【約束のネバーランド】レイに関する8つの謎を考察 !

約束のネバーランドの主人公の一人であるレイですが、主人公がゆえに伏線や謎は盛りだくさん!すでに回収されたものもありますが、まだ伏線として残っている謎もあります。

そこで、「レイに関する8つの謎」と称してレイについてとことん考えていきます。レイの魅力に迫っていきます!

【謎1】レイはママの内通者?

2019年からアニメがスタートしましたが、アニメ版ではレイが明らかに敵(鬼側)のスパイのように描かれていましたが、原作ではそこまであからさまには描かれていません。

ただ、レイがママの内通者だったのは確か。ですが、それもエマとノーマンを助けるため、そしてGF農園から脱走するためだったのは言うまでもない。

つまり、レイはママの忠実な内通者として立ち振る舞うフリをしていた二重スパイといのがFGハウス脱獄編でのレイの立ち位置でした。

ちなみに、コニーのぬいぐるみをワザと机に置いていたのはレイのしざわです。GFハウスの真実を伝えるためでしたが、今思えば見つかるリスクはかなり高かったような。

【謎2】レイなはぜ内通者になったのか?

約束のネバーランド レイ考察
出典:約束のネバーランド4 出水ぽすか 集英社

なら、なぜレイはママの内通者になったのか、理由についてはいくつかありますが、一番はレイの特異体質が原因でした。

通常、ヒトは成長するにつれて幼児の記憶が失われていきますが(幼児期健忘)、レイは赤ちゃんの記憶を忘れずに今でも残っていました。

覚えているとはいえ、記憶は断片的なもの、それでもこの世界が鬼の世界であること、孤児院が食用児の飼育するための施設であることを知るには十分なものでした。

ママに内通者を打診した理由とは?

約束のネバーランド レイ考察
出典:約束のネバーランド4 出水ぽすか 集英社

レイはGFハウスにある蔵書はすべて読破するほどの読書家ですが、それもこれもこの世界の真実を知っていたがゆえに、6歳のときにママに自ら内通者になることを提案します。

内通者になることをママに話した理由は、ママや鬼に取り入るためではなく、GFハウスから脱走するためのレイの作戦だったといえます。

エマをはじめ食用児たちの体内には発信機が埋め込まれています。仮に脱走できたとしても、発信機をなんとかしなければすぐに捕まってしまう。

そこでレイが考えたのは内通者になる代わりに「見返り」となるおもちゃをもらうこと。ゲーム機だったりラジコンだったりインスタントカメラだったり。

そして、おもちゃから必要なパーツを取り出して、体内に埋め込まれている発信機を無効化させる機械を6年の歳月をかけて作り上げたのである!

【謎3】クローネが見つけたメモの内容

約束のネバーランド 秘密
出典:約束のネバーランド3 出水ぽすか 集英社

エマたちが脱獄計画の準備をしているさなか、その計画がクローネに見抜かれてしまう。そこでレイはクローネを欺くために「エサ」を仕掛けていました。

それが一枚のメモです。

このメモにはどんな内容が書かれていたのかは一切描かれていません。ですが、レイやクローネのセリフからある程度考察することはできます。

メモを見たクローネは「イザベラの信用をガタ落ちさせられる」と言っていることから、レイが知りうるイザベラの秘密、そしてその秘密はイザベラの信用を落とす情報といえます。

そこで考えていくと「レイとイザベラの血が繋がっている」こと。つまり母子関係にあることです。

エマたちが脱獄を計画しているにもかかわらずイザベラは阻止しない、その理由は「レイが我が子だから」とクローネは解釈したのかもしれません。

クローネはその後、グランマに直訴しにいきますが、グランマは「制御できているなら問題ありません」と言っていることからも、情報はそれほど重要なものではないと言えます。

実際レイとイザベラが血が繋がっていたとしても、問題なければ粗末な情報、重要なのは制御できているかどうかが重要であるようだ。

スポンサーリンク

【謎4】レイとイザベラは母子関係?

