灰と幻想のグリムガル

灰と幻想のグリムガル15巻 オルタナの真実とハルヒロたちの安否!

グリムガル15 ネタバレ感想

灰と幻想のグリムガル15巻の発売です!14+、14++と本編とのつながりはあったものの、いずれも短編集、ガッツリ本編を扱うのは久しぶり。

とくに、ハルヒロたちの安否は14巻以降、一切描かれていなかったこともあり、ヤキモキ感は最高潮に達していた。

とくにシホルだね

異界パラノから脱出できたものの、その後、なぜかひよむーがいたり、謎の薬を投与されたりと、ハルヒロたちの状況は謎のまま。

それに加えて諸王連合の進軍に、オルタナ襲撃、ユメ、ランタ含む義勇兵の安否と、広げすぎた風呂敷もようやく回収に入ります。

つまり15巻は絶対に見逃せない回ダゼ!

グリムガル15巻あらすじ・ストーリー

まずは15巻のストーリーをザックリおさらいしていきます。ハルヒロたちの状況、オルタナの現状、人間の動向をチェック。

ストーリーを整理した上で、後半は15巻で気になったところを考察していきます。そんなわけで、まずはストーリーを振り返ります。

リスタートするハルヒロたち

目覚めよ(アウェイク)

という謎の声により目を覚ましたハルヒロたち。

意識を取り戻した、ということは、ハルヒロはまだ死んでいない。そして、メリイ、シホル、クザク、セトラ、キイチ、一人として欠けることなく全員が無事のようです。

とくにシホルは、異界パラノでトリックスターになったことで、死亡確定か?と不安だったけど、グリムガルに戻れたことで、元に戻れたようだ。

14巻おさらい
パラノ編
灰と幻想のグリムガル14巻
灰と幻想のグリムガル14巻 パラノ編終幕!シホルの運命は!

14巻はパラノ完結巻。思えばパラノ編の評判は賛否両論、むしろ「否」の方が多かったんじゃないかと思うぐらい酷評が目立ってました。 が! ...

目覚めたのはいいのが、厄介な問題な一つ。それは、名前以外の記憶がすべて抜け落ちていたこと。そのため、仲間のこともすっかり忘れてしまう。

振りだしに戻ってしまう

ただ、一人だけ記憶を保っていたのがメリイ。メリイのおかげで、ハルヒロたちが仲間だったこと、パーティを組み冒険していたことを教えられる。

ひよむーの提案

ハルヒロたちが目覚めた場所は、はじめて目が覚めたあの場所。オルタナの小高い丘にそびえ立つ塔。通称、開かずの塔。

ハルヒロがどうやってオルタナにやってきたかは不明ではあるものの、その鍵を握る人物がひよむー、というツインテのウザ女。

この状況は明らかにハルヒロたちがはじめてオルタナにやってきた状況そのまんま。あのときも、案内役としてひよむーが誘導し、義勇兵として戦うことを強いられた。

しかし、今回のひよむーの提案は義勇兵の案内ではなく、彼女が仕えているというご主人様なる人物に従えという唐突な提案。

ひよむーの言うことを聞く。何もひよむーの奴隷になれってわけじゃーないですよ。まーでもぉ?ひよむーのご主人様の指示には従ってもらいますけどね?

出典:灰と幻想のグリムガルlevel.15 十文字青

名前以外の記憶のない状況で、ご主人様に従えと言われ困惑するハルヒロたち。だが、直感的にひろむーの提案には従わないと決断を下す。

オルタナの陥落、人間族の衰退

ひよむーの提案を断り、記憶のないままオルタナからリスタートをすることになったハルヒロたち。

しかし、待ち受けるはさらなる最悪な状況

オルタナへと向かう道中、状況が一変していた。見張り台には人影らしき姿があるのだが、ハルヒロたちが近づいてくと、その容姿が人影ではないことに気付く。

ゴブリン

ハルヒロたちが目にしたのは、人間の町として栄えていたオルタナがゴブリンにより占拠されている現状。オルタナはゴブリンたちの巣窟となっていた。

単行本14++「月下に吠ゆる私は狼」で、諸王連合に襲撃されたオルタナだけど、人間の抵抗もむなしく敵の手によって陥落してしまっていた。

オルタナにいた多くの人間はどうなったのか。ユメとランタの安否、そして、チーム・レンジも諸王連合と戦っていたはずだがどうなったのか?

