進撃の巨人23巻まとめ マーレ帝国側からの視点を描く!

進撃の巨人23
出典:進撃の巨人23 諫山創

ほとんどの方はお気づきだと思いますが、今回23巻の裏表紙がいつもと違ってましたよね。で、表紙カバーを外してみると、これまた絵柄が違っている。

さすが!進撃の巨人に対する作者の熱意が伝わってきます。

今回はエレンたちが住むエルディ島が舞台ではなく、マーレ帝国側、ジークやライナーたち側からの視点で描いているのが特徴。だから表紙もそれに合わせて代えていたんですね、作りが凝ってる!

4年後の世界

23巻のはじまりで、「アレ?」と違和感を持って読んでいったんですが、やはり前回のストーリーとの間で時間軸が違ってました。23巻で描かれるのはあれから4年後の世界でした。

22巻においてマーレの戦士とエレン達との闘いは終結しマーレ帝国の敗北に終わった。そこで気になるのがこの空白の4年間。

マーレ帝国が巨人を失ったことは近隣諸国広まっていたらしく、戦力の低下を狙い中東連合が戦争を仕掛けてきたのがここ4年の流れらしい。

ただこの戦争で活躍を見せたのも巨人。

進撃の巨人23
出典:進撃の巨人23 諫山創

23巻では戦争終盤の様子しか描かれてなかったけど、マーレ帝国の信頼を取り戻すためにジークらは戦っていた。

とくに責任を一手に引き受けていたライナーは鎧の巨人として文字通り体を張って戦っていたようだ。始祖奪還計画の失敗でライナーらの処遇が気になっていたがどうやら処罰は逃れたとみていい。

しかし近代兵器の向上により圧倒的力を誇っていた巨人の弱体化が露呈、かつてのマーレ帝国の脅威は崩れつつあった。

そのためここ4年棚上げされていた始祖奪還計画が再び注目しはじめていくというのが今の段階。始祖の力を手に入れ世界の覇権を握ろうとしているっぽい。

四足歩行の巨人・顎の巨人の正体が判明

車力(しゃりき)の巨人

進撃の巨人23
出典:進撃の巨人23 諫山創

始祖奪還作戦にも参加していた四足歩行の巨人の名前と人物が判明。車力(しゃりき)の巨人という名前で、物資調達として始祖奪還では裏方の役目をしていたが、中東連合との戦いでは戦線にくり出し攻撃にも参加していた。

能力の保持者はピークという女性

松葉杖をしての登場だったが、長時間巨人(四足歩行)でいた一時的な影響で特別足が悪いというわけではないようだ。

顎(あご)の巨人

進撃の巨人23
出典:進撃の巨人23 諫山創

もう一人の巨人は顎(あご)の巨人と呼ばれ、実はこの巨人はユミルのブサイク巨人のことを指している。

つまりマーレ帝国に自ら投降したユミルの能力を継承したのがこの巨人の持ち主となる。それがガリアードという男。そしてさらにややっこしいのがガリアードはマルセルの弟だということ。

つまり

マルセル→ユミル→ガリアード(マルセルの弟)

進撃の巨人 12巻
出典:進撃の巨人12 諫山創

と顎の能力が継承していったことになる。もちろんユミルの継承はイレギュラーだった。そしてユミルは死亡したと思われる。

23巻で気になった疑問

23巻で気になった疑問というか伏線としてアッカーマン族の秘密についてジークが語っていたこと。

進撃の巨人23
出典:進撃の巨人23 諫山創

詳細は今のところ不明ですが巨人化学の中でなにかイレギュラーなことが発生した過去をに酔わせていますよね。何かの人体実験(試薬実験とか)で身体能力の高い人間が生まれたとかなんでしょうか?

というわけでここまで23巻を振り返っていきましたが、近隣諸国との戦闘も一段落したようでパラディ島への攻撃に本腰を入れていくマーレ帝国、そしてこの4年という月日でエレンたちの戦力がどう増強されたのかも気になるところ。

進撃の巨人17
出典:進撃の巨人17 諫山創
この頃が懐かしい(遠い目)

少なくともハンジさんは新しい武器考案してるなwww今までは雷槍とか自動巨人ギロチン装置とか対巨人用の武器がメインだったけど、対人用の武器とか登場してくるのかな。

進撃の巨人23 諌山創
出版社: 講談社
出版日: 2017/8/9
ISBN-10: 4065100070
ISBN-13: 978-4065100073

Amazon 楽天市場
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です