呪術廻戦

本編につながる呪術廻戦0巻の押さえておきたい三つの設定まとめ

呪術廻戦0巻紹介

五条回想編、そして渋谷事変編と、これまでの呪術廻戦において本編で登場してこなかった設定や登場人物が出はじめてきています。

すべては0巻からはじまる

呪術廻戦の「前日譚」にあたる0巻では、骨乙、夏油の家族、夏油のラストと、重要な伏線がギッシリとつまっています!

ゆえに、呪術廻戦をより理解するためには0巻既読は必須!そこで、ここでは0巻の個人的重要ポイントを整理していきます。

乙骨憂太の正体と里香

呪術高専には「特級」クラスの術師が4人存在していました。現最強術師の五条悟はじめ、夏油傑、九十九由基、そして乙骨憂太。

16歳にして特級術師の乙骨の秘密は、彼の血筋に由来する。日本三大怨霊の一人・菅原道真の子孫であるが0巻にて判明した!

乙骨にとりつく里香(りか)が特級クラスの呪霊がために、特級術師になれた思っていたけど、実は乙骨の血筋がそもそも凄かった!

乙骨の強さの秘密とは?

  • 道真の血筋を引く天才
  • 反転術式による治癒能力
  • 体術もそこそこ強い
  • 他者術式の無条件模倣

まず反転術式による治癒。そもそも、反転術式による治癒ができる術師は少ないのが現状で高専でいば家入硝子くらい。

さらに見よう見真似で狗巻家相伝の高等術式・呪言を不完全ながら発動させる場面もあり、これをみた夏油は驚きを露わにしていた。

里香を開放した乙骨のその後は不明なものの、現在海外にいる(10話より)

ただ問題は、現在の乙骨が里香を使役していた時と同程度の実力を持っているかは謎であること。これは偽夏油も言っていた。

呪術廻戦0巻紹介
出典:呪術廻戦9 芥見下々 集英社

乙骨は里香の魂を縛ることで、稀有な能力が使えていたわけで、偽夏油のセリフが正しいのなら、特級レベルの実力なのかは不明。

スポンサーリンク

夏油vs五条の戦い

0巻では夏油と五条の戦いも描かれています。非術師(サル)のいない世界に作りかえるために、百鬼夜行を実行した夏油。

しかし夏油の野望は失敗に終わり、五条の手により殺された。詳しい描写はないものの、五条本人のセリフから夏油の死亡は確定となった。

つまり、本編で登場していた夏油は、容姿は同じものの中身は別人。ならこの偽夏油の正体はだれなのか問題が新たな謎として浮上。

ちなみに、本物特別するため「偽夏油」と表記することが多い

夏油の体を操る術者の正体は?

今のところ分かっているのは、死体を操ることができる術式であること。そして、死体を操るには脳を入れ替える必要があること。

そこでポイントになるのが、じゃあ、誰の脳ミソを使っているのかってこと。つまり、脳ミソの主が夏油の死体を操っている黒幕の可能性が高い。

夏油の家族

渋谷事変で新たに登場した夏油の家族。0巻において夏油が集めたとされる家族は全部で6名であることが判明されています。

呪術廻戦0巻紹介
出典:呪術廻戦0 芥見下々 集英社

ただ、渋谷事変編ではさらに数が多くなっていったようで、夏油死後も仲間が増えていった可能性はありそうです。

夏油の家族と乙骨

そして、夏油の家族と言えば、実は乙骨のつながりが示唆されている描写が過去に描かれています。それが33話の扉絵。

呪術廻戦0巻紹介
出典:呪術廻戦4 芥見下々 集英社

ミゲルと一緒にいるの乙骨だよな?

なぜかは不明ですが、夏油の家族の一人ミゲルと一緒いるのは乙骨。背景から日本ではなく海外であるように見えます。

問題はなぜ乙骨がミゲルと一緒なのかです。乙骨は夏油を殺した首謀者の一人、夏油の遺志を継ぐミゲルが乙乙同行することはありえない!

ならなぜ一緒にいるのか?

なんらかの任務でミゲルと接触してるのか、まさか敵に寝返ったとか?ただ、敵に寝返るにしても、その理由が見当たらない。

ただ、今回の渋谷事変編で夏油の家族が登場したことで、乙骨も登場する可能性があるかもね。今後の展開に期待。

気になるキャラ・九十九由基

呪術廻戦0巻紹介
出典:呪術廻戦9 芥見下々 集英社

海外といえば、特級術師の九十九由基です。彼女の主な活動地域は海外。そして、五条過去編では夏油に影響を与えた人物でもある。

まさか、夏油の家族の裏に九十九がいるとか?乙骨とミゲルがわざわざ海外で接触する理由を考えたとき、九十九の名前が浮かんだ。

呪術廻戦0巻は読むべし!

本編につながる重要な場面がことごとく描かれているのが0巻の立ち位置です。単行本11巻のおまけページでようやく作者もふれましたw

呪術廻戦11巻 作者コメント
出典:呪術廻戦11 芥見下々 集英社

五条悟によって夏油が殺されたところは本編でも描かれたけど、どうして夏油が窮地に追い込まれたのかは描かれていない。

そこには、乙骨との激闘があったわけですが、それが描かれてるのが0巻の内容で、読まないとやっぱりダメです。



-呪術廻戦

© 2020 アナブレ