遠征軍によるオルタナ奪還作戦

状況はさらに最悪へと進む。オルタナのみならず、デッドヘッド監視塔、寂し野前哨基地、リバーサイド鉄骨要塞と、ことごとく陥落。

人間が住む町は一つとしてなく、天山山脈の麓(ふもと)に野宿するしかなかった。だが、ハルヒロたちは絶望しない。それは今までの過酷な経験によるもの。

みんな成長した(涙

そんなとき出会ったのが、アラバキア王国遠征軍を名乗る一団。オルタナ陥落を受けて、アラバキア王国から援軍がやってきたのだ。

ハルヒロたちは遠征軍に協力することになり、オルタナを牛耳っているゴブリンどもを一層し町を奪還する作戦が始まろうとしていたッ!

背水の陣

現在、オルタナに棲みつくゴブリンの親玉は副王ボッゴ、その取り巻きには百傑と呼ばれるおよそ二十体のゴブリンがいる。

狙うべきは副王ボッゴただ一人。親玉を倒せばゴブリンの統制は一気に崩れる。オルタナには千体以上のゴブリンがいるが、副王さえ倒せば奪還は可能なのだ。

副王ボッゴの討伐部隊に、ハルヒロとアラバキア王国遠征軍の精鋭たち総勢二十一名が挑む。少数精鋭とは聞こえはいいが、背水の陣を覚悟した無謀な作戦であった。

ハルヒロの成長、決戦日

オルタナは陥落したが、市内に潜伏しゴブリンたちの動向を偵察していたのが、ハルヒロの師であるバルバラ先生であった。

バルバラは愛弟子ハルヒロとの再会に喜んだ。そして、オルタナ奪還作戦前に、稽古をつけてもらい盗賊スキルに磨きをかけていった。

そして奪還作戦当日

この戦いで多くの犠牲ができることは必須。千人以上のゴブリン相手にこちらはたった二十名程度。そしてはじまるド緊張の戦い。戦況の行方は・・・

スポンサーリンク

灰と幻想のグリムガル15巻まとめ

15巻は昔のグリムガルに戻ってきた感じがしますね。ハラハラドキドキ、たとえメインキャラであったとしても、あっけなく死んでしまうストーリー。

こんなラノベが読みたかったんだッ!的な

オルタナに戻ってきたハルヒロたちですが、グリムガルの秘密に触れてきています。核心とまではいかないけど、黒幕のしっぽが見えてきたようないないような。

灰と幻想のグリムガルlevel.15
ページ数: 262 ページ
出版社: オーバーラップ
出版日: 2019/12/25
ASIN: B0829WKKY8

Amazon 楽天市場

グリムガル15巻深堀考察【ネタバレ】

ここからは、15巻の中で気になる箇所を考察していきます。あらすじパートはネタバレほぼなしでしたが、考察パートでは一部ネタバレがあるので本作既読向けです。

15巻の四つの考察

  1. ひよむーと大賢者
  2. モーギス将軍の左遷理由
  3. 人間族が戦争をしかけた?
  4. ランタ・ユメ・義勇兵の生死

①ひよむーと大賢者

ハルヒロたちはどこから来たのか、なぜ名前以外記憶がないのか、グリムガルは現実世界なのか、本作の最大の謎であるこれらの疑問のヒントが今回明らかになったように思います。

それが、ひよむーがいっていた大賢者の存在。単行本14巻のラストで、ひよむーはご主人様の命によりハルヒロたちに謎の薬を投与していました。

投与する前の仲間たちの記憶があったことから、ハルヒロたちが記憶をなくした原因にひよむーが関係しているのは確定。そこでカギになってくるのがご主人様の正体です。

ひよむーが忠誠を誓うご主人様、そして、大賢者とも言っていたソイツの正体とは誰なのかってことです。可能性として高いのはアイランド・レスリー

ご主人様=アイランド・レスリー?

