マンガ感想論

漫画「隻眼・隻腕・隻脚の魔術師」ネタバレあらすじ紹介!

隻眼・隻腕・隻脚の魔術師

コミック・シーモアで先行配信中の漫画「隻眼・隻腕・隻脚の魔術師」は、魔法と魔術が存在する世界を描くファンタジー作品。

チート主人公が登場するものの、なろう系的な構成ではないため、マンネリさもハーレムさもないのが個人的にはよかった。

考察しがいのある伏線や魅力的なキャラ、きな臭い政治抗争と、複数の要素を盛り込みながら物語が進んでいく重厚ストーリー。

漫画「隻眼・隻腕・隻脚の魔術師」のあらすじ紹介

隻眼・隻腕・隻脚の魔術師

サンティア王国北西のシルベ村。魔法は存在するものの主な軍事力は剣術や体術。この村に住むエインズ少年は、魔法の軍事転用を考えていた。

しかし、魔法はあくまで日常生活を補助する程度のもの。周囲の理解は得られず、バカにすらされていた。そんなある夜、敵国の襲撃を受ける。

隻眼・隻腕・隻脚の魔術師
出典:隻眼・隻腕・隻脚の魔術師 しばの茶番ほか コミック・シーモア

そこで見たのは、敵国が使用していた「魔術」という魔法とは異なる概念。エインズは生き残ったものの、隻眼・隻腕・隻脚の身体になってしまう。

故郷は壊滅し両親を失ったエインズは、タス村のとある夫婦に引き取られ、ここから「魔術」の独自研究にのめり込んでいく。

魔術研究に没頭・・・気づけば二千年もの月日が経過!久しぶりに外に出てみれば、景色がガラッ変わり、タス村も自治都市に変貌していた。

二千年に渡る魔術研究の余波は、エインズを伝説の大魔術師として名をはせるも、露ほどにも知らない本人は世界を知るべく旅に出る!

