【約束のネバーランド】エマの性別問題!男勝りな主人公考察!

少年ジャンプにおいて女の子が主人公の作品は少ないように思います。なんたって、「少年」ジャンプなわけだから当然にも思えます。

そこで実際調べてみたところ、

キャッツアイ、ジョジョ六部(ストーンオーシャン)などはパット思いつく。問題は女の子主人公に分類していいのかどうかである。

たとえば、ストップ!ひばりくんとか、魔人探偵ネウロ、アラレちゃん、女の子というかそれ以外の問題も絡んできてしまい、考えるのがメンドくさくなった。

ともかくだ、少年ジャンプにおける女の子の主人公はかなり稀なのだ!

約束のネバーランドの主人公エマ

冒頭でも紹介したように少年ジャンプでの久しぶりの主人公が女の子設定。約ネバの連載時は「異質」「少年ジャンプらしくない」なんて評価も主人公が女の子だからって理由も挙げられてた。

ただ、それが今や単行本が10巻を超えるほど連載は続き、累計880万部も売れてるそうだ。そりゃアニメ化にもなるのも納得。

そして、約ネバの魅力の一つが主人公のエマにあるのは間違いない!

頭脳で言えば、まずノーマンがいて、次にレイ、エマは三番目。はじめの頃は幼さが抜けない明るい女の子だったけど、その後頑固さや意志の強さが目立ってくる。

約束のネバーランド エマ考察
出典:約束のネバーランド4 出水ぽすかほか

たとえば、ノーマンが出荷される当日。何もできないエマが感情をむき出しにしてノーマンを止めにはいる。ママが見ているにもかかわらず。

ノーマンが死ぬのは耐えられないけど、ここでダダをこねてもどうにもならない。逆にノーマンが困るだけ。それでも、エマは自分の感情を抑えられずノーマンの目の前で

行かせない!!

と言い切っていた。

エマは男勝り!

こうしたエマの我の強さというか、頑固さはGFハウス脱獄編以降も曲げてません。シェルターでおじさんと出会った時にもそんな光景が描かれています。

エマが人質になったときのこと。このとき、おじさんに銃を突きつけられていたエマだけど、次の行動に驚かされます!

約束のネバーランド エマ考察
出典:約束のネバーランド7 出水ぽすかほか

まさかの金的w

意志の強さは言葉だけでなく行動にもしっかりと表れています。一番衝撃というか印象的だったのは、オジサンに金的攻撃したこの場面!

レイも「え」と引いてますw

しかもです!攻撃に使ったのはミネルヴァさんからもらった大切なペンです。こんな大切なものを武器に使っているところも何気にツボでした。

こんな風にエマの頑固さというか意志の強さは、周りにも影響を与えていき、はじめは敵対していたおじさんもエマの味方になりますし、なによりもレイに与えた影響がすごいんですよね!

【約束のネバーランド】レイに関する8つの謎を考察 !

2019.01.18

こうしてみていくと、本当に女の子なのか?と疑うほどです。実際ネットではエマの性別はどっちなのかという考察が出回るほとですからね。

スポンサーリンク

約束のネバーランド最大の謎?エマの性別問題w

スカートはいてることからしてエマは女の子でしょ?と結論を出すのは早いです。スカートをはいているからって女の子と決めつけていいわけがない。

それこそ偏見の塊です!

髪型もショートヘアで年齢も12歳ということもあってお胸もペッタンコなのも性別が断定できない理由です。ですが、最新話ではGFハウス脱獄からすでに2年以上の月日が流れています。

つまり、エマもすでに14歳以上になっているんです。

単行本でいえば12巻から作者のエマの描き方に違いがではじめるようになります。つまり、エマの容姿が大人びてきているんです。

これは初期のエマと現在のエマを比べてみるとよりハッキリと分かります。月日が経つにつれて作者さんは、エマを描き分けています。

約束のネバーランド エマ考察
出典:約束のネバーランド 出水ぽすかほか

明らかに膨らんでいます!

エマの胸の描き方が違っていますよね。連載のカラー表紙なんかだとより分かるんですが、服装のシワの描き方が右側(12巻)のエマのほうが多く描かれています。

シワを多くすることでエマの胸の膨らみを強調するように描かれています。初期のエマと並べて比べるとその違いが分かりませんか?

つまりどうことか?

そもそもここでの考察はエマの性別問題です。ってことはエマの成長から考えて明らかに女の子なわけですね。そもそもスカートはいてるんだから女の子に決まってますw

エマの耳と発信機の謎

GFハウス脱獄でエマは耳を切り落としていました。

耳に埋め込まれている発信機を取り除くためでしたが、そもそもなぜレイが作った発信機を無効化にする装置を使わなかったのでしょうか。

まずエマは4歳以上の子どもたち全員を連れて脱獄することを決断します。

約束のネバーランド エマ考察
出典:約束のネバーランド4丁目 出水ぽすかほか

さらにエマと子どもたちの会話より、発信機を無効化する装置は子どもたちのために使ったことが判明しています。

となると、エマはママを引き付けるために装置を使わずに耳を切り落としたのではないか、というのが当サイトの考察です。

実際、ママはエマの誘導によって時間を稼ぐことに成功しています。その間に、子どもたちは装置で発信機を無効化させていたと考えると辻褄は合います。

しかもです!

エマが子どもたちと合流したとき、アンナが「早く手当しないと」というセリフがあります。このセリフから、エマが耳を切り落とすことは計画の内に入っていたことが分かります。

もし、エマの独断によって耳を切り落としたなら、アンナのセリフは「手当しないと」ではなく「その耳どうしたの」となぜ怪我をしたのか理由を真っ先に聞くのが自然ですからね。

【約束のネバーランド】エマまとめ

ここまでエマについて考察してきました。

エマの性格はかなりの頑固者です。本当にオンの子?と思えるほど意志の強さは相当なものです。GFハウス脱獄後もエマの性格は決して曲がることはありません。

エマの周囲がどんどん曲がっていきます。冒頭で少年ジャンプにおける主人公が女の子率が低いって話をしたけど、エマは性別は女の子だけど中身は男の子といってもいいほどです。

そして、今後もエマはこのまま突っ走っていくはずです。決して折れない意志によって食用児たちが安心して暮らせる世界を作ってくれるはず!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です