七つの大罪

【七つの大罪】バンの真の強さ議論!技や神器の正体も考察!

2019年8月25日

七つの大罪メンバーの中でも、とりわけ急成長を遂げたのがバン。メンバ内での強さ議論をするなら、かつてはエスカノール、メリオダス、この二強。

ところが、聖戦編以降を見ていくと、バンの煉獄修行によってメンバー内のパワーバランスが完全に揺らぐことになります。

キングの妖精王覚醒も気になるところだけど、やはりバンの強さは頭一つ抜きん出てる。そこで、バンの強さについて徹底考察してみたいッ!

バン急成長の歩みまとめ

七つの大罪 バン強さ考察

煉獄ライフ

メリオダスの魂が捕えられているという煉獄は、人間では到底生きていけない場所。現世の一分が煉獄では一年の時の流れとなり、灼熱と極寒とが入り混じる大気に猛毒の大地。

かつて煉獄へと足を踏み入れた人物がいたが、煉獄から戻ってきたときには廃人と成り果て、意思疎通すらままならないほどの状態だったという。

その人物というのがマーリンの父親でした。

このときの煉獄調査は現世の時間ではわずか一分ほど、だが、煉獄の時間で換算すると一年分に相当する長さ、マーリンの父親は一年もの間、煉獄を彷徨っていた計算になる。

環境以外にも、亡者や化物たちが獲物を求めて襲ってくることを考えると、まさに「地獄」と形容してもいいほどの場所なのは間違いない。

アナさん
この状況下で、メリオダスの魂を探し続けたバン

メリオダスの精神を探すイベントによって、確実に、そして劇的に、バンの闘級が上がっていったのは必須と言えます。

バンが煉獄にいた時間

単行本33巻ではバンが煉獄に来てから、どのくらいの年月を煉獄で過ごしていたのかが明らかになります。それによれば、千年以上の年月を煉獄で過ごしていたようです。

七つの大罪 バン考察
出典:七つの大罪33 鈴木央 講談社

バンを人間で括っていいのか?

これって、バンは千年以上にわたり煉獄で修行していたようなもの。つまりは、ドラ○ンボールの「精神と時の部屋」です。セル編で登場した時間がものすごーく遅くなる空間w

アナさん
精神と時の部屋では一日が現実の一年に相当(あ、察し

ドラ○ンボールでは修行目的で利用してたけど、七つの大罪でもバンに用意した修行設定と推測、というか、この後の魔神王とのバトル展開を考えれば確定でしょうw

メリオダス爆笑の意味

とはいえ、煉獄ではバンの著しい成長については実は言葉を濁してます。パワーアップ巻を全面には出していませんでした。

そのことが分かるのが、メリオダスのバンの強さ評価。メリオダスに「十戒と互角にやり合える程度にはパワーアップしてくれると助かる」と話していたけど、このときにメリオダスのリアクションは、

七つの大罪 バン考察
出典:七つの大罪33 鈴木央 講談社

ぷはっ!!