ひよむーのご主人は博学多識にしてほぼほぼ不老不死、所有する悲報財宝お宝は数知れず、終結した叡智でもって世界の謎を余すところなく解き明かし、大いなる野望を叶えんとしている偉い、すごすぎる超絶大賢者ですし

出典:灰と幻想のグリムガルlevel.15 十文字青

ハルヒロたちがオルタナに戻る前に、最後に立ち寄ったのがレスリーキャンプと考えると、ひよむーのご主人様とレスリーをつなげてしまうのは自然な流れ。

また、ひよむーのセリフには「ほぼ不老不死」とあるのも気になります。レスリーは不死の王の臣下であり、五公子の一人。不死の王の血を分け与えられたため不老不死でもある。

ひよむーのセリフにあった「ほぼ不老不死」とも一致します。また、レイリーが望む野望とやらも気になるところ。レイリーとの接触が謎を解くカギになるのでしょうか?

②モーギス将軍の左遷理由

15巻で初登場したアラバキア王国遠征軍の指揮官であるモーギス将軍、彼の経歴は脱走兵の捕縛と再教育を専門におこなう黒い猟犬(ブラックハウンド)の元指揮官。

そんな彼が遠征軍の指揮官としてオルタナ奪還作戦の指揮を執っている。ただ、部下のアントニー曰く決して栄達ではないというのだ。

なぜモーギス将軍は出世コースから外れたのか。可能性の一つとして彼の性格にあるのかもしれない。度を越した行動や発言は目に余るのは確か。

その最たるものがオルタナ辺境伯の殺害。

モーギス将軍は剣を抜いた。檻の中の辺境伯は逃げなかった。(中略)将軍は剣で辺境伯の胸を突き刺した

出典:灰と幻想のグリムガルlevel.15 十文字青

将軍の一存で辺境伯を殺害した。辺境伯がいなくなった今、オルタナを統治するのはモーギス将軍ということになる。

性格に難があることが原因で、遠征軍の指揮官に左遷されたのだとしたら、これからのオルタナの状況も気になるところだ。

③人間族が戦争を仕かけた?

グリムガルにおける人間族の存在感はもはや米粒ほどです。少なくとも諸王連合に敗北して辺境へと追いやられてしまった種族というのが一般的な認知。

なら、どうして今回人間は諸王連合に戦争を仕掛けたのか。ここでいう「戦争を仕掛けた」というのは、単行本14+にて登場した灰色エルフの視点なので真実かは不明。

けど、今回の戦争の原因がオルタナにあるのは間違いない。アラバキア王国の実情は他種族との政治的駆け引きでなんとか生き残っている小国。

アラバキア王国側は、とくにダムローのゴブリンと取引をして、オルタナ建設を見逃してもらったらしい

出典:灰と幻想のグリムガルlevel.14++ 十文字青

オルタナはゴブリンとの交渉で見逃されていることが明かされたが、現在オルタナがゴブリンに占拠されているとなると、ゴブリンとの交渉は決裂したと言えます。

しかし人間族の落ちぶれを見るに、オルタナを維持するためにゴブリンとの交渉を破棄するメリットはなく良好な関係を築きたいはずである。

じゃなきゃオルタナ奪還なんかしない

となると、諸王連合が人間族を潰すために、ゴブリン族にわざと交渉決裂し戦争に持ち込ませた可能性が高いように思えてならない。

オルタナ陥落でなぜ諸王連合が動いたのか、その動機が気になるところではある。少なくとも諸王連合が動いた目的は未だ一切明らかになっていない。

④ランタ・ユメの生死

ハルヒロたちは全員無事だったけど、ならランタとユメの安否はどうなのか。オルタナ襲撃でランタたちは懸命に戦っていた。

そこに現れたのがフォルガン所属の片腕の剣士タカサギ。相まみえる形で終わってしまい、その後の決着は不明。

ところがです!

