H×H考察 暗黒大陸編「王位継承戦」の設定と流れまとめ

暗黒大陸編が絶賛連載中のハンタ、現在は「王位継承戦」がメインですが、王子たちのやり取りが複雑すぎて分からない。単行本35巻を読むのに半日を費やしてしまった。

ん~、文字多い、設定多い、登場人物多い、と思ってしまったので、ここでザックリと王位継承戦の流れや設定をまとめていこうと思います。

ハンタは面白い、けど今編は複雑すぎて・・・押さえておかなきゃ設定が多いのは確かですが、その先に待っている「面白さ」を味わうために、一読ヨロシク。

大まかな流れを確認

BW号内でおこなわれている王位継承戦、まずは大まかな流れを確認していきます!

ちなみに、ビヨンドとハンタ協会の駆け引きは、なんだかんだあって、カキン国はV6のメンバーに加入。V5のサポートのもと、カキン国の暗黒大陸渡航が実現している。

H×H用語:V5(V6)
ベゲロセ連合国、サヘルタ合衆国、オチマ連邦、ミンボ共和国、クカンユ王国の近代5大陸の通称。暗黒大陸渡航をきっかけにカキン帝国が加わったことで、現在はV6と呼ばれている

BW王内ではじまる王位継承戦

カキン国の政治的策略によって暗黒大陸渡航が実現したことで、カキン国、ビヨンド、ハンター協会に関わるそれぞれがBW(ブラックホエール)号に乗り込むこになった。

そこで行われたのがカキン国の次期国王を決める王位継承戦。生き残った一名が正式な王位継承者とする殺し合い。

王子は全部で14人

王子の名前も重要だが、それだけでなく「母親は誰か」にも注目すると、さらにストーリーが面白くなるゾ!

  • 第1王子ベンジャミン(母 ウンマ)
  • 第2王子カミーラ(母 ドゥアズル)
  • 第3王子チョウライ(母 トウチョウレイ)
  • 第4王子チェリードニヒ(母 ウンマ)
  • 第5王子ツベッパ(母 ドゥアズル)
  • 第6王子タイソン(母 カットローノ)
  • 第7王子ルズールス(母 ドゥアズル)
  • 第8王子サレサレ(母 スィンコスィンコ)
  • 第9王子ハルケンブルグ(母 ドゥアズル)
  • 第10王子カチョウ(母 セイコ)
  • 第11王子フウゲツ(母 セイコ)
  • 第12王子モモゼ(母 セヴァンチ)
  • 第13王子マラヤーム(母 セヴァンチ)
  • 第14王子ワプル(母 オイト)

王子、そしてその母親を合わせて22人、これだけでも多い登場人物を頭に入れなきゃならない。さらに鬼畜さはこれだけではない。

王子一人につき15人まで護衛が許されているので、登場人物はさらに増える、まさに富樫のやりたい放題、本音を言えばクソ面倒くさいw

まぁ、暗黒大陸編で富樫先生がやりたかったのは登場人物をいかに多く描けるかってことらしいから、設定が多くなるのは覚悟した方がいい。

BW号内のルール

ハンターハンター 王位継承戦
出典:HUNTER×HUNTER34 富樫義博

重要度は低いがBW号内の設定についての説明しておきます。

各層の連絡通路はカキン帝国の王立軍により警備されており、とくに2層と3層は分厚い壁で遮断、緊急時以外、しかも2層側からしか開閉できない。

幻影旅団の所要メンバーは5層にいることが判明。一部メンバーが描かれていなかったが、ヒソカに殺された説、または違う層に紛れ込んでいる説などある。

BW号内で開かれる晩餐会についても説明。

王子全員が集うのは毎週日曜、要人を招いての晩餐会のみ、王子ごと入退出時間がきめられており、各王子たちが接触することはないが、一言二言会話する時間は今までの例からあるもよう。

王位継承戦勝者の条件

まず押さえておきたいのが「勝者」の条件なのだが、どうも「何か」含みをもたせているように思えてならない。

生き残った唯一名が正式な王位継承者

という説明のみ。

のちに晩餐会の席でカミィが「生き残る」とは、どういう定義なのか国王に確認するコマがあるのだが、このとき「どう解釈するかも含めて」王位継承戦なのだと言っていた。

この歯切れの悪さ、なにか裏設定が隠されているのだろうか??

押さえておきたい王位継承戦ルール

まず、王位継承戦とはいっても単なる殺し合いではないようだ、最低限のモラルは表面上は存在しているようだ。

継承戦基本ルール

  • 継承戦と言えども王子殺しに恩赦はない
  • 王子殺害は重罪

ハンターハンター 王位継承戦
出典:HUNTER×HUNTER33 富樫義博

ホイコーロ国王はルールについては特に王子たちには明示していない。しかし、実際には王子間での不公平な暗黙のルールは存在していた。

継承戦での有利不利に直接関わってくる重要な部分、押さえておきたい。

王子警護人ルール

  • 王子一人につき護衛は15名まで
  • 上位王妃は下位王妃に警護1人を付けられる
  • 上位王妃所属の警護人の役割は護衛と監視
  • 上位王妃所属警護人は王子を攻撃しない


ハンターハンター 王位継承戦
出典:HUNTER×HUNTER34 富樫義博

警護人は上位王妃→下位王妃にのみ付けることが可能で、下位王妃→上位王妃には付けれない。つまり、最下位のオイト王妃の護衛の内、7名は他上位王妃所属の護衛人となる。

ポイント①
ベンジャミンは長兄なので、護衛15人すべて私設兵(ベンジャミンの息のかかった兵士)であり、全員が念能力者である!