とバンのセリフを聞いて思わず爆笑。

ただ、これはどのくらいパワーアップしたのか分かっていないバンに対する笑いです。メリオダスはバカにしたわけではなかったけど、バンは誤解して怒っている。

こんな風に、バンの実力は曖昧のまま描かれていました。とはいえ、バンの強さが爆上げしたのは確定。そのため、多くの読者が今後の活躍に胸をワクワクさせていた。

vs魔神王

七つの大罪 バン強さ考察

煉獄の修行をへてバンの真の実力が明らかになったのが、メリオダスの体を乗っ取り現世に復活した魔神王とのタイマンバトルの時でした。

魔神王復活時、妖精王に覚醒したキング、闘級20万を超えるリュドシエル、さらには女神族最強と謳われたマエル(恩寵アリ)をもってしても魔神王には歯が立たなかった。

もちろん、これまで聖戦によってそれぞれ力を使い果たしている状況ではあったものの、それでも魔神王にキズ一つつけることはできなかった。

七つの大罪 バン強さ考察出典:七つの大罪35 鈴木央 講談社

そんなときにやってきたのがバン。

ただ、バンは現世に戻ってきたとき、エレインを生き返らせるために不死身の肉体を捨てています。煉獄で会得した新技「贈与(ギフト)」によってエレンを復活させます。

このとき、生命の泉のエネルギーをすべて使い果たしたことで、バンは不死身の能力を失います。そして、この状態で魔神王と戦うことに。

聖戦開始後、現世におけるバン初戦の相手が、魔人族を束ねる魔神王との戦い、かなり胸アツ展開でしたが、ここで繰り広げられたのが予想以上の強さ!