最終章にてランタとユメの生存判明。そしてほかの生き残った義勇兵もいたようです。ランタたちはコボルドにより陥落したリバーサイド鉄骨要塞を奪取のため戦っていた。

ただ、一つだけ気になるのがレンジ。

レンジもユメとともにオルタナに戻っていたはずですが、リバーサイド鉄骨要塞ではその安否については触れていませんでした。チーム・レンジの面々の生存は未だ不明。

時系列の確認

ちなみに、ユメがオルタナに戻ってきたのは、モモヒナの弟子になっておよそ三年が経過しています。ランタもだいたい同じ頃にオルタナに戻っています。

一方、ハルヒロたちがオルタナに戻ってきたのは、ワンダーホールで行方不明になってからおよそ四年後。久しぶりに再会したバルバラ先生のセリフで明らかになります。

「それも、もう四年も前だよ」

出典:灰と幻想のグリムガルlevel.15 十文字青

ワンダーホールのころはまだユメもランタもパーティーにいたことから、ハルヒロたちはユメらの数か月後にオルタナに戻ってきたという時系列だと思う。

灰と幻想のグリムガル15巻感想まとめ

リスタートとして二度目の「目覚め」を体験したハルヒロたち。右も左もなにも分からない状況で、再び冒険をはじめることになるとは。

ひよむーが捨て台詞でいっていた「後悔する」という言葉は本当だった、けど、ハルヒロの仲間にはユメもランタもいる。

そして、ユメとオルタナで再会することを約束していた。メリイの記憶がある限り、100%ひよむーに従うという選択はあり得ない。

そんなわけで、次回ついに!チーム・ハルヒロが全員集合が描かれるのか、、、けど、ハルヒロたち記憶なかったんだよな、次回どうなるの?

つづく

追記:終章突入

作者ツイートによると、15巻から終章突入らしい。グリムガルも終盤に差しかかってきたってことか。あと、担当編集といろいろ話し合ったみたい。

異界パラノ編微妙だったから、担当さんが軌道修正してくれたって感じなのかな、15巻のテイスト明らかに違ってたもんね。

個人的には最後まで描き切ってほしいし、読み続けていきたい作品の一つ。売上もラノベ部門ではそう悪くないように思うけど。

グリムガルシリーズ

灰と幻想のグリムガル1巻 ネタバレ感想

灰と幻想のグリムガル2巻 ネタバレ感想 灰と幻想のグリムガル3巻 ネタバレ感想
グリムガル1巻 グリムガル2巻 グリムガル3巻
灰と幻想のグリムガル4巻 ネタバレ感想 灰と幻想のグリムガル5巻 ネタバレ感想 灰と幻想のグリムガル6巻 ネタバレ感想
グリムガル4巻 グリムガル5巻 グリムガル6巻
灰と幻想のグリムガル7巻 ネタバレ感想 灰と幻想のグリムガル8巻 ネタバレ感想 灰と幻想のグリムガル9巻 ネタバレ感想
グリムガル7巻 グリムガル8巻 グリムガル9巻
灰と幻想のグリムガル10巻 ネタバレ感想 灰と幻想のグリムガル11巻 ネタバレ感想 灰と幻想のグリムガル12巻 ネタバレ感想
グリムガル10巻 グリムガル11巻 グリムガル12巻
灰と幻想のグリムガル13 ネタバレ感想 灰と幻想のグリムガル14巻 灰と幻想のグリムガル14+ ネタバレ感想
グリムガル13巻 グリムガル14巻 グリムガル14+
グリムガル14++ ネタバレ感想 グリムガル15 ネタバレ感想
グリムガル14++ グリムガル15巻
グリムガル最新情報
新刊15巻絶賛発売中!アマゾンで購入



-灰と幻想のグリムガル

Copyright© アナブレ , 2020 All Rights Reserved.