本とサブカルを中心にたわいない日常をブンセキ

アナブレ

ラノベ

アニメ「盾の勇者の成り上がり」がいろいろひどい件

2019年冬アニメにおける覇権アニメとして一部ネットにて、期待大されていたような、いないような作品「盾の勇者の成り上がり」。
 
いわゆる「なろう系作品」のアニメ化で、今までの異世界なんちゃら物語とは一線を画す作品として、大いに盛り上がっていたそうな。

放送される前までは...

そんで、実際にフタを開けてみれば、思ったよりも、いや、思った以上にスベったようにも見えなくもない。ただ、当ブログで取り上げたのは、面白いアニメという評価だから。

残念ながら原作を買うつもりはなく、無料のなろう作品を読んでも文章が高尚すぎて、そっと閉じてはしまったのだが面白味はあると思う。

そんなわけで、いろいろ設定をツッコんでいきます!

盾の勇者への迫害

盾の勇者の成り上がりはラノベ定番の異世界もの。いたって普通の大学生・岩谷尚文(いわたになおふみ)が、ひょんなことから異世界へと転送。

盾の勇者としてメルロマルクに召喚される。

尚文の役目は、世界を破滅に導く波(なみ)をはねのけること。波からは幾多のモンスターが襲いにやってくる、ソイツらを倒すのが勇者の役目。

メルロマルクに召喚された勇者は尚文を含めて全部で四人。

剣の勇者・天木錬弓の勇者・川澄樹槍の勇者・北村元康

最初に召喚された場所はメルロマルク城の謁見の間。だが、盾の勇者にだけ国王のアタリがなぜか強い。さらにである。臣下までも、盾の勇者に冷たいのだ。

ストーリーが進むにつれて、尚文への対応の酷さは劣悪になっていく一方で、特に国王との関係が断絶的に悪く、尚文への迫害はかなりエグイ。

伝説武器のみ使用可能

勇者に与えられた伝説の武器には「禁止事項」が設けられている。その内容とは、伝説武器以外の使用ができないというのも。

盾の勇者の成り上がり
出典:盾の勇者の成り上がり myシアターD.D. | Amazon Prime

使用武器?防具じゃなくて??

尚文の場合であれば、異世界での盾以外の武器(というか防具だけど)の使用不可。つまり、防御だけで攻撃することができない名ばかりの勇者というポジション。

ただ、盾の本来の役割は武器ではなく防具、使用武器にカテゴリされていることに違和感を感じるものの、その謎はストーリーが進むにつれて明らかに。

勇者が持つ伝説の武器はさまざまなスキル習得が可能。武器が進化するのである。尚文の盾は攻撃スキルも習得も可能。これであれば盾の勇者でも波を戦っていくことができる。

とはいえだ。

盾が防御にも武器にもなったことで最強説が浮上。盾のスキルの攻撃によって波を払いのけてしまう回が登場したことで、攻撃力の高さも証明されてしまった。

盾以外無能(とくに槍)

メルロマルクに召喚された尚文だが、ガッサガサに心が荒(すさ)んでしまったことから、守銭奴的キャラになり下がったが、根は優しいキャラであったのは忘れがち。

そもそも、金にがめついのは尚文以外の勇者だった。

第1話において、メルロマルクに召喚された勇者たちに、国を守ってほしいという国王の要求に「報酬はあるのか?」と尋ねていたのは剣の勇者・錬。

盾の勇者の成り上がり
出典:盾の勇者の成り上がり myシアターD.D. | Amazon Prime

さらに、中二病を引きずったような上から目線の言葉や態度、はじめは尚文以外の勇者の態度こそ厚かましかったのだ!

「飼いならせると思うな」
「甘く見てもらっては困ります」

とかなりの強気発言。

根が中二病なもんだからこそ、その後の無能っぷりは当然と言えば当然なのだ。三人の無能っぷりは実は第一話のセリフから匂わせていたのかもしれない。

その後、北の国でのレジスタンス革命やドラゴン討伐など、いずれも中途半端な解決により、剣・弓・槍の尻ぬぐいを結果的にするハメになってしまった尚文。

槍の勇者は問題外として、弓や剣の勇者もなぜかストーリーが進むにつれて弱くなっていくという謎の補正が発動するように。

ある意味斬新な展開・・・なのか?

