【進撃の巨人 考察】戦鎚の巨人の正体判明!継承者・能力まとめ

進撃の巨人25 考察

九つの巨人最後の一人が遂に!明らかになりました。タイバー家の誰かが所有していることは、作中で登場してたけど、その「人物」までは明かされていませんでした。

さらに気になるのは、戦鎚の巨人の能力ですが、これが思っている以上に万能な能力であることも明らかになりました。

巨人に付けられてる名前には「鎧」だとか「顎」だとか「獣」だとか、その巨人の特徴が名前に付けられてるけど、戦鎚も「鎚」を使う巨人ではあるものの、能力の本質はちと違うようである。

戦鎚の巨人の正体

進撃の巨人24 ダイバー家
出典:進撃の巨人24 諫山創

奥に佇む一人のメイド

97話「手から手へ」でタイバー家当主ヴィリーがマーレのマガド隊長に「一族の誰が戦鎚の巨人か見抜けましたか」と言っていたけど、この時マガド隊長は「いいえ」と発言し正体までは明らかにされませんでした。

ただ、少なくともこのコマには戦鎚の巨人を継承した人物がいる可能性が高いということで、かなり絞り込むことができました。

が、まさか、一番奥にいるメイド風の女性だったとは。彼女の名前については25巻では明かされなかったけど、ヴィリーの妹になるようです。

スポンサーリンク

強すぎるゾ!戦鎚の巨人

戦鎚の巨人vs進撃の巨人の中で、さまざまな攻撃を披露していた戦鎚の巨人。この攻撃のバリエーションが特徴の一つでもあったように思う。

そのカラクリは、エレン曰く「硬質化」によってさまざまな武器を作ることができる能力。ただ硬質化だけでは説明できない武器も作りだしており、鎧の巨人とは少し性質が違う可能性が高い。

鎚攻撃

鎚を出したとき、地面からニョキニョキと現れていた。このあとに紹介するドリルのような突起物やボウガンも同様に地面が輝き、そこから武器が作りだしていたように思うのだが、これはたまたまなのか。

進撃の巨人25 考察
出典:進撃の巨人25 諫山創

それにしても鎚ナゲーなw

自身の二倍以上はあろうかという鎚を操る鎚の巨人、ハンマーの打撃部分を進撃の巨人の頭部に当てるって、実際問題もの凄く高度な技術が必要なんだろうと思うが、それをいとも簡単にやってのけてしまった戦鎚の巨人w

バトルの流れを見ていくと、進撃の巨人を巨大突起物で突いて動きを止めてから鎚攻撃している。あんなに長い鎚での攻撃なら当然、攻撃するまでのインターバルも長いし、ピンポイントで狙わなきゃならないからこそ、動きを止めてたんだと思う。

破壊力はスゲーけど、効率がメタくそ悪い武器ではなかろうか。つまり、柄が長すぎるのであるwもう少し短くならんもんなのだろうか。

地面から突起物

進撃の巨人25 考察
出典:進撃の巨人25 諫山創

▲回転しながら腹部を貫くッ!

地面から突起物を生やす攻撃もしていた。最初の巨大突起物には周囲に細かいギザギザが付いていること、そして回転しながら腹部を貫いていたことから、ただ出現させるだけじゃなくて動きを付けることも可能なようだ。

まるでドリルのようである。

ほかにも、エレンの周囲に小さな突起物が地面から出現していた。このことから、ある程度距離が離れた場所でも出現+動きを付けることが可能なようである。硬質化した武器を遠隔操作できるってスゲーな。

ちなみに、小さな突起物を出現させたことからみても、鎚攻撃は敵をある程度「停止」させないといけない。「動きを止める」という一手間を挟んでいるため、やはり効率が悪く柄が長すぎw

スポンサーリンク

射出武器

進撃の巨人25 考察
出典:進撃の巨人25 諫山創

ボウガンのような飛び道具、九つの巨人の中には獣の巨人のような石を飛び道具に使うケースはあるけど、自信の能力で作りだした武器による飛び道具はなかった。

ボウガンを作り出すときも地面がひかり武器が出現してるのが確認できるため、これは戦鎚の巨人が武器を作りだすときの一種の制約みたいなものなのだろうかとも思ったりもする。

そして、この武器こそ単なる硬質化ではない根拠でもある。ボウガンはゴムなどのしなりを利用する武器、つまり柔軟性という特性もある可能性が高い。でなきゃ矢は飛ばないはずだから。

剣・打撃武器

進撃の巨人25 考察
出典:進撃の巨人25 諫山創

剣や扇状の打撃武器も作りだしてたが、今までの法則性から考えると地面が光って武器が出現してきたけど、この描写ではなんとも言えない。

ただ、継承者が地中にいることを考えると、それこそ空中からフワッと武器を作りだすんじゃなくで、巨人出現含め、地面が光を放ち、ピキピキいいながら武器が出現するって描写は見逃せない特徴だと思う。

戦鎚の巨人の秘密

進撃の巨人25 考察
出典:進撃の巨人25 諫山創

戦鎚の巨人の秘密、それは継承者が巨人のウナジにいないということ。じゃあ、どこにいるのかといえば地中にいた。継承者が地中にいるとなると、戦鎚の巨人をどうやって動かしていたのか疑問であるが、戦鎚の巨人の左足から紐のようなものが延びており、それが地中に続いている。

実はこの紐が継承者につながれていることで動かしていたようなのだ。模型自動車とコントローラーを有線でつないでるイメージか。だから、この紐が切れると戦鎚の巨人を動かすことはできない。

戦鎚の巨人の継承者は地中に潜っているため、自身を守るためなのか結晶化している様子。ただ、カラクリを知ってしまえばうなじよりも脆い弱点に思えなくもない。

進撃の巨人25 考察
出典:進撃の巨人25 諫山創

▲骨格だけしか出現できていない

そして戦鎚の巨人が連続で巨人化しようとしてたけど、どうみても骨だけしか作れたないんだよね。つまり、メイドさんは体力的にもう限界が来てるって可能性が高いわけ。

逆にエレンは連続で巨人化しても、しっかり進撃の巨人を出してるわけで、戦鎚の能力はすごいけど継承者が未熟というかエレンほどの力がないように見えます。

進撃の巨人(25)諫山創
出版社: 講談社
出版日: 2018/4/9
言語: 日本語
ASIN: B07B7LP1W5

Amazon 楽天市場
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です