漫画「隻眼・隻腕・隻脚の魔術師」の主な登場人物・相関図

隻眼・隻腕・隻脚の魔術師

主人公は戦争で両親も故郷も五体満足な体も失ったエインズ。隻眼・隻腕・隻脚となるも魔術の存在を知ったことで魔術研究に没頭する天才だ。

その研究熱心さから、いつの間にか年月は過ぎ、気づけば二千年もの時間が経過していた、いわば浦島太郎的存在と言えます。

そしてエインズが遺してきた魔術に関する書物はいつしか世界を変える遺物になっていた!
中の人

たとえば魔術研究の際に書き残したメモの束が、二千年の時を経て魔術書の「原典」として崇拝される代物になっていた。

エインズが遺したモノは、この世界ではいずれも国宝級の代物ばかり。彼の存在は今では神に等しい存在になっていたんです。

隻眼・隻腕・隻脚の魔術師
出典:隻眼・隻腕・隻脚の魔術師 しばの茶番ほか コミック・シーモア

そんな彼が二千年の時を経て顕現したことで世界は一変していきます。とくに因縁がありそうな人物に魔術師・悠久の魔女。

このほかエインズの旅のお供をする銀雪騎士団のソフィア、旅の途中で知り合ったライカ嬢などが脇を固めます。

この世界では「魔法」とは別に「魔術」が存在する

本作は魔法が使える世界観なんですが、特徴的なのは魔法とは異なる概念として、魔術も存在していることです。

中の人
魔法と魔力は別物の概念として描きます

隻眼・隻腕・隻脚の魔術師

エインズが研究対象にしたのは魔術であり、魔法についてはさほど興味がない。彼の中では魔術>>>魔法という認識らしい。

ちなみに、エインズは魔術師により故郷を滅ぼされたものの、敵討ちには全く興味がない。人間らしい心がスッポリ抜け落ちているのだ。

そのため、魔術への純粋な探求心から国王にも横柄な態度で接したりと、彼の存在がこの世界の腫物になりそうな予感がしてならないゼ。

漫画「隻眼・隻腕・隻脚の魔術師」の見どころ紹介

みどころ①

二千年ぶりに顕現した魔神に世界が激震

久しぶりに外界に出てみれば別世界。エインズにとっては数年程度の引きこもりと思っているけど、実際は二千年ぶりのシャバ。

なぜ二千年もの間出てこなかったのか、さらに、本人は時間のズレを認識しておらず、つまりは第三者の仕業の可能性が高い。

悪意のある第三者がエインズを閉じ込めた?
中の人

大魔術師を閉じ込めるほどの相手とは一体何者なのか、冒頭から強敵を匂わせる構成に、ワクワクが止まらない。

さらにこれほどの大魔術師が顕現したとなれば、世界が黙認するわけもなく、エインズを中心に世界が躍動していくのだッ。

みどころ②

チート主人公の冒険譚

本作主人公はチート級能力の持ち主。サンティア王国では、魔力を広めた始祖であり神的存在な立場のようです。

ただ、彼の素性はなろう系によくあるような転生者ではない。生まれながらの魔力への才覚から独自研究の末に身につけたもの。

中の人
魔術探求への執着が異常なほどある人物なのだ

いずれにせよ、本作主人公はなろう系のそれではない。転生者設定に嫌気を感じていた読者にとっては抵抗なく読める作品。

また、恋愛要素も少なめなのは、エインズの心に問題があるため。女性キャラは登場すれど、イチャイチャ展開は今のところなさそうだ。

漫画「隻眼・隻腕・隻脚の魔術師」の配信状況

隻眼・隻腕・隻脚の魔術師

本作はコミック・シーモアにて、先行配信というかたちで他サイトに比べて、一足先に読むことができます。

アマゾン等ほかの電子書籍サイトでも取扱いはあるものの、最新話が読めるのはコミック・シーモアだけになります。

配信状況
コミックシーモア楽天kobokindle
\最新話状況/
取扱アリ
\最新話状況/
取扱ナシ
\最新話状況/
取扱ナシ
【取扱状況】
全巻(先行配信)
【取扱状況】
一部巻のみ
【取扱状況】
一部巻のみ
特設ページ
中の人
コミック・シーモアで最新話が配信されその数か月後に他電子書籍サイトにて配信される仕組みです

漫画「隻眼・隻腕・隻脚の魔術師」あらすじ感想まとめ

隻眼・隻腕・隻脚の魔術師

本作は原作、作画、構成など複数人による共作のため、ストーリーの奥深さが十分に味わえる作品になっています。

圧倒的存在感のエインズですが、彼の宿敵となる悠久の魔女が居たりと、面白さ間違いなしの構成なんですよね。

さらに、次代の明星なる魔法結社の存在や、エインズの故郷を滅ぼした敵国の魔術師など、怪しい伏線があちこち散らばっているのも良き。

まずは無料巻から

コミックシーモア

コミック・シーモアでは、現在無料で読めるキャンペーン実施中。気になる方はまずは無料版からぜひチェックしてみてくださいね。

コミック・シーモアおすすめ作品特集
コミック・シーモアで読むのは主に独占・先行作品。どこでも読める作品はキンドルで読むためマイナー作品多めかな(TL漫画含め成人向けは扱っていません)
みんなの人気作品
パラダイスヘルディストピアゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年漫画青年漫画青年漫画
あらすじ紹介あらすじ紹介あらすじ紹介
コミック・シーモアでみんなが読んでる注目の人気の作品紹介!
みんなのえちえち作品
秘密の授業エロハラ履歴書を書き換えただけなのに
青年漫画青年漫画青年漫画
あらすじ紹介あらすじ紹介あらすじ紹介
コミック・シーモアでみんなが読んでるえっちぃ系人気の作品紹介!
みんなのTL作品
奈々子と薫 堕落していく僕たちはTL漫画・おいしいからだ。英くんはおくちがお上手
TL漫画TL漫画TL漫画
あらすじ紹介あらすじ紹介あらすじ紹介
コミック・シーモアでみんなが読んでるTL系人気の作品紹介!
みんなの注目作品
絶対にやってはいけない彼女イチゴ哀歌レンタルマーダー
青年漫画青年漫画青年漫画
あらすじ紹介あらすじ紹介あらすじ紹介
コミック・シーモアで連載がはじまったばかりの注目作品紹介!
コミック・シーモアで読んでいる漫画
一つ屋根の下ネタバレ紹介
背徳エロ漫画「一つ屋根の下~甘く危険な熟女の香り~」ネタバレ紹介

2023/8/13

コミック・シーモアで先行配信中の漫画「一つ屋根の下~甘く危険な熟女の香り~」は、青年と熟女との背徳恋愛漫画。 よくある設定な ...

恋と地獄ネタバレ紹介
漫画「恋と地獄」ネタバレ紹介!不倫しあう男と女のドロドロ愛憎劇

2023/8/20

現在、コミック・シーモアで先行配信中の漫画「恋と地獄」は、捨てられ・裏切られた女たちの復讐劇を描くドロドロ愛憎作品。 リベン ...

皆様には人権がございませんネタバレ紹介
漫画「皆様には人権がございません」ネタバレ紹介!家畜に堕ちる人間

2023/8/26

三石メガネ原作ノベル「皆様には人権がございません」のコミカライズ版が、コミック・シーモアにて先行配信。 三石先生といえば、「 ...

タワマン・リベンジ
漫画「タワマン・リベンジ」ネタバレ紹介 弱味を握ってヤリ上がれ!

2023/7/11

コミック・シーモアで連載中のタテヨミ漫画「タワマン・リベンジ」をご存じでしょうか。年齢指定のない青年漫画ながら内容がド興奮! ...

レンタルマーダーネタバレ紹介
過激で残酷な復讐代行!漫画「レンタル・マーダー」ネタバレ紹介

2023/8/13

コミック・シーモアにて先行配信中の漫画「レンタル・マーダー」。いじめられっ子の復讐モノかと思いきや少し違います。 勧善懲悪と ...

ぬらりひょんの棲む家ネタバレ紹介
漫画「ぬらりひょんの棲む家」ネタバレ紹介!妖怪が実家に居座る謎話

2023/10/4

漫画「ぬらりひょんの棲む家」はスマホアプリ「ピープ」にて公開していた作品のコミカライズ、一時期SNSで話題になった作品。 沼 ...

イチゴ哀歌ネタバレ紹介
漫画「イチゴ哀歌」ネタバレ紹介 義兄と義妹のあぶない恋愛関係!?

2023/7/11

コミック・シーモアで先行配信中の漫画「イチゴ哀歌」、連載がはじまったばかりの作品ながら、人気ランキング上位に食い込む話題作。 ...

-マンガ感想論