本とサブカルを中心にたわいない日常をブンセキ

アナブレ

七つの大罪

【七つの大罪】エスカノール最強考察!これまでを振り返る!

2019年6月8日

七つの大罪の中でも、圧倒的闘級で十戒を倒していったエスカノール。ほかのキャラが苦戦している中、序盤からチート級の力によってボッコボコにしてきます。

エスカノールは最強!

と誰しもが思うところ、ただそんなエスカノールにも力の秘密が明らかになるにつれ、「死亡」という最悪なフラグも立ちはじめています。

だからこそ!ここで、エスカノールの今までの活躍、恩寵、マエル、そして今度どうなっていくのかも含め最強伝説を語っていきたいと思うわけです!

エスカノールの初登場シーン

思えば、七つの大罪の中でも一番最後にその姿が明らかになったのがエスカノールでした。単行本で言えば19巻、十戒が封印から解放されてからのとを考えると、実は初登場はかなり後。

初登場シーンは、十戒ガランとメラスキュラの圧倒的な闘級差に手も足もでないバンとジェリコが、逃げこんだ酒場にいたのがエスカノールでした。

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪19 鈴木央 講談社

エスカノール初登場シーン!

七つの大罪メンバーの中でも最強、団長よりも強いと言わしめるほどの実力の持ち主がどんな人物なのかと思ったら、まさかのヒョロヒョロ。

のちに能力の特徴が明らかになるものの、初登場シーンは「コイツが団長よりも強いのか!?」と意表をつく謎登場シーンだったのは確か。

ちなみに、本編ではなくアニメBDの特典として鈴木先生書き下ろしの短編漫画「エジンバラの吸血鬼」にて、若かりし日のエスカノールの姿が描かれており、本当の初登場はここだった。

エスカノールの最強伝説!

初登場のエスカノールがヒョロヒョロだったのは、彼が持っている能力の特徴によるものでした。ここではエスカノールプロフィールから、強さや闘級について詳しくみていきます!

エスカノールのプロフィール

身長 165~325cm
体重 49~355kg
誕生日 7月1日
年齢 40歳
魔力 太陽(サンシャイン)
出身地 カステリオ王国

体重と身長ともに開きがあるのは、夜と昼とで闘級だけでなく体格も変化するため。血液型はAB型、昼と夜とで二面性のあらわしている?

エスカノールの傲慢の罪とは、彼の性格にあります。太陽が昇るに従い傲慢になっていき、正午の5分間に頂点に達する。

この状態をザ・ワン(天上天下唯我独尊)といい、アサルト状態のメリオダスさえも倒しています。闘級は10万を軽くこえ、怪物的な力を発揮。

背中にはライオンの刺青がある。ライオンは百獣の王、食物連鎖の頂点に君臨する生物、エスカノールも自分が最強であると保持するため背中に刻んだものか、傲慢の罪らしい刺青。

魔力「太陽(サンシャイン)」の秘密

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪19 鈴木央 講談社

エスカノールが「最強」と言われるゆえんは、魔力「太陽(サンシャイン)」によるもの。エスカノールの魔力ついては謎が多かったものの、今ではほぼ明らかになっています。

魔力の根源は太陽、日の出とともに闘級はズンズン上がっていき、正午になるとピークになる。逆に、日が沈むにつれエスカノールの闘級はスカスカになっていく。

そして、真夜中の闘級は王国騎士団の中でも最も最弱となる。もちろん、その中には残飯処理騎士団団長のホークも含まれますwww

ザ・ワンとはどんな状態?

ザ・ワンとはエスカノールの闘級がピークになる正午1分間の状態のこと。時間的制約があるものの、名実ともにブリタニア最強の男になれる1分間です。

ザ・ワン時のエスカノールは、自分でも制御できないほどの魔力があふれ出る状態になる。神斧リッタをもってしても、魔力を完全に吸収できずにいました。

アサルト状態のメリオダスとの戦いではザ・ワン時の闘級は11万越えていますが、実際は測定不能なほど魔力が溢れ出ているもよう。

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪23 鈴木央 講談社

ザ・ワン時のエスカノールは、傲慢すぎるゆえに危険な存在と思いがちだが、対エスタロッサでは王都の状況を考えてその場に留まっていた。

エスカノールの地面がドロドロに溶けているのは、彼から溢れ出る魔力「太陽」によるもの。あまりの熱さに地面が溶けてしまったのだ!

