進撃の巨人

進撃の巨人130話 世界連合全滅?進撃する地鳴らしとエレンの想い

進撃の巨人130話ネタバレ考察

イェーガー派との、仲間との壮絶すぎた戦いに勝利し、船でパラディ島を脱出、向かう先はマーレ大陸のオディハ。

中の人
前回のあらすじ

オディハには、アズマビト家の格納庫があり、そこで飛行艇を整備し、そこから進撃真っ最中のエレンを探し、止める、、てか止められるのか?

中の人
130話のストーリーおさらい!

絶望するアニは戦意を喪失する

ハンジさんからすでに地鳴りはマーレ大陸に到達してしていること、半日もすればアニの故郷レベリオにも達することを明かされる。

中の人
絶望するアニ

故郷を、父親との再会を果たすためハンジらに協力していたアニは目的を失う。床に崩れ落ち、脳裏に浮かぶのは父親の顔・・・

「私は降りる」

その言葉にハンジは説得を試みる。そして、話はまたもや世界を救うためにエレンを殺すことができるか否かを問うアニだった。

スポンサーリンク

世界をさら地にするエレンの感情

地鳴りを発動してからエレン描写は描かれてこなかった。エレンは何を思い世界を敵にする決意に至ったのか。

進撃の巨人130話ネタバレ感想
出典:進撃の巨人130話 諫山創 講談社

断片的な記憶からエレンが地鳴りを決意した道のりが描かれていきます。ィェレナ、ジークとの密会、ジークに協力するフリをして近づいたこと。

フロックやヒストリアとの断片的な記憶、「すべてはオレが望んだこと」「すべてはこの先にある」というエレン。

彼が見た未来にはなにが待ち受けているのか、今までの行動、そして地鳴り発動も、すべてはこの先にあるものを実現するため。

中の人
そして常にエレンの中にあったのは仲間への想いでした

vs世界連合艦隊

タイバー家当主ヴィリーの死をもって世界に宣戦布告したエレン、これをきっかけにマーレと他国が一丸となり世界が一つになった。

地鳴りの進行先に待ち受けていたのは、世界連合艦隊。人類の英知を終結させた戦艦をもって、エレンを迎え撃つ。

進撃の巨人130話ネタバレ感想
出典:進撃の巨人130話 諫山創 講談社

!!?

海を泳ぐことで大砲被弾を回避、次々に戦艦を破壊していく超大型巨人の群れ。世界連合の戦力をあっさり無効化してしまう。

世界オワタ\(^o^)/

世界艦隊を全滅させたエレンはマーレ大陸への上陸を果たし、人類は殲滅されていく。エレンに対抗しうる戦力はもうないのか?

進撃の巨人130話深掘り考察

ここからは進撃の巨人130話の考察です。今回もいくつか気になるポイントがあったので整理していきます。

ミカサの頭痛の正体

112話でのエレン、ミカサ、アルミンの円卓会議で、ミカサに流れているアッカーマンの特徴について話していました。

  • 人間の状態で巨人能力使える
  • 条件を満たすと能力が開花する
  • 宿主と認識した相手に尽くす
  • 力に目覚めると頭痛に悩まされる

エレンがミカサに話していたアッカーマン情報がウソだったことが判明。ただし、ウソ情報はすべてではなく一部。

  • 人間の状態で巨人能力使える⇒ホント
  • 条件を満たすと能力が開花する⇒ホント
  • 宿主と認識した相手に尽くす⇒ウソ
  • 力に目覚めると頭痛に悩まされる⇒ウソ

進撃の巨人130話ネタバレ考察
出典:進撃の巨人130話 諫山創 講談社

ジークの話によれば、アッカーマンが能力を開花すると、突発的な頭痛は起こることはない、また、宿主を決め忠誠を尽くす行動もしない。

ミカサがエレンに向ける視線は恋愛感情です。ただ頭痛もウソであるなら、ミカサの頭痛の謎が改めて浮上します。

しかも、頭痛はこれまでたびたび描かれていて、ラストに向けてなにか重要なカギになってくるのかもしれない。

世界敗北確定?

世界連合艦隊のあっけない全滅。130話のタイトル「夜明け」ってのは、人類滅亡の夜明けって意味だったのか。

地鳴らしと世界連合が接触したとき、ちょうど太陽が地平線から上る、まさに「夜明け」でした。そうなるとタイトルがとても意味深です。

このまま地鳴りが進めば世界滅亡ルートです。つまり、130話タイトルの「人類」とは連合軍ではなくエルディア人を指しているのか?

エレン交渉のためのシナリオ?

うがった見方をすれば、世界連合は早々に退場して、残りの話数でハンジたちとエレンの交渉回に充てる構成とも推測できます。

となると、エレンとハンジたちの接触は確実といえそうで、エレンを止めるためにどんな判断を下すのか気になってくる。

単行本31巻の表紙が暗示しているように、ミカサはじめエレンと戦うことになるのかも、、、しれないし、違うシナリオになるかもしれない。

中の人
いずれにせよミカサがキーパーソンになってきそう

進撃の巨人130話みんなの感想・考察

SNSの130話に関する意見・考察を紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

中の人
始祖ユミルの回想で飼育されてるブタ確かに描かれてた(なるほど

中の人
ヒストリア妊娠偽装説か、二人の会話はたしかに噛み合わっていなかった

中の人
ファルコ⇒鳥⇒巨人能力?

中の人
ヒストリアの赤ちゃんの父親エレン説

進撃の巨人130話まとめ&131話予想

130話まとめ

  • アニの戦意喪失
  • エレンのこれまでの行動が判明
  • 世界連合艦隊あっけなく全滅
  • マーレ上陸!進撃するエレン

地鳴り発動後、エレンの姿がようやく明らかになりました。超大型巨人より何倍もの大きさ、脂肪や筋肉はなく骨だけの姿。

今のエレンは巨人というかバケモノです。なぜあんな姿になっているかは不明、ジークも取り込まれてる可能性も残っています。

エレンは始祖の巨人を開放したけど、その後ライナーやアニは普通に巨人化してたし、座標の状況も気になるところ。

つづく

スポンサーリンク
進撃の巨人最新話
別マガ1月号別マガ2月号別マガ3月号
135話136話137話
別マガ4月号別マガ5月号
138話最終話
進撃の巨人最新巻
進撃の巨人33巻収録
131話132話133話
134話
進撃の巨人32巻収録
130話129話128話
127話
進撃の巨人考察一覧
進撃の巨人 ミカサ進撃の巨人 サシャ進撃の巨人 アニ
ミカササシャアニ
進撃の巨人 ライナー進撃の巨人 ベルトルト
ライナーベルトルト超大型巨人
スポンサーリンク