マンガ感想論

キャンディキャンディ事件で放送禁止・絶版状態!漫画を読む方法は?

キャンディ・キャンディ問題

キャンディ・キャンディ(以下キャンディ)を読もうと思って、通販サイトで探してみるとなぜか売っていないんですよね。

中の人
品薄というよりそもそも絶版状態なんです!

絶版とは一体どゆこと?キャンディは70年代と古い作品ながら、今なお人気の高い作品なのにどうしてなのか。

そこで、キャンディについて調べていくと、原作者と作画者間で「キャンディ・キャンディ事件」なる争いが勃発していたんです!

補足

キャンディ・キャンディ事件に関する資料(水木氏・いがらし氏本人及び弁護士の主張、各裁判判決全文、事件の経緯等)は水木氏公式HPにて公開されています

キャンディ・キャンディ事件

キャンディ・キャンディ事件

95年に原作者・水木さんが、作画者・いがらしさんを民事で訴えます。両者で結んでいた契約をいがらしさんが違反したというのです。

これがすべての事件のはじまりでした
中の人

これをキカッケに関係は泥沼化していき、およそ5年にわたる争いの結果、水木さんが勝利した事件がキャンディ・キャンディ事件です。

よく泥沼の原因が「著作権争い」と誤認されがちですが、それはあくまで法律的視点であり、根本的な原因はいがらしさんの契約違反です。

中の人
次からより詳しく争いの流れを紹介していきます
スポンサーリンク

水木・いがらし間の関係悪化年表

年月できごと
1995年水木・いがらし間でキャンディ関連ビジネスにおいて「双方の同意を必要とする」等の契約結ぶ
1997年プリクラ事件
水木の許諾なくいがらしがキャンディのプリクラ事業はじめる⇒水木の抗議により撤去
1997年キャンディ翻訳版事件
水木の許諾なくいがらしが玉皇朝出版からキャンディ翻訳版を香港で出版
1997年キャンディ関連商品同意事件
いがらしが水木にキャンディ関連商品4点の販売同意通知送付⇒水木拒否⇒いがらし一方的に契約(95年に結んだもの)破棄⇒関係最悪に
1997年キャンディ・キャンディ事件
水木はキャンディ関連商品販売停止求めいがらしを相手取り民事訴訟。キャンディ・キャンディ事件と呼ばれる一連の争いへ
1997年反訴
いがらしが「水木にキャンディの著作権はない」と主張し反訴⇒裁判の争点がいがらしの契約違反から著作権問題にすり替わる
2001年最高裁まで争われ水木勝訴⇒水木にキャンディの著作権ありとの判決
簡単にまとめると95年に両者で交わした「契約」をいがらしさんが一方的に違反したことがそもそもの原因
中の人

いがらし側の反訴内容

いがらしさんは「キャンディの絵の著作権はいがらしの単独著作物であるため、そもそも水木に許諾する必要などない」と主張したのです。

いがらしさんが犯した「契約違反」を回避するために、弁護士に言われたのか、争点を著作権にすり替えて争う姿勢を見せていきます。

反訴とは

民事訴訟の進行中に、被告から逆に原告を相手として、本訴との併合審理を求めて起こす訴え

事の発端はいがらしさんの「契約違反」

水木・いがらし間の「ケンカの原因」は、いがらしさんが水木さんと95年に結んだ契約を、いく度となく破ったことが発端でした。

いがらしさんが契約を破るたびに、水木さんはキャンディの権利を守るために、抗議や販売停止請求を一つ一つおこなっていきます。

抗議や販売停止請求はいがらしさんだけでなく、関わっている企業に対しても行うわけで、想像を超えるほどの労力と時間を費やしたはずです。

でもいがらしさんはキャンディ関連商品の発売をやめなかった
中の人

その行動は正直異常。というのも、水木さんと裁判で争っている最中でも、キャンディ関連商品を次々と販売していきます。

いがらし主導キャンディ関連ビジネス
  • キャンディ関連文房具発売⇒販売停止
  • キャンディ関連飴商品発売⇒販売停止
  • キャンディ関連グッズ発売⇒販売停止
  • キャンディ原画販売⇒販売停止

このとき著作権問題は宙ぶらりんの状況。当然、水木さんの許諾はなく、独断でキャンディ関連ビジネスを続けていました。

その後、著作権の関係で販売停止に追い込まれた会社が、いがらしさんを相手取り裁判を起こし、多額の賠償金を支払うことになります。

中の人
いがらしさんが支払った賠償金の総額は裁判費用等含め1千万円を超えたといいます

いまだ泥沼関係にある理由

当初はいがらしさんの「契約違反」を追求するために裁判を起こしたはずが、争点がいつのまにか「著作権問題」へとすり替わっていきます。

中の人
これがいまだ「泥沼」の理由になります
両者の主張すれ違い
  • 水木⇒いがらしに契約違反の謝罪要求
  • いがらし⇒水木に著作権はない

水木さんは、いがらしさんに契約違反を謝罪してほしいのに、裁判では著作権争いになり、水木さんの当初の主張は埋もれていきます。

キャンディ・キャンディ事件

水木さんが当初主張していた、いがらしさんの契約違反の責任の所在は、裁判が終了しても今だうやむやのままなのです!