必殺技が雷属性のみ

四人の勇者の力量が決定的になったのが13話での波のとき。グラスが登場した回である。このとき勇者が使った攻撃がいずれも雷属性。

剣の勇者・天木錬⇒鳴剣
弓の勇者・川澄樹⇒サンダーアロー
槍の勇者・北村元康⇒ライトニングスピアー

どうやらこの世界では雷攻撃が最強技のようなのだ。

原作ではここはどうなってるのか。

ただ細かい説明を省いたご都合展開とも捨てきれない、とはいえ理由がなんにせよ全員そろって雷属性は可笑しすぎるだろ!と言わざる負えない。

緊迫の戦いを見せつつもシュールな笑いを視聴者に提供する狙いがあった可能性はあるかもしれない。三バカ勇者の雷攻撃に、尚文は

「雷系統ばかりじゃ意味がない!」

と冷静かつ的確なツッコンをしていたのも見逃せない。ちなみにだが、この波では尚文がアイアンメイデンを発動させ敵を倒していた。

武器ではない盾のスキル攻撃が、実は最強だったことが判明。ちなみに、この時登場したグラスは尚文以外勇者とはみなしていたなかった。

12話はいろいろツッコミどころが満載で狙っているのではないかと本気で思うくらい。そういえば、これがシーズン1の最終回の位置づけだったのか。

恐ろしい((( ;゚Д゚)))ブルブル

マインが鬼畜

そもそも、なぜ尚文の心がズタブクロのように人間不信に陥ってしまったのか。一時はなにを食べても味がしないという味覚障害にまで精神が擦り切れていたほど。

異世界に来てまで鬱にならなきゃいけないのか。

本来なら現実がクソで、異世界で人生やり直すマンになるというのが定番である。放送前に「一線を画す異世界物語」というのは、こういう意味で使っていたのだろうか?

盾の勇者の成り上がり
出典:盾の勇者の成り上がり myシアターD.D. | Amazon Prime

ともかく、尚文が異世界にきて人間不信に陥った原因はマインによる裏切りであった。マインのウソの証言により、婦女暴行のレッテルを張られてしまうことになる。さらには国王とも反りも合わず断絶状態。

なら、なぜこれほど尚文は嫌われるのか?

そもそも性格に問題があるともいえそうだが、どうやら尚文というよりも「盾の勇者」との間に因縁がありそうなのだ。これにすちてシーズン2にて伏線回収がされそうな予感。

ちなみに13話をご覧になっただろうか?

メルティの暗殺を企てていたマインだが、フタを開けてみればあからさまな魔法攻撃で殺そうとする。剣も弓の勇者いる目の前でだ。これでは暗殺もなにもない。

黒幕はマイン、てめぇだろと自ら告白しているようなものである。心が病みすぎていて意味不明である。ここまでくるとさすがに引いてしまう。

盾の勇者の成り上がり

ストーリーとしては異世界に来た主人公がはじめはボロボロの状態にされて、そこから成り上がっていくストーリーのようである。

ただ、尚文が成り上がるのはいいけど、他の勇者がストーリーが進むにつれてバカになっていくのはいかがなものか。

アナさん
三人揃って雷攻撃ってwww

盾にも攻撃スキルが付与されたことで、防御としての役割以外の力を身につけたけど、シーズン2ではどんな展開になっていくのか、できれば転スラのように手抜きラストにだけはならんでほしい。

まぁ~、ラフタリアとフィーロがいるからラストまでは見るけど、原作までは手は伸びんかな。ちなみになろう作品なので無料で原作は読めるで。

最後に、元康、テメエだけは許さねえエ!

Copyright© アナブレ , 2019 All Rights Reserved.