【冨樫の闇】幽遊白書文庫版最終巻に込めた読者メッセージ

幽遊白書は90年から94年にかけて週刊少年ジャンプで連載されていた作品で、作者は冨樫義博。ジャンプ黄金期を支えて超絶人気作品であることは、言わずもがなである。

作品は単行本、完全版、文庫版と出版されていますが、2010年から毎月1巻ずつ発売された「文庫本」の最終巻12巻のオマケ特典として、冨樫先生の描き下ろしマンガが収録。

しかし、この「描き下ろしマンガ」が賛否を呼ぶことになる。全4ページからなるマンガには、パンダ扮(ふん)する作者が主要キャラを次々に殺していくというものであった。

ご愛読ありがとう!

描き下ろしマンガに入る直線のページには、描き下ろしを特典にするきっかけとなった25歳女性からの熱い応援メッセージが掲載されています。以下引用は抜粋です。

冨樫先生の描き下ろしマンガがもっと読みたいです。ファン歴17年の熱狂ファンより。
(発売直後最初に届いた25歳女性のメール)
出典:幽遊白書12 冨樫義博 集英社文庫(一部抜粋)

どうやらファンの要望に応えるかたちで、描き下ろしマンガが実現したようです。ファン歴17年というと、93、4年頃からのファンでしょうか。

連載からというよりも、アニメから幽白を好きになった感じです。当時小学校低学年(2年生)だったことを考えても、少年ジャンプを読むには難しい年齢ですからね。

ここまではイイ話。だが、ここから暗黒展開に、冨樫先生は描き下ろしで幽助、蔵馬、飛影、桑原を登場させて味わい深いメッセージをマンガに託したのであるw

スポンサーリンク

冨樫描き下ろしマンガ

4ページにわたる描き下ろしの最初のコマには、血を流して倒れている(恐らく死亡)蛍子(けいこ)、それを見つける主人公の幽助が描かれる。

ほかにも飛影や蔵馬と人気キャラも登場するも、お腹に「凶」と書かれたパンダによって瞬殺されていくというストーリー。ストーリーといっていいものか怪しいところだが、パンダは主要キャラを殺しながら、同時に読者へメッセージを送っていた。

幽遊白書 描き下ろしマンガ
出典:幽遊白書12 冨樫義博 集英社文庫

「若気のいたりを絵にかいたような作品ですが、作品に対する思い入れもひとしおです」と言いながらも主要キャラを瞬殺、ブラックユーモアとして読めなくもないけど、正直、良く分からない。

どう解釈するのか知らない、意味不明だから。それに理解に苦しむ部分も多いので、それぞれにお任せします。その代わりと言ってはなんなんですが、疑問点を紹介していこうと思います。

描き下ろしマンガにみる4つの疑問

誰のセリフなのか

パンダ扮する冨樫先生が読者に向けてメッセージを送るストーリー、それは最初のページにもしっかり明記されています。ですが、吹き出しをみるとパンダ以外にもしゃべっているのが分かります。

幽遊白書 描き下ろしマンガ
出典:幽遊白書12 冨樫義博 集英社文庫

「冨樫です」というセリフの吹き出しにしっぽがあるのが分かります。しっぽは幽助の口元に向けられているため、このセリフは幽助のセリフと解釈してもおかしくはないはず。

けど、ここでは冨樫はパンダなわけですし、幽助は幽助、冨樫ではないわけです。幽助以外のキャラを確認しても、吹き出しにシッポが1つもついていません。

幽遊白書 描き下ろしマンガ
出典:幽遊白書12 冨樫義博 集英社文庫

飛影と蔵馬が描かれているコマにもセリフがありますが、吹き出しはありませんよね。なので、このセリフはパンダ、つまり冨樫先生のメッセージとなるわけです。

こうして見ると、幽助の吹き出しのしっぽは単なるミスの可能性が高く、言葉は悪いですが「やっつけ仕事」のようにササッと描いたのかなともとれます。幽白アレルギーは相当なものだと思うのでw

スポンサーリンク

なぜパンダなのか

幽遊白書 描き下ろしマンガ
出典:幽遊白書12 冨樫義博 集英社文庫

描き下ろし自体が解釈に苦しむ部分が多いのでパンダの正体についても「これだ!」という答えは不明。ですが、当時パンダの正体についてある1つの説があったのも事実。

それは同じく少年ジャンプの連載マンガ家だった漫☆画太郎先生が自身の作品に冨樫先生をモチーフにした作品を発表したため、そのアンサーとして自身をパンダにしたという説。

その作品というのは『珍遊記2』、かつて少年ジャンプで連載されていた珍遊記の続編です。前作でも登場していた山田太郎、山田が好きなマンガが少年チンプに連載している「パンダパンダ」であることが珍遊記2で判明します。

幽遊白書 描き下ろしマンガ
出典:珍遊記2 4 漫☆画太郎 集英社

どうせネットのデマだろうと思って、漫☆画太郎先生の作品をいろいろ読んでいったところ、ホントにありましたw

少年チンプに連載している「パンダパンダ」、作者は山下ムサシ、休載が多く一年ぶりに連載することが決まるという、冨樫のライフスタイルそのまま、イジり倒してますw

作中にはハンターライセンスならぬ、漫画家ライセンスなるカードも登場しており、明らかに冨樫義博が元ネタのパロディ回といえます。どうやら冨樫先生はこの作品を読んでいたらしいのです。

幽遊白書 描き下ろしマンガ
出典:HUNTER×HUNTER31 冨樫義博 集英社

その後、ハンターハンターでもパンダが度々登場していることをみると、かなり有力な説ではないかと思います。

主要キャラがなぜ殺させるのか

幽遊白書 描き下ろしマンガ

幽遊白書を連載していたときの冨樫先生の心労はかなり溜まってたのは事実。これは幽遊白書画集において、本人が明言しているので確かな情報です。

この画集は冨樫先生が幽遊白書を連載していた頃の、ありとあらゆる愚痴、不満、欺瞞、手抜き、適当、無関心、鬱、、、を知ることができる衝撃画集になってますw

ガチなファンの方でも引くレベル。

ですから、漫画家として間違いなく天才ですが、神格化はしないように注意してください。冨樫も人間です。ボロボロな状態で連載していたことがリアルに伝わってくる一冊に仕上がっています。

こうした作者の当時の心境を読むと主要キャラを殺していった理由も分からなくもないです。あと、今後絶対続編は描かないだろうなと思えるくらい。25周年ブルーレイボックスで新作アニメが特典になるみたいですけどね。

桑原だけ死なない

幽遊白書 描き下ろしマンガ
出典:幽遊白書12 冨樫義博 集英社文庫

パンダによって主要キャラが次々に殺されていくんですが、なぜか桑原だけ殺されずにいます。桑原は幽白の中で好きなキャラだったのが、その真相はいまだ、よく分からない。

しかし、そんな作者をまるっとすべてひっくるめても、結局、ブツブツいいながらも連載はじまれば読むんだけどさ。

珍遊記2 夢の印税生活編4 漫☆画太郎
出版社: 集英社
発売日: 2010/10/19
言語: 日本語
ASIN: B01AUN40YS

Amazon 楽天市場
幽☆遊☆白書 画集 冨樫義博
大型本: 95ページ
出版社: 集英社 (2005/4/27)
言語: 英語
ISBN-10: 4088737334

Amazon 楽天市場
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です