【七つの大罪】衝撃事実!マエルとエスタロッサの正体

七つの大罪の中でも、伏線を張り巡らせていたキャラといえばエスダロッサですよね。エリザベスの夢の中に登場してきた14巻、会うのははじめてと、エリザベスに言われた30巻。

そして、十戒の中でも、あれだけ強キャラ感を出していたにもかからず、エスカノールにあっさりと敗北して、その後は戦線離脱、なにやってんだよコイツ!

と思ったもんですが、今回ようやっとエスタロッサの秘密が明らかになりました!もちろん、弱い理由ではなく、エスタロッサの真の姿が判明!

【関連記事】

【七つの大罪考察】エスタロッサに関する六つの謎・疑問

2018.03.07

【七つの大罪】エスタロッサの精神崩壊と戒禁の関係

2018.07.25

エスタロッサの違和感

今まで描かれてきたエスタロッサの生い立ちとは、闇の力を持たずして生まれてきた可哀想な子。幼少期は虫さえも殺せない心優しい男の子。

エリザベスに恋心を抱くも、当の本人はメリオダスと相思相愛。木の陰からコッソリ、彼女の笑顔を盗み見ることしかできなかったシャイボーイ。

七つの大罪 マエルとエスタロッサの秘密
出典:七つの大罪32 鈴木央 講談社

その後は魔神王より「慈愛」の戒言を授かり、闘級6万以上の、十戒の中でも上位の魔神族へと成長していく。だが、戒禁を取りこんだことで、精神が不安定になるという弊害も生んでいた。

これが、エスタロッサの生い立ちでした。

と・こ・ろ・が!!

これらすべての設定はウソっぱちという展開に!これには、たまげた。エスタロッサの「ニセ」の記憶を植え付けたのは、三千年前の聖戦時に意味深なセリフを残していた<十戒>ゴウセル。

どうやら、<十戒>ゴウセルによって、エスタロッサのニセの記憶を本人だけではなく、魔神族、女神族らの記憶をも改ざんさせていたことが判明!

それにしてもすごい技。魔神王や最高神の記憶までも改ざんさせちゃったわけだからね。<十戒>ゴウセル、只者ではないな!

スポンサーリンク

<十戒>ゴウセルの禁呪

単行本33巻で明らかになったのは、<十戒>ゴウセルが自分の命と引き換えに、禁呪を発動させたことでした。これにより聖戦を終結させた。

女神族が聖戦終結のために、常闇に棺を使って魔神族を封印したことろを見ると、<十戒>ゴウセルの思い描いた通りのシナリオになったと言えます。

なら、<十戒>ゴウセルは何をしたのか?

<十戒>ゴウセルは四大天使マエルを十戒エスタロッサに仕立て上げたこと!

そもそも、聖戦のきかっけは、メリオダスが魔神族を裏切り女神族(エリサベスに加勢)に寝返ったことによるパワーバランスの崩れが原因。

そこで、パワーバランスを均衡状態に戻すために、<十戒>ゴウセルは、女神族の最強の男である四大天使マエルの記憶を改ざんし、魔神族のエスタロッタに仕立て上げた。

<十戒>ゴウセルが禁呪を使った目的とは魔神族と女神族のパワーバランスを均衡にすることで、聖戦を終わらせようとした、そのために、四大天使のマエルが犠牲になったわけだ。

禁呪とは超強力「催眠術」!

ん~、文字だけだと、ちょっとややっこしいかもしれないけど。

十戒エスタロッサは本来はいないキャラ、メリオダスの弟でもなければ、魔神王の息子でもない、<十戒>ゴウセルによって記憶を改ざん、つまり、超強力な催眠術によって、マエルをエスタロッサだと思いこまされていた。

超強力催眠術は魔神族だけでなく、味方の女神族、もちろん、マエル自身さえも自分はエスタロッサだと思いこんだ。<十戒>ゴウセルの命と引き換えの禁呪だけあって、もの凄い技だよね。

七つの大罪 マエルとエスタロッサの秘密
出典:七つの大罪23 鈴木央 講談社
マエル倒したのになんでボロ負けしてるの!!?

エスタロッサが女神族最強のマエルを殺したってのも、<十戒>ゴウセルによって植え付けられてウソの記憶だったわけか。そういや~、エスカノールにボロボロに負けてたけど納得w

ちなみに、<十戒>ゴウセルは禁呪発動時、自分の命と引き換えにしてもまだ魔力足りなかったため、<人形>ゴウセルの力も借りていた。

七つの大罪 マエルとエスタロッサの秘密
出典:七つの大罪26 鈴木央 講談社

聖戦が終結したあと、<人形>ゴウセルは、リオネス城の地下で目を覚める。ここでナージャと出会ったわけだけど、なぜ<人形>ゴウセルが何千年地下で眠っていた疑問だった。

けど、エスタロッサの正体を知った今では、<十戒>ゴウセルの禁呪発動に魔力を貸したことで、動きが停止してしまったわけか。

その後、<人形>ゴウセルは三千年間ずーっと機能を停止していたので、相当な魔力を消耗したのだろう。

四大天使マエル!

三千年の時を経てマエルにかかっていた禁呪は解けてしまう。改ざんさせていた記憶は、本来あるべき記憶を呼び起こし、マエルの真の姿が明らかになった!

さて、ここからが問題。

自分の運命を滅茶苦茶にした<人形>ゴウセルに強い憎悪を抱くけど、<人形>ゴウセルはマエルの怒りを受け止めるようだ。反撃はせず、壊されることを願っているみたい。

とはいえ、マエルは魔神族の戒禁を複数取り込んでいるわけで、一応勝機は保っているみたいだけど、どうみても一時的だよね。今後暴走する可能性だって否定できないわけで、どう決着するのか気になるところ!

エスタロッサは犬の名前

七つの大罪 マエルとエスタロッサの秘密
出典:七つの大罪33 鈴木央 講談社

1つ気になるのは、エスタロッサ問名前。<十戒>ゴウセルによってマエルをエスタロッサという架空の魔神族にさせたわけでしょう。ということは、エスタロッサという名前も<十戒>ゴウセルが付けていていたってことなのかな?

けど、エスタロッサの名前の由来はエリザベスがたまたまケガをしていた犬の名前で、メリオダスが付けたものでしょ。<十戒>ゴウセルは、どうやって犬の名前を知ったのだろうか?

禁呪は記憶を改ざんさせる技だから、マエルの記憶にあった「エスタロッサ」という名前を拝借して付けたってことなのかな?ここらへんがよく分からない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です