どれがおすすめ!?人気のデンタルフロスを比較してみた

デンタルフロス

歯周病にむし歯予防に歯みがきだけでは予防は難しく、一説には歯みがきをしても60%程度しか歯垢は除去できないんだそうです。

ですが歯みがきにプラスしてデンタルフロスも一緒に使用している方も増えてきました。しかもネット通販でも簡単に購入できるのもうれしいですよね。

ただ、そうなるとどの商品を使えばいいのか逆に迷ってしまいます。そこでネット通販で購入可能な人気のデンタルフロスを比較してみることにしました。

スポンサーリンク

デンタルフロスの種類

まずデンタルフロスにはおおきく分けて2種類あります。

デンタルフロスの種類
●ホールタイプ(指に巻いて使用)
●U字・V字ホルダータイプ(柄が付いているタイプ)

ホールタイプははじめちょっとしたコツが必要である程度の「馴れ」が必要になります。たとえば豊山とえ子さんの著書『歯は磨かないでください』ではホールタイムのデンタルフロスについてこう説明しています。

通常の指に巻いて使うホールタイプは、使い方が難しいので、歯科の指導を受けていただくことをおすすめします。
出典:歯は磨かないでください 豊山とえ子

実際使ってみると分かりますがかなり難しいです。指導を受けていないと自己流の使い方になってしまい歯垢が残りやすくなる可能性もあるので注意が必要です。

個人的にはU字やV字のホルダータイプのデンタルフロスの方がコツもいらず使いやすいのでおすすめです。ここではホルダータイプのデンタルフロスを比較していくことにします。

デンタルフロスを比較

デンタルフロス

ホルダータイプのデンタルフロスもさまざまなメーカーから発売されていますが、評価や口コミから人気の3商品をここでは比較していきます。

クリニカ デンタルフロスY字タイプ(ライオン)

デンタルフロス

デンタルフロスはいろんな種類を試してきましたが、この商品が一番よかったです。まず価格、200円代(アマゾン)で購入でき18本も入っています。

次に耐久性。デンタルフロスはフロスの耐久度によって使用期間が違ってきますが、この商品は耐久度も申し分なかったです。

今回紹介している商品の中でもかなりの耐久性があります。また個人差はあると思いますが細さもちょうどよくて、たまにデンタルフロスを使うと歯肉から血が出てしまうこともありますが、この商品では血が出たことはないですね。

クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプ
Y字型ホルダーなので、ムシ歯になるやすい奥歯の歯間にもラクに入りしっかりケアできます。120本のミクロ繊維束(フロス)にたるみをもたせているので、歯面を広く覆い、歯垢をからめ取ります
Amazon 楽天市場

ガム デンタルフロス(サンスター)

デンタルフロス

ガムのデンタルフロスもなかなかの耐久性があり価格も安い部類に入ります。ただ、フロスや柄の持ち手などでクリニカと比べて使いづらかったです。

まずフロスの構造。

デンタルフロス

左の緑色のデンタルフロスがガムになりますがフロスの束が1つにまとまっているので、歯と歯の間に入れる時入りずらいかったです。とくは最初は無理やり入れる感じでした。

右の白色はサンスターですが、フロスの束はまとまっておらずバラバラになっているのが分かります。そのためか歯間にスッと入りやすく個人的にはこっちのほうが使いやすいと感じました。

柄の構造もちょっと問題アリでした。

デンタルフロス

ガムの柄は柄にいくほど細くなっています。これは柄の先端がピックになっているので、ここから歯垢をかき出すこともできるよう工夫されているからです。

たしかにアイディアはいいんですが、柄が細いので力が入りにくいんですよね。つまり持ちにくいのでムダな力みが入りやすくて歯肉から血が出やすいんです。

なのでクリニカと比べておすすめ度は下がります。

GUM(ガム)・デンタルフロス&ピックY字型
歯周病の発症しやすい奥歯に使いやすいY字型ハンドルです。細くやわらかいピックが取りにくい食べかすを容易に取り除きます。ゆるく張ったフロスがハグキにやさしく、奥歯の汚れを効果的に除去します
Amazon 楽天市場

DENT.EXウルトラフロスS(ライオン)

デンタルフロス

この商品も人気のですが、価格がちょっと高めです。あと、フロスの構造もガムと同じようにまとまっているので歯間に入りにくかったです。

DENT.EXシリーズの中でも一番細いフロスを選んだんですが、それでもちょっと引っかかりが気になりました。あとほかの商品と比べて耐久性が弱いかも。

デンタルフロス

この商品を購入するなら同じライオンから発売されているクリニカのデンタルフロスがおすすめですね。

ライオン DENT.EXウルトラフロスS
高い耐久性と操作性で繰り返し使えるY字ホルダータイプのデンタルフロス。使いやすさを追求したY字型ホルダーで臼歯部にも使いやすく高耐久性、低摩擦力の「テクミロン」採用で繰り返し使えます
Amazon 楽天市場

歯間ジェルを使うとさらに効果的

デンタルフロス

デンタルフロスを使うなら一緒に歯間ジェルも使ってみてください。デンタルフロスは繰り返し使うことができますが、歯垢をとった後のフロスは水で洗うなりティッシュで拭き取るなりして使いますよね。

ただ性格なのか拭き取っただけでは雑菌が気になってしまうので、歯間ジェルを使って拭き取るようにしてます。除菌+歯周病予防で一石二鳥。

あと、ジェルがあればいちいち洗面台に行かなくても、たとえばリビングでテレビを見ながらでもできます(家族の目が気にならなければw)。

また、一般的にブラッシングした後にデンタルフロスを使う順序だと思いますが、先にデンタルフロスをしてからブラッシングをしたほうが清潔で効率がいいように思います。

デンタルフロス→ブラッシング

デンタルフロスで取り除いた歯垢が歯間に残ってる可能性もあるので。

DENT.EX システマ薬用歯間ジェル
IPMP(イソプロピルメチルフェノール)が歯周ポケットを集中的にケアするジェルタイプの歯周病予防歯磨剤。唾液と反応してゲル化し歯間部により長くとどまります
Amazon 楽天市場

デンタルフロスを比較してみて

デンタルフロスについて比較や使い方を紹介してきましたが、耐久性や使い心地、さらにはコスパなど総合的に考えておすすめはクリニカのデンタルフロスですね。

ぼくがいまでもリピートしているのもこの商品です。デンタルフロスデビューしたい方、ほかの商品も試してみたい方の参考になればと思います。

KaoruAnatu
毎夜カタカタ投稿している中の人。本とサブカルを中心に執筆中。独自視点でレビューが書けたらと思っている今日この頃