指にできた水泡のようなぶつぶつが気になる…

指 水泡 ぶつぶつ

ここ2~3年でたまに指(親指や人差し指)に透明な水泡がプクッと何個がでるようになったんです。最初は

なにコレ?

と思いピンセットを使って破っていたんです。破ってみると中から透明な水のような液体が流れてきます。ただ痒(かゆ)みだったり、傷みといった症状はないんです。

同じような症状に悩まれている方はコレが原因の可能性もありますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

異汗性湿疹

私なりに症状をもとに調べてみると、異汗性湿疹(いかんせいしっしん)という症状で、汗疱(かんぽう)発汗異常性湿疹(はっかんいじょうせいしっしん)と呼ばれることもあるんだそうです。

異汗性湿疹の具体的な症状を挙げてみると

    異汗性湿疹のチェック項目

  1. 手足(特に手)にできやすい
  2. 痒みはないが痛みが伴うことがある
  3. 水泡や水ぶくれができる
  4. 水泡がなくなると薄いかわむけになる

私の症状は手にできて痒みはなく、痛みもない。水泡があり、水泡がなくなると薄いかわむけになっているので、①、③、④の項目に当てはまっています。

みなさんもいくつ当てはまるか数えてみてください。中には痛みはもちろん痒みも伴うこともある方もいるようです。

原因は?どんな人になりやすい?

詳しい原因は解明されていないそうですが、湿疹や皮膚炎の一つとされています。ストレスやもともと肌が弱い方(敏感肌やアレルギー体質、アトピーなど)にも出やすいようです。

異汗性湿疹のできやすい方としては

  1. ストレスを溜めこんでいる人
  2. 肌が弱い(アトピーやアレルギー含む)人
  3. 水仕事が多い人
  4. 汗っかき・多汗症の人

主婦の場合、水仕事でゴム手袋を使用している場合とくになりやすく、手が蒸れることで症状が出やすいようです。

通院した場合の処方例

私の場合、症状が指先にポツポツと数える程度しかなく、痒みも痛みもないため皮膚科に通院するまでには至っていません。

ただ、中には手全体にまで水泡が広がり血が出るほど悪化してしまうケースもあり、ご自身の症状によって病院で診てもらうか判断するのがいいと思います。

通院した場合の治療としてはステロイド外用と保湿クリームによるケアをしていくようです。

指 水泡 ぶつぶつ
白井さん
現在症状は右手の中指に2~3個水泡がポツポツ、皮がめくれているのは水泡が自然に潰れた痕になります

私のようにポツポツ程度であれば、このあと紹介する保湿ケアで十分(あるいは様子を見る)かなと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

自分でできるセルフケア

ハンドクリーム

サンホワイト

私の症状が異汗性湿疹だと分かってからは、主に保湿ケアで症状を改善していきました。保湿ケア、ようはハンドクリームです。ドラッグストアなどで売られているハンドクリームで十分です。

私の場合、もともとアレルギー体質ということもありワセリン、症状がヒドかったときは昔から愛用していたソンバーユを使用してました。尿素入りのハンドクリームも効果があるようです。

白井さん
ここで紹介するのはあくまで私のケース。参考程度に留めて自分にあった商品を選んでくださいね!

また指にできた水泡は潰さないことをおすすめします。

冒頭でも書きましたが、私はピンセットまで使って潰していたんですが、だんだんと水泡が多くなり、第一関節までの表面の皮膚がむけて、中の赤ちゃん肌がむき出し状態になりヒリヒリが酷くなってしまいました。

そんなこともあって患部は絶対に触らないようにしたらだんだんと(半年ぐらいかかりました)新しい皮膚がつくられてきてヒリヒリも治まっていきました。

サプリメントは必要?

異汗性湿疹について調べていくと、なせか分かりませんが「サプリメント」をやたらすすめてくるサイトが多かったですが、私としてはおすすめはしません。

なぜってコスパにあわないから

何千円もするサプリメント飲むなら、私なら皮膚科で診てもらいます。そのほうが確実に症状が改善しますし安心です。ハンドクリームはたった数百円で「保湿」効果が期待できる上、肌に合わなければすぐやめられます。

けど、サプリメントって健康食品だからすぐに効果が出ない(しかもやたら高い)。本当に効果があるのか分からないものを何ヶ月も服用し続ける意味が分からりませんよね。

ちなみに異汗性湿疹が出やすい時期は夏場、そして秋から初冬にかけて、ちょうど今頃の時期なんだそうです。ハンドクリームによる保湿ケアでしっかり対策しましょう。とくにお風呂上がりや水仕事の後の保湿はしっかりと。

最後に症状が悪化、痒みや痛みを伴うようなら一度皮膚科に診てもらうのがおすすめです。ここではあくまで初期症状、病院にいくまでもない症状について私なりに調べたものを書いております
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です