進撃の巨人

進撃の巨人139話ネタバレ考察 ユミルの本心とエレンが望むラスト

進撃の巨人139話ネタバレ考察

11年7ヶ月に及ぶ進撃の巨人の連載(別冊少年マガジン)も139話「あの丘の木に向かって」にて最終回を迎えました(涙。

進撃の巨人の一つのテーマとは「自由」。終盤にかけて度々描かれるようになった鳥の描写は、まさに自由の象徴でした。

そして、、、ラストで描かれていたコマにも、空へと羽ばたく鳥の羽が描かれており、すべてを物語っていました。

中の人
まずは進撃の巨人139話のストーリーを振り返ります

アルミンの記憶

ミカサによってエレンが殺されたことで、これまでエレンの能力で一時的に封じ込められていた記憶が蘇っていく・・・

飛行艇を求めオディハへと向かう船の中で、アルミンを座標へと誘ったエレン、このときエレンはアルミンに最後のお別れを言っていた。

エレンが地鳴りを発動させ人類をせん滅しようとした理由、そのすべては、仲間のためだったことが打ち明けられる。

ミカサたちを突き放したのも演技、人類を滅ぼそうとするエレンをミカサたちが倒すことで「人類を救った英雄」にしたかったのだ!

中の人
エルディア人でありながら世界から尊敬されていたタイバー家のように
スポンサーリンク

始祖ユミルの想い

だが、よく分らないのが始祖ユミルの想いだ。妻とは名ばかりの、奴隷同然の扱いをされてもなお、フリッツ王に従順し続けたユミル。

エレンは道を通じて、始祖ユミルの心の内を覗いていた。そこで分かったのが、フリッツ王に向ける愛だった。

自由を願いながらも愛の呪縛ににより、フリッツ王に逆らえなかった始祖ユミル。だが、彼女は愛の呪縛から解放されたいとも望んでいた。

そのとき現れたのがミカサ。ミカサこそが、愛の呪縛から解き放ち自由を与えてくれる存在だと確信したのであった。

エレンの使命とラスト

エレンが仲間と決別し地鳴らしを発動させてしまったのも、すべてはミカサの選択がもたらす結果へと導くためでした。

ミカサの選択とは、すべてのエルディア人から巨人の力を消し去ること。エレンが勲章授与式で視た未来とはこのことでした。

中の人
そして未来は現実に

エレンを殺す選択をしたミカサによって地鳴らしは停止し、すべてのエルディア人から巨人の能力が消え去った。

月日は流れ・・・

地鳴らしから三年後、世界の火種は相変わらず絶えてはいない。パラディ島は、世界の報復に備え軍を結成し軍備増強に力を入れている。

だが、一方でアルミンたちは世界との和平に向けて尽力を尽くしていた。なぜなら、平和こそがエルディア人が進むべき道だと知っているから。

そして、、、ミカサといえば、エレンの頭部を故郷のシガンシナ区へと持ち帰り、あの丘の木の下に埋葬するのであった。

オワリ

進撃の巨人139話深掘り考察

ここからは進撃の巨人139話の考察です。今回もいくつか気になるポイントがあったので整理していきます。

始祖ユミルの本心

138話でみせた始祖ユミルちゃんの笑顔。あんな穏やかな笑顔で、ミカサと首だけエレンを見守っていた理由が最終回にてよーやく分かりました。

そもそもです!

始祖ユミルの行動は意味深でした。豚の柵を開放するかと思えば、フリッツ王に従属し続けるとか、彼女の行動と感情が繋がらなかった。

始祖ユミルが自由を求めていたのは確かです。豚を柵から逃がしたのは紛れもなく「自由」の比喩ですからね。

始祖ユミルと豚
出典:進撃の巨人135話 諫山創 講談社

その一方で、巨人の力を入れたにもかかわず、自由を選ばずフリッツ王に従属し続けたのは愛が勝っていたからでした。

始祖ユミルの本心
出典:進撃の巨人139話 諫山創 講談社

故郷を燃やされ、舌を抜かれ、奴隷にされた相手に対して、なぜ自由を捨てるのほど愛情が芽生えたのかがは不明です。

中の人
エレンも理由は分からないと言っており、少しモヤモヤ

ともかく、始祖ユミルはフリッツ王への愛の呪縛により、自由を望みながらも自由になれなかったというのが彼女の心の内でした。

ミカサのおかげで愛の呪縛から解放された始祖ユミルは、ようやく自由を手に入れることができ、巨人の力が消え去ったという流れでした。

エレンの本心と未来の姿

仲間を裏切り地鳴らしを発動させ人類をせん滅しようとしたエレンの本当の気持ちも最終回にて明らかになりました。

エレンの目的
出典:進撃の巨人122話 諫山創 講談社

エレンが望むのは、ミカサはじめパラディ島の仲間たちが安心して暮らせる世界。これはエレンが一貫して主張していた目的でした。

とはいえです!

