H×H

H×H373話「継承」 カミーラとベンジャミンの能力判明!

HH373話ネタバレ感想

カミィが行動を開始した前回。母ドゥアズルとの会話の通り、最初の暗殺ターゲットはやはり第一王子ベンジャミン。

オレ様使いと一人称が名前の女は根が同じと、どっかのサド王子が言ってましたが、冷静に対処したベンジャミン。

彼の方が一枚上手でした

ホイコーロ国王が言っていた群雄割拠があーだこーだってのにも掛かっているのか、細かい伏線が繋がりはじめていく!

まずは373話のストーリーを簡単に整理していく!

カミーラ暴挙!警告する第1私設兵ムッセ

第2王子カミーラの第1王子暗殺はハッタリでもなんでもなくマジ。ムッセは銃を向け立ち止まるよう警告するも、カミィは進みつづけます。

さんざんの警告にも無視するカミーラに、ムッセはついに発砲。絶で全オーラを閉じていたカミーラは明らかに念能力者。

迎撃型(カウンタータイプ)か・・・!!

HH373話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER373話 冨樫義博 集英社

カミーラの念能力がどんなものであれ、命を賭して任務を全うするムッセ。そして、明らかになる能力。

スポンサーリンク

能力「百万回生きた猫」

ハンターハンター373話 ネタバレ考察
出典:HUNTER×HUNTER373話 冨樫義博 集英社

カミーラの念能力は迎撃型の念獣。死後発動し、攻撃した者の命で蘇生する能力。ムッセを犠牲に蘇生をとげた。

蘇生という奇跡ともいえる能力を使うには、生とは真逆の死が制約となるのは納得。蘇生するとはいえ死への恐怖、苦痛は計り知れない。

カミーラの念能力から意思の強さ、そして異常さを感じた

生き返ったカミーラは、その足で第一王子住居区へと単独乗り込む!ムッセを暗殺未遂犯とウソの口実をでっち上げ、殺害を正当化する。

HH373話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER373話 冨樫義博 集英社

長兄に銃を向け躊躇なく発砲!だけど、ベンジャミンには届かない。彼もまた念能力者、全身を堅で強化してすべての銃弾を防いだ!

堅(けん)

全身をオーラで強化し防御力をアップ。全方位からの攻撃に備えることが可能

ベンジャミンに発砲したカミーラは、殺人未遂で現行犯逮捕、そのまま拘束されることになった。しかしである。

ここで疑問が。

なぜベンジャミンはカミーラの行動をこうも容易く把握し、事前策(堅でガード)を講じて冷静に対処できたのか?

そこには、ベンジャミン自身の念能力、そして、カミーラに殺害されたムッセの念能力の二つが関係していたんです。

第1王子ベンジャミンの念能力

ハンターハンター373話 ネタバレ考察
出典:HUNTER×HUNTER373話 冨樫義博 集英社

ベンジャミンの能力は「星を継ぐもの(ベンジャミンバトン)」。条件をクリアした念能力者の死後、能力を受け継ぐことができる。

譲渡できる念能力者の条件は以下の通り。

  • ベンジャミンに忠誠を誓った者
  • カキン国王軍学校を卒業した者
  • ベンジャミン私設兵団に属す者

ムッセは死ぬ間際、自身の念能力を使いカミーラに念獣「ミミズク」をとりつかせることに成功していたのだ。

HH373話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER373話 冨樫義博 集英社

ムッセ死後はベンジャミンに念能力が譲渡され継続中。ムッセの念能力「裏窓の鳥」は3種の念獣を操り対象者の言動のすべてを術者に伝える

そのため、カミーラの行動のすべてがベンジャミンの手の内にあり、冷静に対処することができたというカラクリだった。

一方、そのころハンゾーはw

いまだに第13王子居住区へ戻れないハンゾーの分身。敵の念攻撃を受けてる可能性も否定できないため、なんとか連絡を取ろうと動く。

そこで頼ったのがクラピカ。クラピカに現状を話し、1014号室の電話から第13王子らの安否を確認しようと考えた。

そのとき、絶好のタイミングが!

第13王子居住区で警護兵隊長ウェルゲーからクラピカに連絡が入る!ハンゾーは急いで居住区へ戻るが、やはり誰もいない。

これは一体どゆこと!!?

