H×H

H×H374話「能力」 守護霊獣の能力が次々に明らかになっていく!

HH374話ネタバレ考察

カミーラの暴挙に冷静な対処をみせたベンジャミン陣営。その結果、カミーラは拘束されることになった(しかもムッセの念獣付き)。

前回までのお話です

374話は、クラピカと第7王妃警護兵隊長ウェルゲーとのやり取りから、マラヤーム王子の部屋の状況が気になるところです。

まずは374話のストーリーを簡単に整理していく!

堅物兵隊長ヴェルゲーとのやり取り

第14王室にかかってきた一本の電話。相手は第13王子の警備を担当している兵隊長ヴェルゲー、別名、堅物野郎。

なんらかの用事があるのは確か、しかし、この千載一遇ともいえるチェンスをいかし第13王子室で起こっている状況を報告するクラピカ。

HH374話ネタバレ考察
出典:HUNTER×HUNTER374話 冨樫義博 集英社

しかしウェルゲーは終始威圧的な態度なのだッ(なぜだ!

有益な情報を話しているにもかかわらず、相手はものすごく怒ってる。というか、クラピカ、いやハンター協会員をよく思ってない様子。

1014号室での大量変死、念や念獣、講習会での死人、これら状況からハンター協会員が継承戦を利用してカキンを崩そうとしていると疑っていた!

スポンサーリンク

モモゼ暗殺犯を教えても...

そんなにハンター会員を疑ってるなら、なぜクラピカに連絡したのか疑問ですが、話を聞けば、モモゼ王子の犯人の情報はないかというのです。

HH374話ネタバレ考察
出典:HUNTER×HUNTER374話 冨樫義博 集英社

クラピカはモモゼ暗殺の実行犯、しかも確実な情報をすでに入手(ハンゾー経由)していると話し、知っているすべてを話します。

とはいえ、ウェルゲーはそもそもクラピカの言葉を信じておらず、気まずい雰囲気&誤解の残ったまま通話は終了した。

【設定おさらい】王子間の連絡手段ルール

王子間の連絡方法にはルールが存在します。国王軍から割り当てられる護衛兵の数からしても、各王子みな平等な扱いではありません。

上位王子から下位王子への連絡はできますがその逆は不可。下位王子が上位王子に連絡するには全体共通チャンネルを使うしかない。

  • 上位王子→下位王子連絡(可能)
  • 下位王子→上位王子連絡(不可)
  • ※王妃・所属兵も同じ

第11王子フウゲツの守護霊獣?

火曜日深夜1時。

第11王子居住区では寝付けないフウゲツが涙を流しています。あんなにも仲良しだったカチョウの態度が急変したことに動揺してる様子。

HH374話ネタバレ考察
出典:HUNTER×HUNTER374話 冨樫義博 集英社

そんなとき、突然目の前に扉が出現します。幼い頃にカチョウとよく遊んだアスレチック遊具・魔法の抜け道(マジックワーム)にソックリな扉。

このトンネルをくぐればどこにでも行ける!

フウゲツは迷わずに扉を開けトンネルを進んでいきます。そして、扉の先にいたのはカチョウのベッドルーム。これがフウゲツの守護霊獣の能力?

第8王子サレサレと守護霊獣

一方サレサレの居住区では第一王子私設兵(名前不明)が、自身の念能力「異邦人(プレデター)」を発動させ、守護霊獣を倒そうと着々と準備中。

HH374話ネタバレ考察
出典:HUNTER×HUNTER374話 冨樫義博 集英社

異邦人は具現化系能力、ターゲットとなる念能力の解析・理解の精度が高いほど、その術者の能力を凌駕する捕食者を生み出すことができる。

つまり守護霊獣がどんな能力なのか熟知する必要があるのだ!

私設兵のこれまでの分析は以下の通り。

  • 霊獣は操作系で誘導型
  • 強制力は弱いが拡散力がある
  • 霊獣が吐く煙を吸うと王子への好意増す
  • 煙の範囲は平均半径7メートル
  • 一定量の煙を吸った者の頭上に分身発生
  • 分身は新たなキャリアとして煙拡散

守護霊獣に捕食者が通用するか不確定ではあるものの、着々と情報を収集し攻撃準備を進めている。

第3王子チョウライの守護霊獣

HH374話ネタバレ考察
出典:HUNTER×HUNTER374話 冨樫義博 集英社

チョウライ陣営にも動きがあった。とはいっても、毎日どこからともなくコインがポロリと落ちるようになったという地味な変化。

守護霊獣のしざわ!