七つの大罪最強ランキング
出典:七つの大罪36 鈴木央 講談社

バンの通常攻撃が魔神王に確実にダメージを与えていたこと。不死の力を失っても、今のバンには煉獄での修行でそれ以上の力を身につけていました。

もちろん、精神世界で魔神王とメリオダスが戦っていたため、バンの力だけで戦っていたとはいえないものの、タイマンを張れるレベルだったのは確か。

バンの闘級はどのくらいか問題

ここで気になってくるのがバンの闘級。作中において、正確な闘級は明かされていないものの、だいたいの数値を考察してみたいと思う。

まず、闘級が判明しているリュドシエルよりは確実に上でしょう。リュドシエルは原初の魔神にさえも悪戦苦闘していたことから、バンの闘級は20万以上は確定。

アナさん
原作にてリュドシエルの闘級は20万1000と判明

なら、バンの何が飛躍的に上昇したのか。闘級の構成要素は魔力・武力・気力の三つ。ここで注目したいのが武力と気力の二つ。

煉獄の過酷な環境によって肉体が変化したバン、さらに、煉獄は意識を保てなけばすぐさま化物になってしまうという場所。

七つの大罪 バン強さ考察
出典:七つの大罪33 鈴木央 講談社

煉獄という環境から考えても、バンは武力、そして気力の二つが爆上げされたのではないかと推測できる。問題は闘級の具体的数値。

30万とも40万とも推測はできるものの、具体的な根拠なし。そのため、現状では20万以上ではあるものの、上限は不明といったところか。

バン・不死身の力考察

七つの大罪 バン強さ考察

煉獄修行により超絶パワーアップしたバンですが、聖戦以前の不死身時代のバンについても見ていきたい。そもそも、バンは文字通り不死身だったのか。

意外と?勘違いしているかもしれませんが、バンは不死身ではない。戦い方によってはバンであっても戦闘不能にさせることはできます。

天敵・十戒エラスキュラ戦

バンの天敵だったのが十戒メラスキュラ。この戦いでは、最強能力と思えた不死身の力をもつバンに対してどうやって倒していくのかの好例でした。

そもそも、バンの不死身の力は「肉体」にのみ適用される能力。メラスキュラのように魂(精神)に攻撃する敵の場合、不死身は意味をなさない。

七つの大罪 バン強さ考察
出典:七つの大罪19 鈴木央 講談社

つまり、攻撃方法によってはバンを倒す方法はあるのだ。かつて聖騎士ギーラがバンと戦った時、「不死身と無敵は全くの別物」といってたけど、メラスキュラ戦がまさにそれ。

バンの肉体ではなく、魂に攻撃すれば、いくら不死身の肉体を持ってしても、メラスキュラの魔力なら容易に倒すことが可能なのだ。

実際、メラスキュラ戦においてかなり窮地に立たされていた。魂を抜かれてしまったバンは一時もぬけの殻となり、戦意喪失状態になった。

バンの傷と魔神族

バンの不死身の力について、もう一つ押さえておきたことがあります。それは、魔神族との関係。バンは切り刻まれても、潰されてもすぐに元に戻ることができます。

ただ、魔神族からの攻撃は別です。たとえば、バンは首筋から顎にかけて傷跡がありますが、これはメリオダスに付けられた傷跡。

メリオダスの正体は魔神族、そのため、バンのあの傷跡は魔神化したメリオダスによって受けた傷と言えます。また、ジェリコとの対戦においても同様にことが起こっています。

七つの大罪 バン強さ考察
出典:七つの大罪6 鈴木央 講談社

ジェリコの剣技でバンの体を切り裂いたとき、傷口が塞がらないという現象が起こっていましたが、これもジェリコが魔神の血を飲んでいたからでした。

バンの不死身の体は魔神族からの攻撃に対して治りや遅いという特徴があり、メリオダスのように攻撃の威力によっては、傷跡が残ることもあることが分かります。

不死身の体とエレインとの出会い

当然、バンの不死身の力は先天的はものではありません。盗賊だったバンが精霊の森にあるという永遠の命が手に入る「命の泉」に目を付けたのがそもそものはじまりです。

そして、バンが不死身になるキッカケとは、そのままエレインとの出会いを意味します。バンとエレインの出会いは精霊の森でのこと。

七つの大罪 バン強さ考察
出典:七つの大罪4 鈴木央 講談社

二人の出会いは命の泉を盗む賊とそれを阻止する妖精という、お互い敵同士だったのだが、次第にエレインの心が揺らいでいく。

しかし、ある日妖精の森に突如として魔人の襲来により、妖精の森は消失。さらに、エレインも魔人の手により命を落としてしてしまいます。

エレインの死に際、妖精の森の未来をバンに託すために、生命の泉を口移しでバンに与えたことで、バンが不死身の体へとなった。

七つの大罪 バン強さ考察
出典:七つの大罪4 鈴木央 講談社

ここから、バンはエレインを助けるために生きることを誓います。七つの大罪の一員としてメリオダスと共に行動はしています。

しかし、作中では裏切りや仲たがいする場面が描かれますが、その根幹にあるのはエレインを生き返らせたいという思いが最優先にあるからこその行動でした。

ただ、バンのこの想いはメリオダスも同じです。メリオダスもエリザベスの呪いを解くことを最優先して、魔神王にまでなったわけだからね。

七つの大罪メンバーの中でも「親友」と呼びあえる特別な関係性、そして、やたら馬が合うのも納得です。ちなみに、この事件がきっかけでバンは強欲の罪を背負います。

アナさん
バンの罪は、本来であればえん罪

魔神の炎によって妖精の森が消失してしまったわけだから、バンが罪を背負わなくてもいい。けど、バンは愛する女を守れなかったことから、自ら<強欲>の罪をかぶった。

バンの神器ついに登場!

今まではバンの闘級や不死身の力について話してきましたが、バンにはこのほか愛用の武器や技もあります。とくにバンの神器についてはいままでずーっと既出なし。

ただ、どんな神器なのかについてはすでに明らかになっており、「聖棍(せいこん)クレシュート」と呼ばれる四節棍。

普段バンが愛用している武器は三節棍で、これは神器ではない。なら、現在バンの神器はどこにあるのかといえば不明。

神器について話題に上ったのは、バンがバステ投獄に入れられた際、聖騎士に奪われて以来どこかへ行ってしまったという。

未だにその在処は不明で、そこから聖戦がはじまるまで、ずーっと消息は不明という状態にあったのだが、魔神王との戦いにてようやく登場!

