漫画「王様ゲーム(無印)」全五巻感想 最悪な最終回?

ご存知でしょうか漫画「王様ゲーム」のレビューがボロクソなのを?

この漫画はそもそも金沢伸明のケータイ小説『王様ゲーム』のコミカライズ作品。映画化やアニメ化もされちゃってますが、ケータイ小説という時点でお察しください。

古い話になりますが、、、

ケータイ小説とは携帯電話(スマホじゃないよ!)で書かれていた作品のことで、2000年代にちょろっと流行ったとか、流行らなかったとか。

そういえば「恋空」とか人気だったんですが、この作品もボロクロレビューであふれ返っていて、つまりは

ケータイ小説なのでお察しください。

というわけで「王様ゲーム」が本当にヒドイ漫画なのかを書いていこきたいと思います。ちなみに王様ゲームって合コンでやるアレじゃないからね。

あらすじ・ストーリー

県立玉岡高等学校に通う1年B組のクラス全員にある日「王様ゲーム」と書かれた一通のメールが送られてくる。

送信者の名前は王様。

王様ゲーム ネタバレ感想
出典:王様ゲーム1 金沢伸明 連打一人

王様ゲームのルール

●クラス全員強制参加
●王様の命令は絶対服従
●命令は24時間以内に行うこと
●命令に従わなければ「罰」を受ける
●途中で止めることはできない

はじめはイタズラメールと知りつつも面白半分で従っていた生徒たち。しかし王様の命令は日に日にエスカレートしていく。

そして、ついに生徒の中に犠牲者が出てしまう。

命令に従わなかった豊田と石井が罰として「首吊りの刑」が下される。翌日、いつものように登校したB組の生徒たちだが、担任から2人が首を吊り自殺したことが告げられる。

生徒たちは王様ゲームがイタズラなどではなく「本物」の殺人ゲームなのだと思い知る。

出口の見えない王様ゲームははじまったばかり

残り生徒、30人・・・

スポンサーリンク

王様ゲームに関係なく死ぬ生徒

冒頭のツカミはもの凄いキャッチーで鮮烈、エログロたっぷりなんだけど、読み進めていくと「アレ」と真顔に戻ってしまうことろが多々ある。

たとえば、生徒の人気投票で票が少なかったほうが罰ゲームを受けるという命令。王様から指名されたのが上田佳奈と橋本直也の2人。

佳奈は自分の体を使って男子生徒を次々と誘惑していくのだが、最終的に勝ったのは橋本直也。

問題はその後である

罰ゲームの恐怖に怯えた佳奈は発狂してそのまま窓をガッチャーーーーンッ!とぶち破り飛び降りてしまうのだが・・・

よくよく考えてみると、これ罰ゲームでもなんでもなく、ただ上田がかってに飛び降りただけ。王様となんも関係ないじゃんw

王様ゲーム ネタバレ感想
出典:王様ゲーム1 金沢伸明 連打一人

しかも肝心の罰ゲームがショボイ。「好きな人に告白する」という軽いもの。というか死人が出てる時点でこの罰ゲームは今さらないだろ。

恐怖感が一気に白けてしまった。

あと1年の教室って学年で一番下の階になってるはずだから、たかだか数メートルからダイブして即死ってあるのかね。

せいぜい骨折くらいだと思うんだが。そうとうな確率で当たりどころ悪かったんだな。設定をよくよく見ていくと気になる部分がチラホラ。

設定がよく分からない女、奈美

主人公・金沢伸明の王様からの優遇っぷりも目についた設定。コイツ絶対死なないなと安心して読むことができるw

王様ゲーム ネタバレ感想
出典:王様ゲーム3 金沢伸明 連打一人

ついに!伸明にも王様から指令が来たと思ったら

大切なものを失え

という意味不明な指令w

でなぜか伸明の大切なものが今までずっと一緒にいた彼女の本多智恵美や親友の橋本直也ではなく、奈美という生徒。一瞬置いてけぼりをくらい、ストーリーについていけないくなる。

なぜ彼女なのかと。

結局、奈美は浜辺に「ノブアキダイスキ」という素敵なダイイングメッセージを残して、海の藻屑と消えていくという謎のキラキラシーンで幕を閉じる。

王様ゲーム ネタバレ感想
出典:王様ゲーム3 金沢伸明 連打一人
朝焼けが眩しい!!!