<著作権事件>としてみれば、判決が確定したのに何故、原作者は出版などを拒否しているのか、不可解に思われるのも当然かもしれません。しかし、<未だに解決していない詐欺事件>として、考えていただければ、とても作品を生かせる状況ではないと、少しはお分かりいただけるかと思っています。

出典:水木杏子公式HP

こちらは、2006年に水木さんの公式HPに公開した文章です。真に解決したいのは契約違反(詐欺事件)なのです。

中の人
水木さんは「詐欺事件」とかなり強い言葉で伝えています

争点すり替えは弁護士の入れ知恵?

その問題(著作権問題)を正当化せんといがらし氏の弁護士、取り巻きの漫画家や漫画評論家たちが画策しています

出典:水木杏子公式HP

水木さんの説明によれば、著作権を争点にしたのはいがらし側弁護士の画策だといいます。裁判に勝つため意図的にズラしたのでしょうか。

また、著作権管理は95年まで講談社がしていましたが、キャンディの著作権範囲は原作者と作画者両方にあるとして扱っていたようです。

その間にいがらしさんから著作権に関する不服は一切なく、裁判で突然主張したことから、主張と言動が一致していないのが気になります。

中の人
契約違反では分が悪いと考えたいがらし側弁護士が著作権で戦おうと考えたのか(推測の域ですが)

いがらし側のふところ事情

そもそもいがらしさんは、なぜこれほどキャンディ関連ビジネスを強引に進めていたのか。その背景には金銭的事情があったようです。

90年代にいがらしさんの仕事がなくなっていったのは事実です。レディースコミックもブームが去ると仕事がなくなっていって、講談社ではほとんど仕事がないということになりました

出典 封印作品の謎2 安藤健二 太田出版

封印作品の謎2の中で、講談社の版権管理部門で働く竹村さんの証言より、90年代に入りいがらしさんの仕事が激減してきます。

一方、水木さんはといえば、児童作家として大成しキャンディ以外での仕事も多く、安定した収入を確保できていたといいます。

封印作品の謎

国民的名作がなぜ世の中から消えたのか綿密な取材により書かれた安藤健二氏によるルポ。キャンディ・キャンディ事件を知る上での良書として知られている

判決後のキャンディ関連商品の行方

97年から5年にわたり争われたキャンディ・キャンディ事件は、2001年に最高裁で原作者の水木さんにも著作権があると判決が下ります。

これにより、キャンディ関連商品は原作者の水木さんと、作画者のいがらしさんの二人の許諾がなければ販売できなくなります。

そして不幸にも、この判決により、キャンディ関連商品は世の中から完全に消えます。アニメ、ビデオなど映像物、漫画も絶版・放送禁止に。

キャンディ漫画・映像物販売状況
商品販売状況
KCコミックス講談社から出版の単行本全9巻は2001年に絶版
文庫版中央公論社から出版の文庫全6巻は99年に絶版
アニメアニメ再放送禁止、ビデオ、DVDなどの映像物の販売不可
裁判が終わった01年以降も関係修復には至らず作品が世に出ることは難しい状況です
中の人

実は2004年にコンビニ本として、キャンディ漫画復刊の企画が持ち上がったんですが、水木側の承諾が下りず実現しませんでした。

キャンディ・キャンディが小説で読める理由

ちなみに2010年に小説版キャンディが出版されています。著作権の問題から小説での発売が限界だったといえそうです。

キャンディを読む方法はないの?

漫画は絶版前は普通に流通していたので、中古であれば読むことはできます。とはいえ、現在の相場は1万円以上と高額です。

キャンディ漫画中古価格状況
通販サイト販売価格
駿河屋13,200円~【文庫版】
まんだらけ12,100円~【単行本】
アマゾン12,000円~【単行本】
中の人
KCコミックスは2001年まで販売されていたことから価格高騰ながら在庫は比較的あるようです

DMMコミックレンタル最強説

キャンディ・キャンディ

この記事では、キャンディ漫画を読むための方法がメインなので、私が調べた限り一番気軽に読める方法を紹介しますw

それが、DMMコミックレンタルの利用です。1月115円から借りられ、現時点で一番お得に読める方法です。

DMMが所有している作品(中古)のレンタルなので手頃な価格で利用できるというわけ
中の人
DMMレンタルサービス内容
レンタル冊数10冊~最大50冊まで
レンタル料金1冊115円
レンタル送料840円

キャンディ・キャンディを読める日

キャンディ漫画やアニメ、関連グッズなどは、お二人の関係がよくならない限り発売は難しく、今でも修復には至っていないようです。

中の人
裁判後もいがらしさんからの謝罪は一度もないといいます

キャンディファンとしては、手軽に作品を読みたい願望がありますが、漫画ならDMMのコミックレンタルでかろうじで読めるのが現状。

結局どっちが悪いの?

こればかりは当事者同士の問題なのでなんともですが、水木さんは民事裁判までして争う必要はあったのか、冷静さに欠けていたのではいか。

いがらしさんは、地方裁判の時点で非を認め、水木さんに謝れなかったのか。お互いに和解するチャンスがあったように思わなくもない。

結局、当事者の2人以外には誰にも解決できない問題なのだ

出典 封印作品の謎2 安藤健二 太田出版

和解がなければ著作権が切れる著者死後70年後の世界で出回ることになります(呆然
中の人
女性向け漫画感想論一覧
スポンサーリンク