H×H考察 カイトの生まれ変わりについて考える

キメラアント編でのカイトの生まれ変わりをどう理解したらいいものなのか、ここでは1つ1つ整理しながら考えていこうと思います。

まず考察に入る前に、キメラアントの女王蟻の「摂食交配」をおさらい。

ハンターハンター考察 生まれ変わり
出典:HUNTER×HUNTER18 富樫義博

食べたエサの特徴を次の世代に反映させるという、おっそろしい出産が摂取交配でした。そして出産は「産卵」により産まれる。

女王蟻は人間の肉団子を食べて栄養をつけ出産しまくっていた、今回の考察ではここがポイントになってきます。

では参ります!

コアラと赤毛の少女

総選挙編でのコアラと赤毛の少女の壮大な会話。分かったようで分からないやり取りですが、ちっこいと思っていたには実は莫大なエネルギーがあり、「奇跡」さえもありえるよねってなことを話していました。

赤毛の少女はカイトと少女の二つの魂(人格)が宿っていると思ったのですが、二人の会話からカイトの魂しか宿っていないもよう。

ハンターハンター考察 生まれ変わり
出典:HUNTER×HUNTER32 富樫義博

「そこに入った」というのは魂のこと、コアラらの会話では人間を「肉体」と「魂」の二つに分けて説明していました。殺されて魂がなくなった赤毛の少女の肉体カイトの魂が入ったようです。

時系列を考える

コアラの説明から考えると時系列で言えば

少女、コアラに射殺→巣に運ばれる→カイト、ピトーに殺される→カイトの魂が少女の肉体に宿る

となるはずです。

そこでこの順番を頭の隅に置きながら再確認していきます(ポックルを軸に時系列を考えます)。

ハンターハンター考察 生まれ変わり
出典:HUNTER×HUNTER19 富樫義博

まず、コアラとメレオロンの会話から少女を射殺したのが「昨日」であることが分かります。

このあとポックルがザザン隊に捕まった日の前日であることが判明するので、少なくともポックルよりも前に射殺されていたわけです。

しかし、カイトたちがNGL自治区に入りピトーとやり合う頃には赤髪の少女の死体が巣に運ばれてから少なくとも3日以上経過していたんです。

ハンターハンター考察 生まれ変わり
出典:HUNTER×HUNTER19 富樫義博

ペギーがレアモノ(ポックルのこと)を探しにやってきたとき、ブタ型の雑兵士のセリフで「3日前か、もう女王様に献上してるな」と言っているのがその根拠。

つまり、カイトが殺されたときには、赤毛の少女はすでに女王に食べられた後(3日以上後)だったことが分かります。

少女の肉体はどこへいった!

時系列を考えると矛盾が生じることに気付きます。

なら赤毛の少女の肉体問題はどう考えればいいのでしょうか、次からはそこらへんを考えていきます。

ハンターハンター考察 生まれ変わり
出典:HUNTER×HUNTER21 富樫義博

コルトが取り上げた赤ん坊のカイト、この子にはへその緒が描かれているのが分かります。つまりカイトは女王の腹の中で育っていたことになる。

魂だけのカイトが欲するのはその拠りどころ、つまり肉体である。母体は肉体を育む場所、魂の拠りどころとしてこれほど相応しいものはない。

女王の母体に宿っていたこの赤ん坊にカイトの魂を定着したとするならば、この赤ん坊の成長に赤毛の少女の養分が使用されていたという可能性が高い。

シッポはあるが人間の形を留めていたのは、赤毛の少女の養分によって成長したからと説明できる。なぜ彼女だけこの赤ん坊の養分になったのかは正直説明できない。

しかし、女王の母体で再構成された赤毛の少女の肉体にカイトの魂が宿ったと考えることで、少なくとも矛盾は回避できる。

コアラの独白

ここで、もう一度総選挙編でのコアラのセリフを振り返ってみる。

ハンターハンター考察 生まれ変わり
出典:HUNTER×HUNTER32 富樫義博

コアラ曰く女王の腹の中で分解されてもそこで終わりではないという。一応これがカイトが転生できた根拠と言えそうです。

たとえ肉体が滅びても魂が現世に残っていれば、前の記憶を残したまま戻ることができるようだ。

赤毛の少女の魂は「逃げる」ことができたけど、コアラの魂は「逃げ」なかったため前世の記憶が残っていた。

ならカイトの場合はどうなのか、1つ注意しておきたいのは、カイトは肉団子として女王に食べられていない。ピトーの玩具となった。つまりコアラとはケースが異なるのである。

カイトが転生できたのは「念能力」が深く関係していた。

ハンターハンター考察 生まれ変わり
出典:HUNTER×HUNTER32 富樫義博

ジンのセリフからカイトの転生できた要因の一つに気狂いピエロの能力が関係していた。一種の転生能力とでも言おうか、暗黒大陸編から考えれば「死後強まる念」の類だろう。

「ゼッテー死んでたまるか」や「死にたくない」という強い意志によって発動する能力であることが説明されていた。死後強まる念によって「奇跡」が起こったわけか。

オワリ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です