ちなみに、伸明は関係が最後までよく分からなかった奈美が死んだ後、恋人の智恵美や親友の直也は死んでない。伸明にとって2人は「大切なもの」ではなかったようだ。

それとも王様が痛恨のミスを犯してしまったのか、主人公だから伸明には甘かったのか、いずれにしても伸明を見逃してくれたってことで、優しいところがある王様になんだか好感w

スポンサーリンク

王様の正体とは

ラストの展開は、王様ゲームが最初にはじまったとされる夜鳴村をつきとめた伸明が、王様ゲームを止める方法を探していくといったストーリーで進んでいきます。

舞台は教室から夜鳴村へと移っていく。

そして核心の王様の正体とは

プログラム化された強力な暗示

でした。王様は生徒ではなかったんです。

今から32年前に夜鳴村で起こった連続殺人事件の原因がこの村の因習に基づく「肉体にも影響を及ぼすほどの強い暗示」によるものだと突き止めたのが、当時この事件を調査していた本多美津子という研究者。

彼女はこの暗示をプログラミング化し「究極の暗示法」、通称王様ウィルスの研究をはじめる。そしてこのウィルスを完成させるために、本多美津子の娘・智恵美が通う1年B組のクラスを最終実験場として選び王様ゲームをスタートさせた。

これが王様ゲームの真相と正体。

すべては携帯電話を通して生徒たちを王様ウイルスに感染させ、強力な暗示によって次々と死んでいったというわけ。

最後(ラスト)の命令

アマゾンレビューでは最終巻の第五巻がものすごく酷評されていますが、これは今まで読んできた読者の怒りによるものです。アイアムアヒーローしかり、名作の最終回は駄作という定石がありますが、分かっています。

王様のゲームは

そんなんじゃねぇだろ!!(byネテロ)

王様からの最後の指令は

王様ゲーム ネタバレ感想
出典:王様ゲーム4 金沢伸明 連打一人

ちょっとまっちくれ!

前にも伸明は王様から「大切なものを失え」って命令されてたじゃん。「最も愛する者を殺す」ってなにこの命令。奈美はどうなったの。アイしちる、アイしちる、ってあんなに叫んでたのに!

王様ゲーム(無印)まとめ感想

結局、最終的に生き残ったのは主人公の金沢伸明ただ一人。彼女の智恵美は王様ゲームでの負傷により死亡してしまう。1人生き残った伸明は王様ウイルスから

あなたがこの世界の王様です。この世界をどうしたいですか?

と問われ、智恵美が生きていた世界を想像してラストを迎える。

全体の感想としては、ところどころツッコミ、ハテナマークが付く部分はありますが、誰が王様なのかといった犯人探しは酷評されるほどヒドイものじゃなかった。

結局ラストまで一気読みする破壊力は実際あったしね。

今回は「酷評・低評価レビューの原因」を考えていったのでこうした記事になったけど、個人的にはサクサク読む分にはおすすめ。原作がケータイ小説なんだから、肩ひじはらずに読めば十分楽しめるかな。

→真のラストを見逃すな!!

内容がヒド過ぎる漫画「王様ゲーム(終極)」 感想!アニメ最終回の考察アリ!

2017.12.27
王様ゲーム全5巻 金沢伸明 連打一人
出版社: 双葉社
発売日: 2012/6/22
言語: 日本語
ASIN: B009DBYUN0

Amazon 楽天市場
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です