神斧リッタ

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪19 鈴木央 講談社

神斧リッタとは、エスカノールの愛用武器。

その特徴は、エスカノールから発する莫大な熱量を「補填(チャージ)&放射(ファイア)」すること。溜めこんだ熱量は敵に向けて放つ一撃必殺技になる。

対ドロール・グロキシニア戦では一撃で大ダメージをくらわせている。

正午になるにつれて闘級が上がっていくエスカノールにとって、リッタは魔力を暴走させないために必須。ただ、ザ・ワン時のエスカノールの魔力はリッタをしてもすべて吸収するのは不可。

そのため、基本的に正午時には人がいない場所へと移動。ちなみに、リッタの名前の由来はエスカノール曰く太陽の愛でられた乙女の名前なんだそうだ。

傲慢ゆえに・・・

正午になるにつれて闘級が上がるとともに、エスカノールの性格は傲慢になっていきます。まずは口調が変わってきます。

僕→私→我

と一人称が変わっていく。

もちろん口調ばかりではなく、態度も傲慢になっていく。すべてが自分中心、オレ様キャラとして誰の指示も耳を貸すことはない、ただ一人マーリンを除いて。

エスカノールとマーリンの関係性

エスカノールを語る上でマーリンの存在は欠かせない。エスカノールの一方的な恋愛感情ではあるものの、マーリンは彼の気持ちには当然気づいている。

そもそも、エスカノールがなぜマーリンを好きになったのか、そのきかっけになったエピソードは本編にて描かれています。

エスカノールの過去

幼少期のエスカノールは不遇の待遇でした。カステリオ王国の王子として生まれながらも、魔力「太陽」を持ったばかりに、怪物扱いされ自国から逃亡せざるおえなくなります。

味方するものは一人もなく、両親でさえも「あの子は呪われている」として殺害を命令。そんな彼に唯一味方し逃亡に協力したのがローザという女性。

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪21 鈴木央 講談社

マーリンとそっくりな女性、ローザ

エスカノールとローザの関係は不明ですが、唯一愛情を注いてくれた女性なのかもしれません。そして、エスカノールがマーリンを好きになったのもローザが関係している。

マーリンと初めて会ったとき、ローザとあまりにも似ていたことから気になりはじめます。ただ、このときは好きという感情には気づいていなかったようです。

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪21 鈴木央 講談社

マーリンを好きになったのは、エスカノールを「魅力的」と言ってくれたから。呪いの魔力「太陽」を持ったばかりに両親からも恐れられたエスカノール。

そんな彼がに、はじめて魅力的と言ってくれたのがマーリンでした。この言葉がきっかけで、エスカノールはマーリンに好意を寄せていきます。

ちなみに、エスカノール初登場時に登場していた酒屋は「My sweet Gluttony」。「Gluttony」とは英語で「暴食」、「愛しの暴食=愛しのマーリン」とマーリンが店名なっています。

エスカノールの圧倒的最強バトル!

エスカノールの戦いはこれまで何度も描かれています。そのいずれもが規格外の力により敵を倒していきました。そんなエスカノールの最強バトルを見ていきます!

vsガラン戦

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪19 鈴木央 講談社

石化したガラン

初戦にして圧倒的力量差で勝利したのがガラン戦。

このとき、復活した十戒がいずれも闘級数万レベルとなり、七つの大罪メンバーでも相手にならないほどパワーバランスが崩れていました。

そんなときに登場したのがエスカノール!ガランの「臨海突破」により、闘級5万超えを果たすもエスカノールには一切通用しない。

逆にエスカノールの圧倒的闘級にガランが震え上がることになり、最後は己が化したルールを破ったことで、真実の戒禁により石化してしまった。

vsエスタロッサ戦

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪23 鈴木央 講談社

無慈悲な太陽で吹っ飛ばされるエスタロッサ

エスタロッサ戦ではエスカノールの必殺技がはじめて披露されたバトル!エスタロッサの戒禁は「慈愛」。エスタロッサの前で憎悪を抱くものすべてが一切の攻撃ができないという呪いだ。