このほか、王子居住区に設置されている船内電話にも使用ルールが存在する。

船内電話の使用ルール

  • 上位王子から下位王子に連絡可能
  • 下位王子から上位王子には連絡不可
  • 全体共通チャンネル使用で全王子に連絡可能

船内電話は下位王子が上位王子に連絡することは許されていない。また、船内電話は中立の立場で継承戦を見守る王立軍が管理していることもあり、上位王子に連絡できないようになっている。

ただし「全体共通チャンネル」を使用すれば上下王子関係なく連絡は可能となるが、王子全員の船内電話に連絡がいく。

この全体共通チャンネルを使ったのがクラピカ。ビルとクラピカを除き、ワプル陣営の護衛人が「守護霊獣」にヤられてしまったためである。

スポンサーリンク

守護霊獣(念獣)について

継承戦に参加するにあたり、王子たちは「壺中卵(こちゅうらん)の儀」により守護霊獣を育むことになった。

というわけで、王位継承戦には守護霊獣についての基本設定も理解しておく必要があるので、ここもしっかり押さえておきたい。

壺中卵の儀

ハンターハンター 王位継承戦
出典:HUNTER×HUNTER33 富樫義博

カキン王家に代々伝わるという「壺中卵の儀」、壺に王子自身の血を垂らし、王即位への想いを念ずることで特別な力が授かると信じられている儀式である。

この儀式によって、念能力が使えない王子でも守護霊獣を持つことが可能。儀式に使われている壺は初代の王が具現化したという。

守護霊獣

ハンターハンター 王位継承戦
出典:HUNTER×HUNTER33 富樫義博

壺中卵の儀により王子一人一人に憑りついた念獣、王子のオーラを糧とするが、操ることはできないという。ビル曰く守護霊獣は「寄生型」に属する念獣である。

守護霊獣の特徴

  • 宿主のオーラを利用し能力を発動する
  • 宿主本人に自覚はない
  • 宿主には視えない(念能力者であっても)
  • 宿主は念獣を操作(コントロール)できない

念能力者でなくとも、念獣が持てる代わりに、宿主本人には視えないし、操作も命令もできない。霊獣が自由に行動する。しかし、その行動は宿主の感情に影響しているようだ。

一般に寄生型の念獣は宿主を守るだけでなく、攻撃するタイプもいるようであるが、王子に憑りついている念獣には独自のルールがある。

守護霊獣の本能(ルール)

  1. 念獣同士は殺し合わない
  2. 念獣の憑いた人間を直接攻撃しない

念獣は宿主の「オーラ」を吸い取って活動するため、能力を発動した場合、念能力者ではない王子はとくに疲労感を感じるようだ。モモゼがその例。

ポイント②
守護霊獣は直接攻撃はしないとあるが、攻撃全般を含んでいないことに注意。たとえば宿主を守る目的の能力を発動したとして、制約によっては「死」を伴う可能性がある能力だった場合、この念は間接的、あるいは副次的な攻撃と解釈できる可能性がある

また、宿主が能力者であり、「絶」(オーラを絶つ)を使うことで守護霊獣は能力を使えない。守護霊獣はコントロールできないという設定はあるが、念能力者であれば抜け道は存在するようだ!

今後も設定は登場してくるでしょうか、とりあえず基本的な設定はこんなところでしょうか。

スポンサーリンク

王位継承戦の大まかな流れ

単行本35巻までの王位継承戦の大まかな流れをザッと箇条書きしていこうと思います。

王位継承戦の流れ

  1. 何者かによりワプル警護兵の殺害事件発生
  2. ワプル居住区内に守護霊獣が複数体出現
  3. クラピカが守護霊獣の存在を全王子に拡散
  4. 王子同士の念の情報収集獲得戦はじまる
  5. クラピカが二週間念習得講義を開催
  6. 受講者の中に暗殺者が潜む!←いまココ

流れとしては、クラピカによって「念」の存在が全王子に知れ渡り、念能力をメインに王位継承戦が描かれるところまできました。

連載では、さらに守護霊獣の設定がドンドン登場、押さえる設定が盛りだくさんです。ん~、ちょっと暴走しすぎてんでないの?と思わないこともないですが、連載してるだけでありがたい。

おわりに

今回まとめたのは王位継承戦に関するルールや設定がメイン。クラピカの新たに披露された能力や、念を使える私設兵や護衛人の能力、そして守護霊獣の能力とあります。

ですが、キャラの能力についてはそんなに苦なく覚えられるはず。ストーリーが面白いですし、いずれのキャラも立ってますからね。

ですが、設定やルールはさすがに読むのはシンドイです。ぼく自身がそうなので、なので、ここで簡単にまとめました。いずれ守護霊獣の設定もまとめたいと思いやす。

●補足:連載記事

H×H 371話「任務」考察感想 クラピカさんの推測とカキン大樹

2018.01.29

H×H372話 「消失」残り一人とヒュリコフの目線、からの幽体離脱

2018.02.05

H×H373話「継承」 カミィとベンジャミンの能力判明!

2018.02.12
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です