やさしい世界を描く!漫画「王様ランキング」の魅力

マンガハックで不定期連載(週1ペース)している無料マンガ「王様ランキング」、最近ネットで盛り上がっている様子で、流行に疎い当ブログにも情報が入ってきました。

現在も連載中で話数は60話を軽く超えてるんですが、ズババババッと一気読みできるほどの破壊力を持ってる作品でした。

1時間もあれば読めちゃいます!

ちなみに、作者のペンネームは「goriemon(ゴリエモンと読むのかな?)」となってますが、作者名はいまだ決めていないらしく、今のところ仮の名前らしい。

ヒリングの胸の描き方からして性別は多分男性w

やさしい世界

今のところ六十数話までアップされているんですが、「王様ランキング」の世界が、んま~優しい。幼稚園か保育園の先生をしてたんですか?ってくらい優しい世界。

たとえるなら絵本とか童話

主人公は、幼いころに母親を亡くしたボッス王国の第一王子ボッジ。耳が聞こえず、口も利けず、さらには子供用の剣すらも持つことができないほど非力な王子。

そんな彼は、父親ボッス王の跡を継ぐはずだったのだが、国王亡き後、新しい国王になったのは彼の義弟にあたる第二王子ダイダ!

国王になるものだと思っていたボッジは悔しがるがどうにもならない。

そんなとき、ボッジは旅に出ることになるのだが、そこには、ボッジを疎ましく思う何者かによって命を襲われることになる・・・といったストーリー。

ちなみに、ここからさらに面白さが加速します!

スポンサーリンク

ボッジの表情

ストーリーを読んでいくと、人生の教訓、道徳、生き方みたいなものをテーマにしてたりします。そもそも、主人公からして、かなり特殊な設定です。

ボッジは耳も聞こえず、目も見えず、力もないんだけど、自分の力を信じていつもニコニコ、そして自分が泣いてるところは絶対に見せない強い心の持ち主なのだ!

王様ランキング
出典:王様ランキング43話 goriemon|マンガハック
この表情である!

あと、読んでいくと分かるけど表情がものすごーく豊かに映る。これは、口が顔全体で一番大きく書いてるからでしょう。

ボッジの表情といえば、「V」のような口が印象的だけど、話せないことが返って、感情豊かでかわいく見えるから不思議。セリフがないとこうした効果を生むのだろうか。

つまりボッジのがなかなかいい仕事をしているのであるw

ちなみに、途中から「カゲ」というボッジくんの親友となるキャラが登場してくるので、彼がボッジのセリフを代弁するようになっていきます。

けど、ボッジの感情の豊かさは言葉がなくても十分に伝わってくる。それにしても、王様ランキングを読むと心が安らぐね。

デスパーという師匠が最高!

王様ランキングはには、魅力的なキャラが多くいるけど、その中でもボッジの剣の師匠となる、冥府の国に住んでいるデスパーさんは一押しキャラ。

おカネにガメツイ一面はあるものの、ボッジには最高の師匠だった。幼少期の孫悟空を鍛え上げた亀仙人くらいいいキャラなのだ。

王様ランキング
出典:王様ランキング55話 goriemon|マンガハック

強くなるために必要なのは勇気!

亀仙人と言えば、思い出すのは少年ジャンプの三大原則「友情・努力・勝利」。ボッジ王子も新しい国王になれなかったものの、仲間や彼を慕う者たちによって強くなっていく。

もちろん、ボッジ王子はたくさんの努力をしたわけだけど、デスパ―といういい師匠に出会ったことによって、己を知り、そして理解する。短所は長所にもなるのだ。

あなたが気にしていることは、もしかしたらあなたの長所なのかも知れない

出典:王様ランキング55話 goriemon|マンガハック

デスパ―さんのこのセリフに思わずグッときたな。気づいたら、目から汗が出ちゃってたほど。決して涙ではないゾ!人前で涙は見せないのだ。

ヒリングさんはツンデレさん

王様ランキング
出典:王様ランキング2話 goriemon|マンガハック

死刑にするから

デスパ―さんのほかにもう一人だけ紹介したいキャラがいる。それが、ボッス王の第二王妃となったヒリングさん。ボッジ王にとっては義母になる間柄。

昼ドラであれば、ボッス王子を毛嫌いして陰湿ないじめをするなんてドロドロ展開もあるけど、王様ランキングではそんなことはないのだよ。初登場の口癖が

死刑!

というほどツンツンとヒステリックおばさん全開だったのに、いつのまにやらボッジにデレデレなキャラになってたりと、微妙にツッコミはあるものの、登場キャラ全員がいいキャラという作者ルールがあると思えば問題なし。

ちなみにヒリングさんは相当なボイン王妃なんだな。

王様ランキングとは

そもそも、作品タイトルにもなっている『王様ランキング』とはどういう意味があるのか。この世界では国力(兵力)、や町の反映度などを加味し、各国の王様が格付けされるのだ。

そして、なによりも王様が強いことが重要ポイントになってくる。たとえば、ボッジ王子の父であるボッス王の王様ランキングは7位。

町が栄え、国民も安心して暮らせる国だけでなく、ボッス王の強靭な強さに魅せられて、優秀な臣下が集まってくることで、さらにランキングは上位に押し上げられた。

こんな風に決定される王様ランキング、でも、このランキングにはキナ臭い匂いがプンプンするのである。ランキング第一位になった王様が謎の失踪をとげるなんて噂もあるのだ。

ボッジ王子は母親と約束した「世界一の王様になること」が夢だから、今後のストーリーで王様ランキングの正体が分かってくるのかもしれない。

複雑な伏線

王様ランキングだけでなく、ほかにも伏線がいっぱいある。たとえば、ボッジと母親の関係。ここからちょっとネタバレになっちゃうんだけど、ボッジはどうやら巨人の子らしいのだ。

王様ランキング
出典:王様ランキング1話 goriemon|マンガハック

ボッジの母親の描写は第一話にて登場していたけど、この母親は巨人なのだろうか。確かにデカいのは確か、けど、巨人は山ほどのデカさがあるっていってたから、違う気もする。

つまり、ポッジの出生が気になるのだ。

出生については、第二王子のダイダ王子も気になるところなんだよね。ダイダの剣術指南役を務めているベビンの気になる描写(43話より)があったりと、これだけでも伏線モリモリなのだ。

小一時間もあればサクサク読めちゃう作品だけど、それだけに何度も読み返してみるのも面白い。優しい世界観だけじゃなくても、伏線もしっかりとある、そして何よりも読んだ後に、心に爽やかな風が流れてます、きっと!

最後に、宰相ソリーはシャクレに目がいきがちだけど、彼の特徴はアゴではなく、右ほほだけが膨らんでいることだゾ!(たまに逆になることがあるw)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です