エレンのミカサへの気持ち
出典:進撃の巨人112話 諫山創 講談社

112話では、ミカサに対して「嫌い」と伝える場面もあり、仲間を救いたいエレンがどうしてあんな態度をしたのか疑問でした。

中の人
ほかにもどうしてコニーママを人間の戻さないんだ!とかありましたよね

が、これもエレンが視た未来に関係していました。仲間を救うためには、自分(エレン)を嫌うように仕向ける必要があったんですね。

未来のために母親をも殺した

最終回で明らかになった衝撃の事実。シガンシナ区の壁が破壊されたとき、人間に戻ったベルトルトに巨人が襲わせないようにしたのはエレンでした。

そして、ベルトルトを無視させた巨人が襲ったのがカルラ、エレンの母親でした。カルラに誘導させたのはエレンだった。

ミカサの気持ちが気になりすぎるエレン

ラストでエレンのミカサへの気持ちがセリフとして明らかになりますが、言葉にしなくてもエレンはミカサを意識していましたよね。

ミカサの想い
出典:進撃の巨人130話 諫山創 講談社

お兄さんにミカサの好意の正体を聞く場面。エレンは平静を装っているけど、最終回でみせたエレンからして、内心バクバクものに違いないw

エレンがこの質問をするきっかけになったであろうイベントがあります。それは、マーレに潜伏調査のときです(123話)。

このときエレンは「オレはお前の何だ?」とドストレートな質問をしますが、ミカサは恥ずかしさのあまり「家族」と答えてしまう。

どうやら、これがエレンの心に引っかかっていたようです。エレンの本心を知れば、いかにミカサのことが好きだったのかが分かります。

結局、エレンはミカサが大大大好きだけど、未来のことを考えると、本当の気持ちは言えないし、優しくもできなかった。

中の人
好きだけど言えない、けど、気になる存在、というループがエレンの心に渦巻いていた

ミカサはマフラーを巻いてもらう

アルミンとエレンのやり取りからして、エレンはミカサとのお別れ挨拶で、自分の気持ちは言わなかった(言えなかった)と思います。

でも、エレンが仲間たちのために自己犠牲の道を進み続けたことを知ったから、ミカサの表情が優しかったんだと思ってます。

そして、ラストでのミカサのマフラーを鳥が啄(ついば)む場面で、ミカサは鳥をエレンに重ね合わせていました。

エレンのセリフ
出典:進撃の巨人12巻 諫山創 講談社

これは、50話での「何度でも巻いてやる」というエレンのあの場面にかかっているセリフで、キレイな終わり方でした。

でも、ミカサは多分、いや、きっとエレンのことを忘れることはできないんだろうなと思えた場面でもあった(悲しい。

進撃の巨人139話みんなの感想・考察

SNSの139話に関する意見・考察を紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

中の人
なるほど

中の人
悲しい

中の人
多分言えなかったと思う

中の人
辛すぎる

進撃の巨人最終回まとめ

2018年放送の情熱大陸で明らかになっらラストコマ、赤ん坊を抱きかかえている人物の後ろ姿、結果的に違うものでした。

中の人
ただ、ラストではなかったけど作中にて似た構図が描かれていました

真のラストコマでは、故郷に戻ったミカサが「エレン、マフラー巻いてくれてありがとう」というセリフで最終回を迎えます。

鳥=エレン、自由を求め続けたエレンが願っていたことが叶ったっていう意味も含まれているのかもしれない。

スポンサーリンク
進撃の巨人最新話
別マガ1月号別マガ2月号別マガ3月号
135話136話137話
別マガ4月号別マガ5月号
138話最終話
進撃の巨人最新巻
進撃の巨人33巻収録
131話132話133話
134話
進撃の巨人32巻収録
130話129話128話
127話
進撃の巨人考察一覧
進撃の巨人 ミカサ進撃の巨人 サシャ進撃の巨人 アニ
ミカササシャアニ
進撃の巨人 ライナー進撃の巨人 ベルトルト
ライナーベルトルト超大型巨人
スポンサーリンク

© 2021 アナブレ