進撃の巨人

進撃の巨人138話ネタバレ考察 自由を求めたエレン!長い夢の結末

進撃の巨人138話ネタバレ考察

ジークの協力により、座標から舞い戻ってきたアルミンは、エレンを殺す決意を胸に、巨人化に伴う爆発を引き起こした!

中の人
その結果は...

138話では、爆発後の様子が明らかに。地鳴らしは停止したようですが、エレンや光るムカデの生存はどうなったのか?

中の人
まずは進撃の巨人138話のストーリーを振り返ります

止まる地鳴らし

爆発でバラバラになった超大型巨人の残骸、地鳴らしが止まったことで、エレンは死んだのかと様子をうかがうジャンたち。

戦いは終わった??

状況が呑み込めないながらも、ガビやピーク、ファルコらの両親が子供たちに気づき、涙の再開を果たしていく。

俺たちは間違ってなかった・・・仲間の両親との再会を見守るジャンたちは、自分たちの決断が間違っていなかったと思うのであった。

スポンサーリンク

終わらない決着

爆発による煙が飛散し、周囲の様子が確認できるようになったとき、この戦いがまだ終わってないことを知る。

あの爆発でも死ななかった光るムカデ、そして、エレンもまた生きていた。「やはりな」とジャンは呟き、最後の戦いへと挑む。

最悪の状況はエレンと光るムカデとの接触。地鳴らしが再び動き出す可能性がある、、、エレンを確実に殺さなければならない。

光るムカデの非道な攻撃

そんな状況で光るムカデが動きを見せる。体内から不気味な煙が放出される。あれは・・・ラガゴ村での村人喪失事件と同じもの?

煙を吸ったエルディア人が強制的に無垢の巨人となる、、、まさか、だが、次の瞬間、地鳴らしを逃れたエルディア人が次々と巨人化していった。

なんとしても光るムカデをブチ殺す!ライナー、アニ、ピークは激しい怒りとともに光るムカデに戦いを挑む!

もう一つの世界線?

エレンと戦うのはアルミン。ミカサやリヴァイたちも援護する。だが、このタイミングで激しい頭痛に襲われるミカサ。

エレンを殺すことに激しい葛藤があるミカサは、夢か幻か、突然、別の世界線の光景が脳裏に浮かぶのであった。

この世界ではエレンとミカサが平穏な暮らしをしていた。マーレはじめ世界との戦争をエレンが放棄した世界線だ。

この世界のエレンは、残りの人生をミカサと共に過ごす選択をし、オレが死んだら忘れてくれと伝えるのであった。

エレンとミカサ

現実に戻ったミカサは「ごめん」と言い放ちエレンを倒す決意をする。エレンを止めるのは私しかいないから。

激しい頭痛は収まっていた。アルミンやリヴァイの援護で超大型巨人の口内に侵入したミカサは、エレンを見つけた!

そして、一太刀でエレンの首を切り落とし、その頭部を優しく抱きよせキスをするのであった。さようなら、エレン。

次回最終回!

進撃の巨人138話深掘り考察

ここからは進撃の巨人138話の考察です。今回もいくつか気になるポイントがあったので整理していきます。

アニパパの安否

アニパパの生存
出典:進撃の巨人138話 諫山創 講談社

最終回を前にして、アニパパの生存が判明です!マーレ兵士と対立する場面が136話で描かれていました。

さすがにあと数話でラスト、しかも地鳴らしが迫ってるときに、殺し合いの展開はさすがに考えにくかったですからね。

とはいえ、ようやくアニと再会できたのに、巨人化させられてしまうなんて、、、アルミンが言ってたように「地獄」だよ。

第一話のセリフ

進撃の巨人138話ミカサのセリフ
出典:進撃の巨人138話 諫山創 講談社

進撃の巨人第一話での、巨木の下での幼きエレンとミカサの会話。この場面の伏線が138話で回収されました。

ミカサのセリフ
出典:進撃の巨人1話 諫山創 講談社
ミカサ「いってらっしゃい」

いってらっしゃいエレン、マフラーを巻くミカサがエレンに呼びかける場面、この場面をエレンは第一話で見ていたのでしょうか。

そして、第138話のタイトル「長い夢」についても、第一話の中でエレンのセリフの中に登場していました。

エレンのセリフ
出典:進撃の巨人1話 諫山創 講談社

ミカサに起こされ眠け眼で目覚めたエレン、ことのとき「すっげー長い夢を見ていた気がする」と言うセリフが。

タイトルからも第一話でエレンが見ていた「夢」の正体とは、138話のあの場面だったのは間違いなさそうです。

エレンが見た景色(未来)とは?

エレンが見た未来
出典:進撃の巨人30巻 諫山創 講談社

ミカサにより首を斬られたエレン、光るムカデとの接触がなければ復活の可能性は低い、つまりエレンは今話で死亡したことになります。

となると、エレンが見た「未来の景色」はなんだったのか。個人的には地鳴らし後の更地となった世界と思ってました。

けど、進撃の巨人最後の継承者はエレンなので、138話以前の中でエレンが見れた「未来の景色」が存在するはずです。

マーレ大陸を数多の超大型巨人が進行する場面を垣間見ていたのか、それとも、最終回においてまだなにかどんでん返しが待ってるのか?

微笑む始祖ユミルの意図とは?

始祖ユミルの言動については前回137話でも触れましたが、138話を読んでもまだしっくりいきません。

ただ、ラストコマでエレンとミカサのキスを微笑みながら見つめる始祖ユミルの姿があり、次回なんらかの形で動きしそうな予感。

始祖ユミルが望むのが「愛」の可能性は以前も指摘したけど、ミカサとエレンのキスシーンも「愛」の象徴といえば象徴ですよね。

中の人
とはいえ生首にキスする場面は愛の象徴だけど、明らかに偏った愛ですw

進撃の巨人138話みんなの感想・考察

SNSの138話に関する意見・考察を紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

中の人
エレンがミカサに強く当たっていたのはフラグだったのかな?

中の人
うーむ

中の人
始祖ユミルの言動いまだよー分からないよねw

中の人
ミカサ外伝にそんなストーリーがあるのか

進撃の巨人138話まとめ&139話予想

138話まとめ

  • アルミンの爆発で地鳴らし停止
  • 家族の再会に喜ぶガビたち
  • 光るムカデ・エレン生きてた
  • エレンとアルミンらの最後の戦い
  • ミカサに首はねられエレン死亡か

進撃の巨人も次回でラストを迎えます。エレンが殺されてしまったけど、一つ気がかりなのがエレンの意志です。

自由を知りたかったのは分かるけど、エレン自身から語られるセリフが一切ないまま、このまま退場してしまうのか。

中の人
地鳴発動後からのエレン描写はほぼなかったからね

そして、残る光るムカデとの戦い、そして、始祖ユミルの存在も気になります。どんなラストを迎えるのでしょうかね。

つづく

スポンサーリンク
進撃の巨人最新話
別マガ1月号別マガ2月号別マガ3月号
135話136話137話
別マガ4月号別マガ5月号
138話最終話
進撃の巨人最新巻
進撃の巨人33巻収録
131話132話133話
134話
進撃の巨人32巻収録
130話129話128話
127話
進撃の巨人考察一覧
進撃の巨人 ミカサ進撃の巨人 サシャ進撃の巨人 アニ
ミカササシャアニ
進撃の巨人 ライナー進撃の巨人 ベルトルト
ライナーベルトルト超大型巨人
スポンサーリンク