ます。

ベルトルトの涙
出典:進撃の巨人135話 諫山創 講談社

ベルトルトの能力を継承したアルミンは、道を通じてベルトルトの意識が流れ込んできたように思えますが、問題はそこじゃない。

問題はベルトルトが涙していたこと。アルミンたちの前に現れた歴代の九つの巨人、ピークの話では彼らに意識があるか不明な状況です。

歴代継承者の意志
出典:進撃の巨人135話 諫山創 講談社

けど、ベルトルトは涙を流していた、、、ということは、巨人たちの中に少なからず意志が残っているのかもしれない。

中の人
そしてベルトルトは戦いたくなかったってことなのか?

85話と同じ現象?

ただ、進撃の巨人を除き能力継承者は過去の継承者の記憶しか見れない。なので、135話のベルトルトは過去の記憶なのだろうか。

そして、アルミンは過去に135話に登場したような描写を見ています。超大型巨人の能力を継承して間もない頃のことです。

アルミンの夢
出典:進撃の巨人85話 諫山創 講談社

85話でアルミンの前(頭の中)に現れた超大型巨人。さらにこのとき、135話と同じように右目から涙を浮かべいました。

ただ、85話と酷似した描写とはいえ、何を意味すのかは分からない。そして、もしピークが言うように歴代巨人に意識があるなら。

ベルトルトの意識が道を通じてアルミンに流れ込んできた可能性はありそうです。個人的には歴代の巨人には意識が宿っているのではと思ってます。

始祖ユミルと三匹のブタ

135話の一ページに描かれていた始祖ユミルが豚を囲っている柵を開けている姿、かなり意味深なページでしたよね。

中の人
始祖ユミルとブタ

これについては122話でのユミルの回想が参考になります。ユミルが巨人能力を獲得した経緯、その回想が描かれているのが122話です。

始祖ユミル
出典:進撃の巨人30巻 諫山創 講談社

このときユミルは「豚を逃がした罪」を背負わされます。けど今話より、実は豚を逃がしたのがユミルであることが判明します。

あのとき、周りから罪をなすりつけられたんじゃなく、本当に豚を逃がしていた。問題はなぜそんなことをしたのか、真意は不明です。

メタファーとしてのブタさん

一応メタファーとして考えてみると、あのブタの所有権はエルディア人にあります。ブタを逃がす行為は自由にさせる行為です。

始祖ユミルの行動は自由を望む行為です。ブタを奴隷やエルディア人に、ブタの所有者をマーレ人としてもいいかもしれない。

中の人
あとは柵を壁やエルディア人の収容所と考えてもいいかも(ほかにもいろいろ当てはまりそう)

不気味な始祖ユミルたん

始祖ユミルがブタを逃がした意図については結局のところよく分からない。あのとき見せた表情も意味深すぎます。

ネットでたまに見かけるラスボスが始祖ユミル説ってのも、なんだかアリそうな予感がするくらい一気に謎が深まりました。

始祖ユミルはエレンの指示とは無関係に、自身の意志でアルミンたちと戦っているように見えます。アルミンもそう考えていた。

進撃の巨人131話考察
出典:進撃の巨人131話 諫山創 講談社

さらに、始祖ユミルの意味深なコマはこれまでにもあります。131話での少年ラムジーが圧死する直前に始祖ユミルの姿が描が。

なぜあのとき始祖ユミルがいたのかは不明のままです。ラストにむけ重要な存在なのは確か(少なくとも気になる伏線はある)。

中の人
ほかにも奴隷時代と同じく目が描かれてないとか

進撃の巨人135話みんなの感想・考察

SNSの135話に関する意見・考察を紹介。主に始祖ユミルがなぜブタを逃がしたのかに関するツイートメインで紹介します!

中の人
ふむふむ

中の人
自由の代償かぁ

中の人
ブタ=エレンってこと?

中の人
たしかに似てるね

進撃の巨人135話まとめ&136話予想

135話まとめ

  • アルミンたちを襲う複数の巨人
  • 始祖ユミルが敵として登場?
  • エレンの居場所不明、劣勢の人類
  • ファルコの援護で一時撤退

始祖ユミルはエルディア人の奴隷となり、自分の意志はないと思ってたけど、ブタを逃がす行為に彼女の意志が見て取れます。

中の人
ブタ逃がす=自分の判断で行動=意志がある

そして、その行動には「自由」にさせたい気持ちが感じられます。この気持ちはエレンと通じるところがあるようにも思えます。

つづく

進撃の巨人最新話
別マガ9月号別マガ10月号別マガ11月号
131話132話133話
別マガ12月号別マガ1月号別マガ2月号
134話135話136話
進撃の巨人最新巻
進撃の巨人32巻収録
130話129話128話
127話
進撃の巨人31巻収録
126話125話124話
123話
進撃の巨人考察一覧
進撃の巨人 ミカサ進撃の巨人 サシャ進撃の巨人 アニ
ミカササシャアニ
進撃の巨人 ライナー進撃の巨人 ベルトルト
ライナーベルトルト超大型巨人



-進撃の巨人

© 2021 アナブレ