だが、一人だけ戒禁をもろともせずエスタロッサに向かっていった一人の男。エスカノールです。傲慢ゆえに戒禁すら無効化してしまったのだ。エスタロッサにとってある意味天敵。

エスタロッサの攻撃はエスタノールに傷はつけたものの、太陽が正午の位置に登ったことでザ・ワンが発動、圧倒的パワーによってエスタロッサを倒してしまう。

この戦いではザ・ワンのほかに、無慈悲な太陽(クルーエル・サン)や炸裂する傲慢(ブライド・フレア)を発動している。

vsメリオダス【殲滅モード】戦

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪29 鈴木央 講談社

アサルトモードに入ったメリオダスとの戦いでは、ギリギリではあるもエスカノールが勝利。このバトルでは、魔力の制御が効かなくなったメリオダスが相手、闘級は10万を軽く超える。

一方エスカノールも負けてはいなかた。闘級11万超えを果たすも、戦況はメリオダスがやや有利な状況。戦況が動いたのは正午直後の1分間。

ザ・ワン状態になったエスカノールが聖剣エスカノールという手とうを繰り出し辛くも勝利。ただ、その後意識を失い倒れてしまった。

vsゼルドリス戦

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪35 鈴木央 講談社

聖戦がはじまり、強襲部隊の一人としてゼルドリスとのバトルを繰り広げたエスカノール。このときのバトルでは、残念ながら勝敗はつかなかった。

止めをさすことはできなかったが、このときもエスカノールはザ・ワンを発動させたことで、一時は不利な戦況をくつがえすことに成功する。

ゼルドリスの奥の手「凶星雲(オミノス・ネビュラ)」を打ち破ったのがゼルドリス。このとき使用した技が聖剣エスカノール。

単なる手刀ではあるものの、その威力は聖斧リッカ以上の攻撃力を誇る。さらに、聖槍エスカノールによってゼルドリスを大ダメージを与えた。

ちなみに聖槍エスカノールはものすごい早い指突きだった。

エスカノールの弱点と闘級推測

エスカノールの弱点

ここまでエスカノールのバトルを見てきました。最強がゆえに決着がつかないバトルはあったものの、エスカノールが敗北したバトルは一つとしてない。

ただ、エスカノールの弱点をつかれたバトルもありました。

それが聖戦でのゼルドリス戦。このときゼルドリスに止めをさせなかったのは、エスカノールの弱点をチャンドラーが見抜いたためといっていい。

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪35 鈴木央 講談社

夜を操れる上級魔神族のチャンドラーはキャメロット城周辺を強制的に夜にすることで、エスカノールの太陽の力を無効化させてしまう。

エスカノールの魔力「太陽」は確かに強大ではあるものの、時間制限付きの能力。敵にうまく付け込まれてしまった。この時は神斧リッタにため込んでいた太陽をチャージしてもとに戻っていた。

また、疑似的な太陽を作ることで、真夜中でも力を使用することは可能です。大喧嘩祭りではマーリンを疑似太陽に力を出現。闘級は2万を越えていた。

エスカノールの闘級は?

ちなみに、エスカノールの闘級はどのくらいだと推定できのだろうか。一番分かりやすいのがアサルト状態のメリオダスとのバトル。

このとき、メリオダスの闘級は14万2000まであがっており、エスカノールはほぼ相打ちという状態で辛くも勝利していた。

ということは、闘級は14万以上、当ブログでは15万前後と予想。もちろんこのときのエスカノールはザ・ワン状態になっているとき。

エスカノール死亡説浮上!?

