【クリスタ版】きれいな線を描きたい!板タブのペン入れ練習法 準備編

デジ絵による作画は画力うんぬんよりもまずはコツや馴れが必要だと思うんです。

とくに「板タブ」呼ばれるペンタブレットはパソコン画面とタブレットが別々なので描くときはタブレット、表示される絵は画面初めの頃はどうしてもきれいな線が描けません。

きれいな線を描くにはどうすればいいのか!?

もうこれは誰でも分かりきっていることですよねw

ひたすら描きまくって板タブに慣れていく

のが一番の上達方法。勉強も趣味も時間をかけなきゃ上手くならないってことです。小手先のコツはたぶんあんま意味ないと思う。

スポンサーリンク

クリスタ版「円なぞり」練習法

ペン入れできれいな線にするにはどうすればいいのか?

一口にいってもポイントはさまざまですが、まずは自分の思い描く場所に線が引けることだと思います。

そのためまずは円をなぞる練習法がおすすめです。人間の顔を見ても目や口、輪郭と描く線はカーブ(曲線)の集まりなわけで曲線の練習は効果的。

この練習法はデジ絵を教えている専門学校だとかカルチャーセンターだとかで紹介されてますし、ネットにも紹介されつくした練習法ですがクリスタ版の円なぞり練習法の詳細なやり方が探してもない。

ほとんどがsaiとかコミスタによる練習なので、ここでは「クリスタ版円なぞり練習法」の準備方法を紹介していきます。

準備編:練習用円ファイルを作る

まず初心者は同心円の円を複数作るところで挫折します。というのもクリスタは機能がありすぎて使いこなすまでに時間がかかるから。

そこでまずは準備編としてなぞっていく複数円の作成から紹介してきます。

STEP1 円の中心から描くよう設定する

まずクリスタを起動してペイントを開きます。

新規→イラスト

適当なサイズを選択してキャンパスを作成します。ここまではいつも通りの手順。

つづいて円を描いていくんですが、グリットを表示させておくと作業が楽なのでおすすめです。

表示→グリッド

でキャンバスに等間隔の縦と横のシマシマが表示されます▼

クリップスタジオ 円なぞり練習法

お次は円の設定です。左端にあるアイコン一覧の中から「図形」(デフォルトだと直線(斜め棒)がアイコンに表示されているはず)から「楕円」を選びます。

クリップスタジオ 円なぞり練習法

楕円にしたらサブツール設定から図形操作の「円中央から開始」にチェックをいれます。サブツール設定はレンチのアイコンをクリックして表示させます。

クリップスタジオ 円なぞり練習法

サブツール設定で図形操作→中央から開始にチェックをいれます。

クリップスタジオ 円なぞり練習法
図形操作→中央から開始

これで中心から広がるように円を描くことができるように設定できました。

STEP2 ファイル作成

あとはグリッドを起点に複数の同心円を描いていけば練習用素材の完成です。真円はshift(シフトキー)を押しながら描くとできます。

クリップスタジオ 円なぞり練習法

こんな感じで複数の円がキレイに描けます。最後にグリット設定を外して任意のタイトルを付けて保存します。

円なぞり練習方法

この練習用の円を使って毎日コツコツとなぞっていきことになります。たぶん目に見えて上達するまでにはかなり時間がかかると思います。基礎レンみたいなもの。

円をなぞるときはレイヤーカラーを青などにして不透明度を下げて書くようにします。これは下書きからペン入れするときと同じなので省略。

練習方法ですがポイントは次の2つを意識するといいと思います。

練習ポイント
●ストロークを意識して早く動かす
●線と線の継ぎ目(入り抜き)を意識する

ペンのストロークを早くするとキレイな線を引くことができます。またペン入れは線と線をつなげていく作業なので、つなぎ目をキレイにするとイイ感じの見た目になります。

はじめて1つの円をなぞるだけでも時間がかかりますが、真剣に取り組めば自分のクセやコツが掴めてきます。ここでは準備編を紹介してきました。

より具体的な実践編は次回紹介したいと思います▼

前回は練習用の素材を作り最後のちょこっと練習方法のポイントを箇条書きしましたが、より具体的な方法を「
KaoruAnatu
毎夜カタカタ投稿している中の人。本とサブカルを中心に執筆中。独自視点でレビューが書けたらと思っている今日この頃