進撃の巨人

進撃の巨人129話 尊き犠牲!イェーガー派との殺し合い不可避!

進撃の巨人129話ネタバレ感想

同じ血筋同士の殺し合い、世界を救うためには避けるという選択肢はなかった。コニーは自らの手で同期に発砲、殺してしまった。

前回のストーリーです

イェーガー派との武力による応戦は激しさを増していきます。躊躇していたら自分たちが殺され、世界は完全なるさら地と化してしまう。

始祖の巨人を、エレンを止めるために、マーレ軍とともにフロック率いるかつての仲間との殺し合いの結末はどうなったのか。

129話はそんなお話。

激戦

ジャンたちは飛行艇を奪取するためにイェーガー派とのさらなる激戦へと突入。アニとライナーは巨人化し、敵を次々に叩き落としていく。

戦況は一喜一憂、すぐにでも港を離れたいもののここにきて問題が発生。ここだと飛行艇の整備に早くても半日はかかるという。

な・・・なんだって!?

ハンジさんの予想では大陸さら地日数は4日ほど!飛行艇を整備し、地鳴りに追いつき、さらにはエレンを探し説得、時間がかかりすぎる!

スポンサーリンク

キヨミの提案で行先決定!

飛行艇の整備に時間がかかるなら、飛行艇ではなく船でひとまずマーレ大陸に向かうことを提案するアズマビト家のキヨミさん。

進撃の巨人129話ネタバレ感想
出典:進撃の巨人129話 諫山創 講談社

キヨミ氏の提案は次の通り。

  • マーレ海岸都市オディハを目指す
  • 飛行艇をけん引し船ですぐに出発
  • オディハにはアズマビト家所有格納庫ある
  • 格納庫で飛行艇整備しエレン探す

イェーガー派と戦いなら整備するにも限界があるため、ジャンらはキヨミさんの提案を受け入れ、まずはオディハを目指すことに決めた!

フロックとの最終決戦!

かくして、飛行艇から船での脱出へと作戦は変更。一秒たりとも時間はムダにできない状況で、オディはへと目的地は設定され準備を急ぐ!

イェーガー派との最終決戦!

巨人の善戦でなんとか凌げているものの、敵の多さに苦戦。さらに敵が船へと乗り込む姿をみたフロックは船での逃亡に気づいてしまう。

「狙うは船だ!」
「何としても船を破壊しろ!!」
「ありったけの雷槍を持ってこい!!!」

フロックは部下を鼓舞しここで裏切り者を殺さなければ、パラディ島は沈む!と言い放つ。同期による戦いは、さらに激化していく。

フロックの最期?脱出する船

巨人やミカサたちによりイェーガー派から船を守るものの、一瞬のスキを通りぬけフロックが船を攻撃しようと雷槍の引金を引いたとき!

進撃の巨人129話ネタバレ感想
出典:進撃の巨人129話 諫山創 講談社

ドンツッ!!!!!

ガビの銃弾がフロックを直撃、そのまま海へと落下していく。安否は不明、これをきかっけにイェーガー派の連携が崩れると同時に船の準備完了!

港を脱出することに成功する。

しかし、船に乗らなかった人物が一人、マガト元帥だ。追ってくるイェーガー派を食い止めるため命を犠牲に港に残ることを決意、そして。

進撃の巨人129話深掘り考察

ここからは進撃の巨人129話の考察です。今回もいくつか気になるポイントがあったので整理していきます。

監視塔の人影の正体

進撃の巨人126話 ネタバレ考察
出典:進撃の巨人126話 諫山創 講談社

126話で支部塔の窓に映っていた謎の人影。いろんな説が浮上してたけど、結局はこの人物はキース教官でした。

125話では、キース教官を支持する兵士もいて、彼らに対して「いつか立ち上げるべき日が来る!」と話してした。

そんなときに、たまたま教え子たちがイェーガー派と対立する姿を見て、彼もまた奮起し助ける決意をしたんだろうか。

ガビに向けるマガトの態度

進撃の巨人129話ネタバレ考察

出典:進撃の巨人127話 諫山創 講談社

127話あたりからでしょうか、マガト元帥がガビを気にしている様子が何度か描かれていて、とっても気になるコマでした。

マガトのあの態度が今話につながってたのか

マーレの戦士に育ててきた自身の愚かしさに気づいたマガトは、ガビの姿を見るたびに「普通に生きてほしかった」と後悔を募らせていたようです。

イェーガー派の追撃を阻止するために自らが犠牲になったのも、これまでの自分がしてきたことへの懺悔、償いからくる行動だったのでしょうか。

フロックは死んだのか?

海へと落ちたフロックのその後の姿が描かれてないのは気になるところです。ガビによって銃弾をくらったことで態勢が崩れたように見えた。

進撃の巨人129話ネタバレ感想
出典:進撃の巨人129話 諫山創 講談社

ただ、雷槍も同時に撃ってます。雷槍はある程度改良されたとはいえ、発射時の威力は相当なもの、ガビの銃弾が爆風で弱まった可能性もありそう。

リヴァイがイェーガー派に撃たれたとき、その後の安否が不明だったけど、死体が描かれていないという理由から生存説はネットでも有力だった。

そう考えると、フロックの死体が描かれていないってことは、再登場の可能性は無きにしも非ず。死亡確定はまだ早いかもね。

進撃の巨人129話みんなの感想・考察

SNSの129話に関する意見・考察を紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

飛ぶ...のか?

残り5%ってことは10話は確実に切ってるよね

どうなんだろう

少なくとも死体は描かれてない

進撃の巨人129話まとめ&130話予想

129話まとめ

  • イェーガー派との殺し合い
  • 地鳴しは四日ですべてが更地に
  • キヨミの提案でオディハへ
  • 半日内での飛行艇の整備完了目指す
  • 船を守るためマガト・キース自爆

仲間同士の殺戮と二人の犠牲によってパラディ島をようやく脱出できたジャンたち、次の目的地はオディアへいき飛行艇の整備をすること。

ようやく地鳴らしを止めるために動き出した感じだけど、エレンがどこにいるかも不明な状況な上に、時間の猶予は半日しかありません。

これ、どうなっちゃうの?

知りません。ですが、ギリギリの時間を考えるとレベリアが更地になる可能性が高く、そうなった場合アニの行動が予測不能です。

エレンとは対話を望むミカサたちだけど、イェーガー派との戦いが象徴するように、明らかに対話は無理っぽい気がする。

つづく

進撃の巨人最新話
別マガ4月号 別マガ5月号 別マガ6.7月号
127話 128話 129話
別マガ8月号 別マガ9月号   
130話  131話  
進撃の巨人最新巻
進撃の巨人31巻収録
126話 125話 124話
123話 122話 121話
進撃の巨人考察一覧
進撃の巨人 ミカサ 進撃の巨人 サシャ 進撃の巨人 アニ
ミカサ サシャ アニ
進撃の巨人 ライナー 進撃の巨人 ベルトルト
ライナー ベルトルト 超大型巨人



-進撃の巨人

© 2020 アナブレ