四大女神マエルと恩寵「太陽」

今まで「七つの大罪」の最大とも言っていいエスカノールの太陽の謎。人間族でありながらも、なぜに闘級10万以上もの力を手に入れることができたのか。

実は、この太陽の正体とは、女神族の四大天使に与えられる恩寵の能力でした。恩寵とは最高神(エリザベスの母親)によった与えられた能力。

そもそも「太陽」はマエルが所有していたんですが、十戒ゴウセルによって闇落ちしてしまったことで恩寵「太陽」を手放してしまいます。

そして月日が流れ、恩寵がなんの因果かエスカノールが受け継ぐことになったわけです。長い年月をかけてエスカノールを選び能力を与えたという流れ。

七つの大罪 マエルとエスタロッサの秘密
【七つの大罪】衝撃事実!マエルとエスタロッサの正体

七つの大罪の中でも、伏線を張り巡らせていたキャラといえばエスダロッサですよね。エリザベスの夢の中に登場してきた14巻、会うのははじめて ...

人間族には負担が重すぎる力!?

恩寵はそもそも女神族に与えるために最高神が生み出した力。エスカノールが恩寵に選ばれたとはいえ、彼は女神族ではなく人間族、身体の負担は相当なものでした。

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪31 鈴木央 講談社

聖戦前に吐血する場面も。てっきりメリオダスとの戦いでキズが癒えていないと思っていたんですが、実際は恩寵を使い続けたことで身体が悲鳴を上げていたようです。

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪36 鈴木央 講談社

マエルに恩寵「太陽」を貸すときにエスカノールは、「僕には太陽に耐える体力がない」と言っており、さらに寿命も長くないと衝撃の事実を発言しています。

人間族のエスカノールにとって、恩寵を扱うことがいかに大変だったのか、身体への限界はもうとっくに来ていたんですね。

エスカノールは恩寵を使いこなせなかった説

恩寵「太陽」を借りたときにマエルの戦いは、エスカノール以上に見えます。本来あるべき持ち主に戻ったとことで、太陽を最大限に使いこなしていたのではないか。

技の違い

たとえば、原初の魔神との戦いで見せた偉大なる太陽(グレイテスト・サン)。この技はエスカノールは一度も発動させていません。

ただ、エスカノールは似たような技は繰り出しています。それが、十戒エスタロッサ戦で見せていた無慈悲な太陽(クルーエル・サン)です。

エスタロッサを海の吹き飛ばし威力は十分ありました。とはいえ、このときの太陽の大きさは、せいぜいエスタロッサの2~3倍程度でした。

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪36 鈴木央 講談社

偉大なる太陽

ところが、対原初の魔神で見せたマエルの技は何十倍ものデカさの太陽だった。無慈悲な太陽の上位版が偉大なる太陽とも言えそうです。

こうした技を見る限り恩寵を使いこなしているのは明らかにマエルのほう。女神族と人間族の差が出てしまったようにも思います。

エスカノールは、アサルトモードのメリオダス戦のときに繰り出していたのも無慈悲な太陽だったことを考えると、エスカノールには出せない技なのかもしれない。

マエルvsゼルドリス

ゼルドリス戦でもマエルの太陽の使い方がエスカノール以上の力を発揮しています。ゼルドリスが凶星雲(オミノス・ネピュラ)を繰り出してマエルと交戦。

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪31 鈴木央 講談社

このときマエルは、太陽の力を体全身に張り巡らせます。超高温の太陽の鎧を全身にまとっている感じでしょうか。そのため、マエルの体に触れたゼルドリスの剣がドロドロに溶けてしまいます。

技名は不明ですが、実はエスカノールも以前に似たような技をリュドシエルの前で披露しています。その場面は、聖戦がはじまる前のこと。

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪31 鈴木央 講談社

リュドシエルが、エスカノールに恩寵「太陽」が授かっていることに気づき手合わせをしたときのこと。このときエスカノールは指に太陽をまとわせているようなコマが描かれています。

これ以外の戦いの中で、エスカノールが自身の体に太陽を纏わせている描写はありません。神斧リッタで熱を吸収したり、ザ・ワン時は自分でも魔力をコントロールできない。

マエルの戦い方から、もしかしたらエスカノールは完全に太陽を自分のものできていなかった、つまり制御できていなかったのではとも言えそうです。

マエルはエスカノールの上位版?