神器はマーリンが所有

第315話で登場したバンの神器・聖棍クレシュート、その出どころはやはりマーリンが所持していました。マーリンはメリオダスが売り払ったという神器ロストヴェインもマーリンが回収していた。

バンの神器をどうやって見つけたかは明かされていないものの、マーリンの神器に関係しているのは間違いないさそう。

というのも、マーリンの神器・明星アルダンの能力の一つに、ブリタニア中の様子をうかがうことができるんです。そのため神器を探すのもそれほど苦ではない。

パワーアップしたバンがさらに神器も取得、つまり最強!神器を解放することにより、超長距離の攻撃が可能。変則的攻撃により複数の敵を瞬殺することも可能にしていた。

バンの技

さらに、今まで登場していたバンの技の数々についても見ていきたい。魔力は強奪(スナッチ)。盗賊らしく、奪うことを得意とします。

身体狩り(フィジカルハント)

相手の身体能力を強制的に奪い取り、さらにその能力を自分に上乗せすることができる技。バイゼル喧嘩祭りで披露していた技。

メリオダスが身体能力をすべて奪い取らせてしまったことで、体を動かすこともできなかった。使用後は技の反動で身体がダルくなる。

獲物狩り(フォックスハント)

最初は三節棍や鞭を使い長距離の相手を攻撃したり盗み取る、あるいは手を使うにしても近距離での使用だったが、煉獄から技が研ぎ澄まされてく。

七つの大罪 バン強さ考察
出典:七つの大罪 鈴木央 講談社

遠くにいる獲物(ターゲット)に向けて掴むような仕草をするだけで、攻撃を与えられるようになり、さらに複数の獲物に攻撃を与える乱獲(クレイジーハント)という技も披露。

恐らく乱獲は獲物狩りの応用技ではないかと推測。いずれも、長距離から手をかざすような仕草により敵を倒していた。

狩りの祭典(ハンターフェス)

半径数十ヤード内のすべての生物から強制的に武力を中心に身体能力を強奪する技。身体狩りの上位版の大技。

七つの大罪 バン強さ考察
出典:七つの大罪 鈴木央 講談社

ただし、強奪できる武力には上限がある。ガラン戦で披露していたとき、ガラン曰く「半分の力も出せない」と言っていた。

アナさん
ガランの闘級(魔力:1000 武力:24000 気力:2000)

そのため、このときバンが奪取したのがガランの武力の半分、つまりは1万2千程度を奪ったことになり、おそらくここらへんがバンが奪える上限値のようだ。

エスタロッサ戦にて狩りの祭典を発動させていたが、奪取可能な上限値が1万程度であれば、たとえ奪えてもエスタロッサの闘級には遠く及ばない計算になる。

ただし、ハンターフェスの上限値は煉獄以前の考察になるため、現在の上限値はこの比ではないのは確か。

バンに関する気になること

テーマ別に考察するほどでもないけど、ちょっと気になるバンに関する疑問を最後にまとめてみました。主要人物の一人であるだけど、気になる細かいことってけっこうあるんですよね。

ホークを「師匠」と呼んだきっかけ

七つの大罪 バン強さ考察
出典:七つの大罪 鈴木央 講談社

バンはホークに対していつのころから師匠と呼ぶようになったけど、そのきっかけはどのタイミングだったのか。

これについては作中にては書かれていません。ただ、バンがはじめてホークを師匠と発言したのが、バイゼル喧嘩祭りでのこと。

ほんで、その前のバンとホークとの会話を遡ってみると、初対面のときにしゃべるブタとしてバンが驚いていており、恐らくこのとき師匠と言おうと思ったのかなと妄想w

バンの実年齢は何歳?

バンの実年齢は何歳なのかも気になるところ。不死身の力を手に入れてから見た目はほぼ変わらなくなったバンですが、年齢は毎年刻んでるはずです。

プロフィール
身長 210cm
体重 70kg
誕生日 2月14日
年齢 43歳(肉体は23歳)
出身地 レイブンズ
魔力 強奪(スナッチ)
闘級 不明

これについては答えが出てます。公式ガイドブックにおいて、不老不死になった時期、そして実年齢についても公開されてます!