思い出すのは晩餐会でのチェリードニヒとツベッパとの会話、このときチョウライを「奢侈(しゃし)を尽くす」と言っていた。

贅沢をし尽くすという意味だけど、守護霊獣は宿主にも強く影響を受けることから、「お金」にまつわる念獣に育っているのか。

ちなみに、コインは念能力のない護衛にも視えていることから、具現化系能力を使用。コインの意味・能力は不明。

H×H374話の深堀り考察

ここからはハンターハンター374話の気になったコマを考えていきます。

1013号室をどう考える?

分身ハンゾーによって1013号室の現状がクラピカにも伝わることになったけど、クラピカは霊獣による防御目的と考えていた。

1013号室の状況について第三王子私設兵サカタも意見を求めてきており、クラピカの詳細な考えが今回明らかになりました。

まとめると、

  • 人間ごと転移している可能性がある
  • 能力は放出系や具現化系が考えられる
  • 放出系は念空間そのものを移動させる
  • 具現化系は空間内に法則やルールを作る

前回も触れたけど、異空間を使う能力者といえばキメラアント編に登場していたヂートゥ(チーターのキメラアント)がいる。

ヂートゥの念能力
出典:HUNTER×HUNTER23 冨樫義博

モウラとの戦いでサバンナを思わせる異空間へと移転させ戦った。ヂートゥは具現化系、異空間にルールを設けてそれを満たせば現実に戻れた。

1013号室が異空間へと移転されてるなら、なんらかの条件を満たせば現実世界に戻れる可能性もあるかもしれない。

本当は優しいカチョウ

冷たい対応をされているフウゲツが涙するのは分かるけど、まさかカチョウまで夜な夜な枕を濡らしていたとは。

フウゲツのために気持ちを押し殺していたことは、側で護衛していたセンリツがすでに見抜いていた。

ハンターハンター 守護霊獣 王子念能力
出典:HUNTER×HUNTER34 冨樫義博

ただ、予想以上に苦しんでいたのが374話で明らかになっちゃった。これから、この二人はどうなっちゃうのでしょうか。

カチョウの偽りの感情を見かねたセンリツは、念能力について説明する決意をしたけど、脱走の可能性がさらに濃厚になった?

とはいえ気になるのは継承戦における制約問題です。BW号からそもそも脱走できるのかも含め、考える必要はありそう。

継承戦の制約考察
HH371話ネタバレ考察
H×H 371話「任務」考察感想 クラピカの推測とカキン大樹

前回の休載から4ヶ月という異例の早さでの再開に感謝!371話は、第13王子警護のバリゲン暗殺犯探しから。 だったな そして! ...

第8王子サレサレの守護霊獣

サレサレの守護霊獣から拡散した分身は、けっこうな数が育っています。たとえば、362話でのこのコマ。

ハンターハンター374話 ネタバレ考察
出典:HUNTER×HUNTER35 冨樫義博

ここでは、すでに9個の分身ができているのが確認できます。私設兵5名に従事者3名、サレサレ側の人物は全8名。

他王子所属の護衛兵はまだ分身が憑りついてないみたいだから、残りの1体はスィンコスィンコ王妃所属兵に憑りついた可能性が高い。

ただ第1王子私設兵の能力「異邦人」も着々と成長し、6日もあれば倒せるまでに成長してるはず。となれば、サレサレは晩餐会前にリタイアし、世界を変えられない可能性が浮上。

374話まとめ感想&375話展開予想

HH374話まとめ

  • 1013号室は霊獣仕業?謎深まる
  • フウゲツ、魔法の通り道発動
  • サレサレの守護霊獣ピンチ!
  • 第一王子私設兵サレサレの霊獣狙う
  • チョウライの霊獣、コイン落とす

各王子の守護霊獣と思しき能力が次々に明らかになるものの、第13王子マラヤームや第11王子フウゲツ、そして第3王子チョウライと能力不明な王子もいます。

今回の流れで気になったのが、第8王子サレサレの霊獣。第一王子私設兵の念能力によって攻撃を受ける可能性がほぼ確定してます。

問題は、私設兵の念能力で守護霊獣が倒せるかどうか、もし倒せるのなら第一王子ベンジャミンのアドバンテージはさらに上がりそう。

つづく

連載最新話
H×H「暗黒大陸編」
次期国王をかけた王位継承戦!
衝突① 呪詛 思案
390話 389話 388話
再現 仮説 警告
387話 386話 385話
抗争 脱出 覚醒
384話 383話 382話
捕食
381話
単行本最新話
H×H36巻収録話
380話 379話 378話
377話 376話 375話
374話 373話 372話
371話    



-H×H
-

© 2020 アナブレ