七つの大罪 エスカノール最強考察
出典:七つの大罪36 鈴木央 講談社

エスカノールとマエルの戦い方を比較してきましたが、やはりマエルのほうが恩寵「太陽」を使いこなしているように思えます。つまりマエルはエスカノールの上位版とも言えそうです。

種族の違い

恩寵はもともと最高神が生み出した能力。人間族よりも女神族の方が適応しやすいのは納得できます。そして、この世界では女神族と魔神族が上位種です。

それは魔力量や身体のつくりからしても言えます。人間族のトップである聖騎士は、上位魔神族に手も足も出ない状態。

魔神族に唯一対抗できるのが女神族。

聖戦のきっかけも女神族と魔神族のパワーバランスが崩れたことがはじまりでした。そして、この戦いに多種族が巻き込まれたわけですよね。

女神族マエルの闘級

なら、マエルの闘級はどのくらいなのでしょうか。原初の魔神を瞬殺で倒したことを考えると闘級は相当なものなのは確かです。

原初の魔神は最上位魔神のキューザックとチャンドラーが合体した存在です。そのため個々の闘級以上の力はあるはずです。

最上位魔神の闘級

  • チャンドラー:闘級17万3000
  • キューザック:闘級16万8000

単体でも闘級15万以上、しかも、この状態は魔神王に魔力を封印されていた状態での数値。原初の魔神になることで封印が解放され闘級は爆上げ。

闘級20万は軽く超えてくるはずです。

この圧倒的な闘級を持つ原初の魔神をあんなにもあっさりと倒してしまったマエル、ここから当ブログでは闘級25万以上はあるのではと思っています。

この数値はあくまで最低ライン。

なんたってマエルは女神族最高の戦士というのはリュドシエルが言っていたことです。四大天使リュドシエルの闘級が20万だったことから、マエルはそれ以上なのは確実。

エスカノールの技には正午1分間のみ使用できる天上天下唯我独尊(ザ・ワン)がありますが、マエルにもこの技は使えるはずです。

アサルト状態のメリオダスとの戦いではザ・ワン時の闘級が判明してますが、このときの闘級は11万越えです。正午以前と比べ約2倍ほどのの上昇がありました。

となると、単純にマエルのザ・ワン時の闘級は40~50万レベルのものになるのでしょうか。ただ、エスカノールよりも恩寵を使いこなしているので、闘級はさらに上がる可能性あり。

エスカノール最強伝説まとめ

ここまでエスカノールの活躍を見てきましたが、インパクトのある初登場、さらには、夜と昼とで全くの別人になる能力、魅力的なキャラであるのは確か。

ですが、太陽の正体が恩寵であることが判明し、マエルに貸した状態にはなっているものの、恩寵はエスカノールには戻ってこない可能性もありえます。

ただ、マエルは闇に落ちた自分に恩寵を授かる資格はないとも言っています。そのため恩寵を受け継ぐ意志はないとも言えます。

とはいえ、エスカノールは恩寵を授かるほどの体力がないのも事実。最終的に誰が持ち主になるのか、そしてエスカノールの活躍はまだ見られるのでしょうか?



主要キャラ考察一覧
七つの大罪アイコン 七つの大罪アイコン 七つの大罪アイコン
メリオダス バン エスカノール
七つの大罪アイコン 七つの大罪アイコン 七つの大罪アイコン
マーリン エリザベス ゼルドリス
最強ランキング!
七つの大罪最強ランキング
【七つの大罪】最新版!最強キャラランキングベスト11!

十戒編に突入してからキャラの強さが「闘級」で表示されるようになったことで、各キャラの強さ比較もできるようになりました。 ただ、聖戦編に ...

七つの大罪最新巻

無料読み放題漫画サービス

七つの大罪を無料で読む方法をご存知ですか?無料でマンガが読める方法(しかも最新巻)を知りたい方限定!

チェック
無料読み放題漫画サービス
漫画村の代わりになるサービスこっそり紹介【極秘情報】

少し前に話題になった「漫画村」、無料で最新刊はもちろん連載漫画も読めてしまう恐ろしいサイトでしたが現在は完全閉鎖。 アナさん運営者も逮 ...

Copyright© アナブレ , 2019 All Rights Reserved.