バンの実年齢は43歳、そして、肉体は23歳。23歳のときに命の泉を飲み不死身の体を手に入れています。

とはいえ実年齢は43歳。現在は不死身の力はなくなったので、年相応に年齢を重ねていくことになります。

トレードマークの「狐」

バンが背負っている罪は強欲の罪、その象徴として左のわき腹に「狐」のマークが刻まれています。元ネタはキリスト教の「七つの大罪」。

強欲の罪のトレードマークに描かれている狐も、強欲を象徴する動物として存在します。バンのキャラ設定が盗賊であること、さらに、魔力も奪取する、盗み取るといった能力のためピッタリ。

また、狐は「化かす」「裏切る」といった意味合いがありますが、作中ではメリオダスを裏切る場面(エレインのためとはいえ)があったりと、狐と関連したキャラ設定になっています。

さらに、バンの幼少時代も作中では描かれていますが、孤児だったバンが今まで生きながらえてこれたのは、獣人であるジバコのおかげでした。

七つの大罪 バン強さ考察
出典:七つの大罪 鈴木央 講談社

狐男

ジバゴの容姿が狐なのも見逃せない。このときバンはメリオダスと喧嘩別れをしていたのだが、ジバゴの言葉によって仲直りをすることを決意する。

ちなみに、公式ガイドブックでは、バンの好きな動物として豚と狐を挙げています。そういえばバンも細目、キツイ目、狐顔ですねwww

バンとジェリコとの関係性

七つの大罪 バン強さ考察
出典:七つの大罪 鈴木央 講談社

バンの愛すべき女性はこの世にただの一人、エレインです。ですが、そんなエレインの座を狙っていたのがジェリコw

バンのことが好きで、間接的ではあるものの告白する場面もあったりするものの、バンはジェリコに振り込むことは(当然)なかった。

ただ、そんなまとわりつくジェリコに対して、鬱陶しさはそれほど見せていない。ただ、エールのお代はすべてジェリコが支払っていたwww

バンからしてみれば子分のようなちょっかいが出しやすい可愛い存在のようにも思えます。一方ジェリコは、恋人に100%馴れないのは分かりつつ、今だバンへの思いは捨てきれていないようですw

バンの強さまとめ感想

ここまでバンについて紹介してきましたが、バンが生きる意味はエレインを生き返らせることにありました。そして、その目的を果たせた今、バンの人生は絶頂期。

そして、エレインがいたからこそ煉獄で化物にならずに生き残ることができ超絶パワーアップを成しとげた、ジェリコには可哀相ですが、エレインの愛がバンのすべてなのが分かります。

一方で、メリオダスとの別れも気になるところです。バンはメリオダスが魔界へ行くことに対しては納得している様子でした。

その理由として、バンの無茶をメリオダスが見守ってくれていたように、バンもメリオダスがしたいことを見守るようです。

やっぱり二人は似た者同士。ちなみに、メリオダスとの関係についてはメリオダスの正体!にて詳しく書いているのでこちらの記事もどうぞ!



主要キャラ考察一覧
七つの大罪アイコン 七つの大罪アイコン 七つの大罪アイコン
メリオダス バン エスカノール
七つの大罪アイコン 七つの大罪アイコン 七つの大罪アイコン
マーリン エリザベス ゼルドリス
最強ランキング!
七つの大罪最強ランキング
【七つの大罪】最新版!最強キャラランキングベスト11!

十戒編に突入してからキャラの強さが「闘級」で表示されるようになったことで、各キャラの強さ比較もできるようになりました。 ただ、聖戦編に ...

無料マンガ情報

無料読み放題漫画サービス

漫画やラノベを無料で読む方法をご存知ですか?無料でマンガ・ラノベが読める方法(しかも最新巻)を知りたい方限定!

チェック
無料読み放題漫画サービス
漫画村の代わりになるサービスこっそり紹介【極秘情報】

少し前に話題になった「漫画村」、無料で最新刊はもちろん連載漫画も読めてしまう恐ろしいサイトでしたが現在は完全閉鎖。 アナさん運営者も逮 ...



Copyright© アナブレ , 2019 All Rights Reserved.