【山梨 心霊】甲斐大和駅近くにあるホウの木の祟り

日本各地には神木に纏わるいわく話はけっこうあったります。以前に紹介した東京都の砧公園近くにある切り株(神木)もそうでした。

甲府市大和町にある諏訪神社に佇むホウの木も、昔から「祟りがある」場所として恐れられていたといいます。そこで、今回はこのホウの木についてスポットを当てていきます。

教育委員会も認める祟り

いわく・心霊スポットと呼ばれる場所の多くは、ウワサが独り歩きしただけで信憑性はそれほどない。肝試しと称して問題の場所へ行ってみると、なにも起こらないことのほうが実際多い。

心霊スポットとはそんなものである。

しかし、甲斐大和駅すぐそばにある諏訪神社のホウの木に纏わる祟りは、どうも幾度となく悲惨な事故が起こっているようなのだ。それを物語っているのが、敷地内に設置されている説明版。

諏訪神社

この朴(ほう)の木は、日本武尊がこの地に憩った折り、杖にしたものが発芽したものと伝承されている。古来からこの神木を疎かにすると、不祥(ふしょう)の事件がおこると信じられているので、神意に逆らわないようにしている

平成元年三月建立

大和村教育委員会

これは諏訪神社に実際に設置してある説明板の文言をそのまま引用したものである。大和村教育委員会では、諏訪神社のホウの木の祟りについて公式に言及しているのである。しかも平成三年に設置されているのだ。

これは普通に凄いこと。ただ、こうした説明版を設置するというからには、過去にホウの木に纏わる事件や事故が発生したと同義でもあるはず。

であるならば、教育委員会でも恐れるホウの木の祟りとはなんなのか、さらに興味が湧いてきたので過去に起こった事件を調べてみることにしました。

スポンサーリンク

ホウの木に纏わる祟り

ホウの木 心霊 山梨

諏訪神社のホウの木は有名なのか、過去の事件について調べるのはそう難しくありませんでした。今回は、「月刊ムー」でお馴染みの学研から出版されている「禁足地帯の歩き方」に詳しい記録が紹介されています。

ここでは年表風に主だった事件を箇条書きにて紹介していきます。

  • 1905年 ホウの木の葉で作った柏餅を食べた川久保集落の村人が集団死亡
  • 1918・1929年 駅拡張工事が浮上するもホウの木の祟りを恐れ二度計画が中止
  • 1953年 線路に伸びたホウの木の枝払いをした国鉄の作業員が謎の死
  • 1958年 ホウの木の枝払いをした国鉄の作業員が謎の死

ホウの木の祟りについては明治期から地元民はもちろん、国鉄や企業にまで知られていた有名な場所だったようなのだ。特に諏訪神社は線路に隣接していることもあり、国鉄職員の事故が多く記録されているのが特徴。

1953年、1958年の事故では、枝払いに関わった国鉄職員すべてが、その後謎の死や事故に遭っていることことから、単なる事故とは言えないのである。

そう考えると、現在でもホウの木はスクスクと育っており、国鉄からJRに変わったとはいえ祟りがなくなるわけでは当然ないはずである。しかも、線路に枝が邪魔するとなれば人命にも関わる重要事案のため、祟りなどとは言ってられない。

そこで考えられたのが次の写真である。

ホウの木 心霊 山梨
出典:googlemap

ホウの木の祟りを恐れたのであろうか、枝払いができないJRは神社と線路の間に鉄骨のフェンスを設置したのである。

ホウの木 心霊 山梨
出典:googlemap

こうして間近で見ると、設置した目的が明らかにホウの木を避けるためであることがよく分かります。枝払いができないための苦肉の策にも思えますが、祟りのリアルさを物語っている。

さらにスゴイのは、諏訪神社本殿は文化財に指定されているのだが、ホウの木が屋根に当たり本殿を傷つける可能性があるにも関わらず、祟りを恐れ枝払いができない状況なのだ。

そのため、本殿の裏手にはJRと同様に鉄骨の屋根を設置して、本殿をホウの木から護るという異様な光景になっている。そして月に一度はご神酒が供えられるという。

具体的な場所

恐らくこんな場所は他に探してもない、つまりリガルガチな場所。そのくらい危険度は高いのすが、境内にある説明版に書かれてある通り「神意に逆らわない」ようにすれば問題ありません。

つまりは触らないことです。

ちなみに、諏訪神社にはホウの木のほかに松の木もありますが、松の木に触っても祟りがあるという話もありますのでご注意ください。

詳しく場所を説明すると、甲斐大和駅(JR中央本線)を降りて甲州市立大和小学校を目指して進んでいくと諏訪神社が見えてきます。この地域には諏訪神社という名前の神社が他にもあるので間違えないように注意してください。

また神社の裏手にはJRが設置した鉄骨のフェンスもありますから、これを目印にするのもいいかもしれません。今まで紹介してきたように、ホウの木の神意には逆らわず、絶対にご神木には触らないことをおすすめします。触らぬ神に祟りなしです。

参考図書
禁足地帯の歩き方 吉田悠軌
日本の聖地99の謎 歴史ミステリー研究会
山梨県神社庁HP
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です