H×H

H×H385話 絶状態のツェリードニヒにテータの銃声が響く!

HH385話ネタバレ感想

下層でのマフィア同士の抗争の予感に、第4王子ツェリードニヒ暗殺をひそかに決意するテータと、至るところで火種が発生中!

前回までのお話

385話はテータの暗殺計画が実行にうつされる!ツェリを「絶」の状態にまでしたのは計画通り、問題はここから、暗殺は成功するのか?

ちなみに、初日のセレモニーのときに第5王子ツベッパに共闘打診されてたけど、ガンムシしてることからこの線はなくなったね。

まずは385話のストーリーを簡単に整理していきます!

ツェリードニヒの「絶」修行開始!

8日目日曜日、午後7時35分。テータによる絶の修行がはじまります。ツェリ陣営は晩餐会には参加しない方針。

少しの物音で絶が途切れてしまうツェリにテータは何度もやり直しを指示。絶を維持するコツはいかに集中できるか。

しかし、そこは天才。

HH385話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER385話 冨樫義博 集英社

完全なる「絶」

王子の桁外れの集中力で絶状態を維持し続ける。10分、20分、、40分、完璧な絶状態にあるツェリを確認したテータは銃口を王子に向ける。

スポンサーリンク

テータの王子殺害実行!

テータがツェリ殺害を実行しようするまさにそのとき、居住区に設置されているスピーカーからセンリツのフルートのしらべがポロポロと。

「演奏はH協会のセンリツ氏」
「それではお聞き下さい」

カチョウ・フウゲツ脱走作戦で計画されていた1・2層全フロアに流れるサプライズ演奏会、この音色にはセンリツの念が込められている。

HH385話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER385話 冨樫義博 集英社

3分間の音の世界

テータが発砲した直後に流れてきたしらべ。一瞬にして眼下に広がる花畑、演奏が終了し我に返ると、撃ちぬいたはずの王子の死体が消えていた。

守護霊獣の警告とテータの運命

王子が・・・消えた?
ただ・・・血の跡もない
失敗?いや王子は絶だった・・・

テータの脳裏で目まぐるしく駆け巡る思考。現実を理解しきれていない状態。ただ、分かっていることは王子は死んでいないということ。

そして、テータの眼前でじっと見つめれツェリの守護霊獣の姿。「次に嘘をつけばお前は人間でなくなる」と告げられる。

ハンターハンター385話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER385話 冨樫義博 集英社

次の瞬間その場で意識を失うテータ、目が覚めるとベットの上、そして、以前霊獣につけられた傷を中心に顔半分がケロイド状になっていた。

テータどうなっちゃうのさ!

H×H385話の深堀り考察

ここからはハンターハンター385話の気になったコマを考えていきます。

「嘘を付く」が能力発動条件?

ツェリの霊獣の能力について分かったことが。それは、王子の前での偽り、つまり嘘をを付くと能力が発動するようです。

ハンターハンター385話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER385話 冨樫義博 集英社
王子ノ質問ニ偽リデ答エレバ

能力の発動条件が「王子に嘘をつく」というのは、明らかにツェリの性格を反映した条件です。368話でのこのセリフ。

H×H テータ考察
出典:HUNTER×HUNTER35 冨樫義博|集英社

この世で一番嫌いなのは嘘つく女

霊獣は王子の人となりに強く影響して生まれます。だとしたら、能力もそうとう悍ましいものなんだろうなと、想像するだけで恐ろしい。

王子への嘘は問答無用でアウト

霊獣の能力発動条件は三回までの猶予がもうけられているようです。テータの場合で見ていくと、以下のような順番。

  • 1回目:頬の傷(マーキング)
  • 2回目:ケロイド状
  • 3回目:人間やめます

2回目は王子殺害のために意図的に王子の前で嘘をついてたことから、霊獣が激オコしたのは理解できます。

ただ、1回目の頬の傷の場合は、クラピカの二週間での念習得に関するもので、このときはテータの発言は王子のことを考えてものでした。

クラピカが教える念講習会は、念能力が関係している可能性から、そもそも誰もが二週間で念を教えるられるのは不可能。

テータはツェリに「早くても半年で習得」といってたのはゴンたちの念修行から決して間違った説明ではない。

ならどうして念獣はマーキングしたか。それはツェリがテータの発言を疑っていたからでしょう。その感情に霊獣が呼応したと言えそうです。

そして、3回王子の前で嘘をついたらアウト、人間を止めなけらばならない。どんな状態になってしまうのかは今のところ不明。

385話まとめ感想&386話展開予想

HH385話まとめ

  • 第4王子の絶本格修行開始
  • 王子の絶を狙い殺害実行!
  • たしかに発砲したが王子生存?
  • テータの顔がケロイド状に

テータの顔の状況は霊獣によるもので間違いなさそうです。生き残れたはいいもののテータの今後が絶望的です。

ガクブル

ツェリと霊獣の残酷な板挟みのテート、どちらに進んでも人間止めなきゃいけないコースしかないような、今後の展開が怖すぎます。

つづく

連載最新話
H×H「暗黒大陸編」
次期国王をかけた王位継承戦!
衝突① 呪詛 思案
390話 389話 388話
再現 仮説 警告
387話 386話 385話
抗争 脱出 覚醒
384話 383話 382話
捕食
381話
単行本最新話
H×H36巻収録話
380話 379話 378話
377話 376話 375話
374話 373話 372話
371話    



-H×H
-

© 2020 アナブレ