H×H373話の深堀り考察

ここからはハンターハンター373話の気になったコマを考えていきます。

能力名の法則w

カミーラとベンジャミンの能力が判明した373話ですが、気になるのが能力名。どうやら冨樫家の好きなモノが付けられる法則があるみたいw

サイレントマジョリティーしかり、能力名だけでなく二つ名にもネタ元のタイトルをそのまま使用してるのが今編の特徴なのかな。

カミーユの念能力名

ベンジャミンの念能力名

私設兵ムッセの伏線と念能力

ムッセの念能力は366話にてすでに登場。対象者の言動を筒抜けにできる能力だけど、精度を上げるために条件を満たすことも匂わせていました。

HH373話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER373話 冨樫義博 集英社

王子本人の鳥を飛ばす?

このなんらかの条件が373話で明らかになった。それは対象者に触れること。これによって、言動のすべてを逐一把握できるようになる。

ムッセはカミーラに発砲するとき「命を獲れれば最善、能力を知れば次善」と言ってたけど、ベンジャミンの念能力を考えると納得の行動。

迎撃型の念能力と読んでいたムッセが、それでも攻撃を仕かけたのは、自分が死んだとしても能力をベンジャミンに譲渡できると判断したためか。

ベンジャミンの気になるセリフ

そうなると気になるセリフが一つ。ビンセントの代わりに第14王子の警護につくことになったバピマイト。

このとき、ベンジャミンから「命を賭して」と言われてるんだけど、王子の念能力が明らかになった今、このセリフがなんか意味深です。

HH373話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER373話 冨樫義博 集英社

もちろん、ベンジャミン私設兵全員が命をかけて任務を遂行するのは当然だけど、セリフとして言われたのはバビママイトだけなんよ。

しかも、371話でヒュリコフにも「命を賭して」と念押しされていて、これが伏線にならなきゃいいんだけどね。

バビマイトは円を解除したりと第13王子・王妃に配慮していて好感もてるだけに

いい奴ほど死ぬっていうからねw

ベンジャミンの念能力

HH373話ネタバレ感想
出典:HUNTER×HUNTER373話 冨樫義博 集英社

ベンジャミンの念能力「星を受け継ぐもの」は念能力の譲渡が可能だけど、彼の右手には星マークが三つほど刻まれています。

今まで能力が譲渡されたのはビンセントとムッセの二人。このコマを見るかぎり、能力が譲渡されると星マークが光りだすみたい。

となると、手のひらに刻まれてる星マークの数が能力譲渡できる上限なのかな。左手にも刻まれているのかも気になります。

仮に右手に星3、左手に星3なら全部で6個譲渡できる、つまり上限は6個?

能力譲渡に上限があり、上限になったら能力の取捨選択が必要になるとか、能力は必ず譲渡されなきゃいけないとか、複数発動可能なのかとか、さらなる細かい条件がありそう。

ハンゾーの本体と1013号室の謎

いまだ謎が解明されてないマラヤーム王子の居住区消失問題だけど、今回の流れから、守護霊獣が関係している可能性は高いっぽいね。

敵の攻撃ではないことは確定かな

ハンターハンター373話 ネタバレ考察
出典:HUNTER×HUNTER23 冨樫義博

考えられる能力としては、居住区に入ってきた者を念獣が作りだした別の部屋につながるようにしたとか。キメラアント兵のヂートゥみたく念空間に閉じ込める能力はあった。

ヂートゥの場合は制限時間内に彼に触れれば、念空間から出られる条件だったけど、マラヤーム王子の居住区はどうなのかな。

373話まとめ感想&374話展開予想

HH373話まとめ

  • ムッセ死亡、能力は第一王子に譲渡
  • カミーラ、第一王子居住区乗り込む
  • 第1・第2王子念能力者確定
  • カミーラ第1王子殺人未遂で拘束
  • 分身ハンゾーまだ戻れないw

カミーラとベンジャミンのバトルはひとまず一段落といった感じで、次週から分身ハンゾーが苦戦している1013号室の謎が明かされるのか。

今回確定したのは、王子たちの念能力事情。念の存在をはじめから知っていた&使えるのは第1、第2王子のみって感じですね。

  • 第1王子→念使える
  • 第2王子→念使える
  • 第3王子以下→念使えない(知らない)

第3王子チョウライは念についての知識がないがゆえにクラピカに接触、以下王子も念については知らない関係性とみてよさそう。

つづく

連載最新話
H×H「暗黒大陸編」
次期国王をかけた王位継承戦!
衝突① 呪詛 思案
390話 389話 388話
再現 仮説 警告
387話 386話 385話
抗争 脱出 覚醒
384話 383話 382話
捕食
381話
単行本最新話
H×H36巻収録話
380話 379話 378話
377話 376話 375話
374話 373話 372話
371話    



-H×H
-

© 2020 アナブレ