H×H

H×H379話 ルイーニーの雑すぎる作戦?旅団・マフィア激おこ!

HH379話ネタバレ感想

マフィアの内情、とくにカキン国と組長との関係性が明らかになった前回。マフィアが船内を牛耳れていたのも納得です。

モレナの破壊衝動は脅威!

379話では、旅団とマフィアの動きをメインにストーリーは進んでいきます。エイ一家組員の同行も見逃せないところ!

まずは379話のストーリーを整理していきます!

生存者女性の証言

3層で発生した連続通り魔殺人、生き残った女性の証言を聞くべくミザイストムは足を運んだ。彼女の話によると、

  • 犯人は左頬に三日月のキズがある男
  • 意味不明な独り言を言っていた
  • トイレに入った後突然消えた

彼女の証言から、犯人は念能力者の可能性が高いと判断するも、証言による犯人像と犯行手口が一致しないのが引っかかる。

HH379話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER379話 冨樫義博 集英社

そして、犯人の独り言。「レベル」「人数」「ずれる」という言葉も気になるところ。ミザイストムはあらゆる可能性を探りながら捜査は続く。

スポンサーリンク

通り魔犯の能力と証言者女性の正体

HH379話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER379話 冨樫義博 集英社

エイ一家組員カシュー、通り魔殺人の生き残りとしてミザイストムに証言した女。カシューは通り魔犯の仲間だった!

そうなのね

通り魔犯はエイ一家組員ルイーニー、カシューはウソと真実を織り交ぜながら証言していた。ただ、どうして危険を冒してまで証人を残したのか。

その理由は敵の捜査能力を把握するため。犯人と特定され見つかるまでの時間を確認する目的があったようだ。

ルイーニーの念能力

HH379話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER379話 冨樫義博 集英社

ルイーニーの念能力は「空間移動」。扉が一つのみの壁に覆われた個室が発現条件。その部屋の壁や床から別の場所に移動できる。

ただし、行ける場所は一度行った場所のみ。移動前の元の部屋へ何度でも戻れるが、一度扉が開くと能力はリセットされ二度と移動できない。

行きたい部屋がある場合は事前にマーキングしておく必要がある!

ルイーニーの稚拙すぎる計画w

倉庫内でのシュウ一家組員の謎の変死に遭遇した旅団、武器を回収し外へ出ると、そこにいたはずの数人の組員も消えていた。

まるで旅団を誘っているかのように廊下に続く血痕の跡。この状況下でノブナガたちはいくつか推論を立てる。

  • 組員襲撃を旅団の仕業に偽装したい?
  • 旅団とは無関係でマフィア同士の抗争?
  • 犯人は複数いる?

ハンターハンター379話 ネタバレ考察
出典:HUNTER×HUNTER379話 冨樫義博 集英社

激オコなノブナガ

憶測はさまざまだが、一つ言えるのはあまりにも場当たり的な作戦に思えること。そして、犯人は旅団を完全におちょくってるということ。

旅団と若頭のド緊張の対面

ノブナガたちは床の血痕を辿っていきシャ一家のアジトへと辿りつく。5層には似つかわしくない重工な扉に厳重なセキュリティ。

扉の前で立往生している旅団の前に現れたのは、シャ一家若頭オウ。組員を殺した犯人を捜しているという。

HH379話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER379話 冨樫義博 集英社

なんでも、組員を装った何ものかがやってきた「旅団にヤられた」と血まみれの組員を抱えてやってきたというが、明らかに雑な作戦。

オウもまた敵の場当たり的な行動に怒りを覚えていたようだ。そして、若頭から「手を組まないか」と意外な誘いを受ける。だが、その真意は不明。

H×H379話の深堀り考察

ここからはハンターハンター389話の気になったコマを考えていきます。

ルイーニーの目的は何だったのか?

結局ルイーニーの目的は、能力で自由にシャ一家アジトに出入りするために、マーキングしたかったってことだったのか。

ルイーニーの能力は、一度行った場所しか空間移動ができないという条件があった。とはいえ、彼の行動には計画性は一切感じられなかった。

本当のところは判断は難しい。ただ、ルイーニーがそれほど切れる頭を持っていないことは、彼の行動からして明らか。

たとえばミザイストムに念能力のヒントを自ら与えていたこと。念能力での戦う場合、凝によって相手の能力を見極めるのは常套手段。

ハンターハンター379話 ネタバレ考察
出典:HUNTER×HUNTER7 冨樫義博 集英社

懐かしきヨークシンでの念修行

ウイングさんが念能力者の戦い方で話していたことだけど、念能力が知られることは戦いにおいてかなり不利になる。

しかもルイーニーの場合はサポートタイプ

念能力がバレれば、拘束の方法も対策されてしまい逃げることすらできなくなる。ルイーニーの作戦のどれもがズサンだ。

旅団とマフィアの均衡

旅団の最優先事項はヒソカ。そのため、マフィアとのイザコザは自分たちからはしないというスタンスのようです。

フランクリンのもとにシュウ一家の副組長イットクが接触したときの「売らなきゃ買わない」というセリフも、旅団全員の考えと言えそうです。

ただし、ここには今のところという条件が入る。なぜなら、今んところヒソカを殺すことが優先事項だけど、旅団の目的は他にもある。

それはカキン国のお宝

シュウ一家組長が動いたのも、クロロが第1層に興味を持っていること、カキン国のお宝を盗もうとしていることを察したから。

HH379話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER7 冨樫義博 集英社

さらに、副組長のイットクも「船に乗った目的はヒソカだけか」と話しており、マフィアにとって旅団は無視できない存在であるのは確か。

いずれ交戦になる可能性は高そうである。

オウが旅団との共闘を打診してきたとき、腹ん中では旅団を危険因子と考えていたのも、今んところは害なしと判断してるだけでしょう。

ハンターハンター379話 ネタバレ考察
出典:HUNTER×HUNTER379話 冨樫義博 集英社

旅団に手綱を付けて管理しようとしてるのか、念能力勝負でブチのめすのか、そもそも、オウ一の実力で旅団を倒せるのか疑問。

もし旅団クラスの念能力者なら、ヨークシンの旅団大暴れ以前からマフィアの世界で頭角を現してたはずで、そう考えると微妙な感じ。

379話まとめ感想&380話展開予想

HH379話まとめ

  • ルイーニーの能力は空間移動
  • ルイーニーの雑な作戦にみな激オコ
  • 旅団はヒソカ捜査最優先
  • 若頭オウは旅団との共闘を打診

379話はサブというかザコキャラ・ルイーニーがメイン回というよく分からない話でしたが、旅団とマフィアの接点はできたみたい。

それにしてもルイーニーだよな

結局彼の最終的な目的はシャ一家のアジトにマーキングすることで、そのために旅団を適当にかき回したって感じかな。

旅団とマフィアは対立ではなく、共闘という方向になるのか。ヒソカ捜索を最優先にする旅団はどう出るんでしょうね、次回が気になる。

つづく

連載最新話
H×H「暗黒大陸編」
次期国王をかけた王位継承戦!
衝突① 呪詛 思案
390話 389話 388話
再現 仮説 警告
387話 386話 385話
抗争 脱出 覚醒
384話 383話 382話
捕食
381話
単行本最新話
H×H36巻収録話
380話 379話 378話
377話 376話 375話
374話 373話 372話
371話    



-H×H
-

© 2020 アナブレ