クローネのメモの謎でも触れましたがレイとイザベラは母子関係にあるのではと当サイトでは考察しています。

二人の関係についても確実な根拠があるとはいいにくいんですが、それでもレイのセリフから考えると二人は母子という結論に至ります。

約束のネバーランド レイ考察
出典:約束のネバーランド5 出水ぽすか 集英社

お母さんbyレイ

レイがGFハウスを脱獄するときイザベラに「なぜぼくを産んだのお母さん」というセリフからも、レイとイザベラは母子関係にあった可能性は高いです。

謎2で話したようにレイは幼児期の記憶を覚えているという稀有な体質でした。謎3でクローネが見つけたメモに書かれていた情報も「レイとイザベラの母子関係」でした。

こうした伏線を総合的に判断しても辻褄は十分合います。

また、クローネはこの情報が本当に正しいか調べた上でグランマに直訴していたことから考えても、二人が母子関係である信ぴょう性は高い。

約束のネバーランド ママ、イザベラの過去!死亡説は確定か!?

2018.12.17

【謎5】レイの父親は誰か?

レイとイザベラの関係をさらに考察していくと、父親は誰なのかという疑問に突き当たります。食用児の生まれ方について言及はありません。

一部クローン説などもありますが、あくまで説の一つにすぎません。

現在明らかになっているのは体外受精によって食用児が生まれていることです。なら、体外受精に使われた精子(=レイの父親)は誰なのか?

これはまだ明らかになっていないレイの謎の一つです。ですがイザベラと同じ元食用児の生き残りだとすれば、かなり優秀な人物であるのは間違いないはず。

血液型から父親像を探る

レイの父親がだれなのか特定はできないにしてもヒントはあるはずです。それが血液型です。レイの血液型はAB型、イザベラの血液型がA型なので、O型以外の血液型が父親となるはずです。

レイの父親の血液型

  • A型
  • B型
  • AB型

【謎6】レイの誕生日はウソ?

約束のネバーランド レイ考察
出典:約束のネバーランド4 出水ぽすか 集英社

レイの誕生日は1月15日、これは出荷する日を誕生日にしたイザベラのセリフからも明らかですよね。しかも、レイ本人も15日になったとき「俺はこれで12歳」と言ってます。

ですが単行本5巻の作者メッセージには「レイの誕生日は別にある」と意味深なセリフを残しているんですよね。レイのセリフから本人も誕生日は15日だと思っているのは確かです。

赤ちゃんのときの記憶も覚えているレイですから、誕生日が違うなんてことはないはずです。なら、誕生日は別にあるとはどういう意味なのでしょうか?

これもレイに関する明らかにされていない謎の一つです。

【謎7】レイはなぜ魅力的なキャラなのか!


約束のネバーランド レイ考察
出典:約束のネバーランド11 出水ぽすか 集英社

背中ごしの「誰も置いて行かねぇ」

約ネバの中でも個人的に魅力的なキャラだと思っているのがレイ。というのも、GFハウス脱獄編からの旅の中で一番成長したのがレイだからです!

たとえばゴールディ・ポンドでのラスト、レウウィスを倒して猟場からみんなで逃げるとき、レイは「誰一人置いてくことなくみんなで逃げる」ことを即断してるんですよね。

これ、GFハウスのときではありえない行動ですよ!

GFハウスではエマとノーマンの三人で脱獄すること真っ先に提案していたのがレイでしたよね。この旅でのレイの心の成長を魅力的に描かれています。

これとは逆にエマはずーーーっと自分の意志を曲げない頑固な女の子を突き通してますw

【謎8】レイの恋愛事情!?

謎8は単行本ではなく連載での伏線なのでざっくり解説になりますが、レイはアンナを意識しているようなコマないくつかあるんですよね。

家族として心配だから気遣っているのかもしれませんが、レイのアンナを見つめる視線がそんな感じではないんだよなあ。

【約束のネバーランド】レイに関する8つの謎まとめ!

ここまでレイに関する謎を見てきました。正直謎ではないところもありましたが、レイの伏線の中でいまだに海象されていないのが次の二つ。

レイに関する伏線

  • レイの誕生日はいつなのか?
  • レイの父親は誰なのか?
  • レイの恋愛事情

この三つは個人的に特に気になる伏線ですね。

とくに最後のレイの恋愛事情、約ネバはミステリ+サスペンスがメインなので恋愛はほぼ描かれてない、しいていえばノーマンのエマへの思い、そして、ノウスの愛の共食いwくらいですからね。

そして、誕生日については作者自身が言っているので、今後重要な伏線として明らかになるのかもしれません。というわけで、約ネバの中でも魅力的なキャラであるレイについて考察してみました。

オワリ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です